ラジオ

中島みゆきは自分の曲を聴くことがあるのか?|MBSラジオ「ナニワ音楽ショウ」2007年8月6日放送分

たこ焼き

2007年8月6日にMBSラジオで放送された「ナニワ音楽ショウ」に中島みゆきが出演しているので、その模様をまとめてみた。

司会は歌手の大西ユカリと落語家の笑福亭鉄瓶

新曲『一期一会』について

みゆき「お邪魔しまっす~」

笑福亭鉄瓶とは初めましての中島みゆきだが、大西ユカリとはずいぶんと久しぶりのようだ。

中島みゆきの家には大西ユカリのCDが棚に置いてあり、他を圧倒するほどの存在感を放っているんだとか。

中島みゆきがなぜこの番組へ出演することになったのか?

ユカリ「なんで来はったかだいたい分かるでしょ?
新しい曲ですよ」

大西ユカリは見た目もパンクだが言うことも直球。

に対して中島みゆきも、

みゆき「そうでもなきゃ私は働きませんって」

負けていない。

そんな中島みゆきが引っ提げてきたその新曲というのが2007年7月11日にシングルリリースされたばかりの『一期一会』

『一期一会』(レコチョク試聴あり)

TBS系の紀行番組「世界ウルルン滞在記”ルネサンス”」の主題歌として中島みゆきが提供した曲だ。

またエンディング曲『昔から雨が降ってくる』も中島みゆきが提供していて、こちらはB面曲になっている。

『昔から雨が降ってくる』(レコチョク試聴あり)

みゆき「どっちかでどうぞって感じで2つのタイプでお渡ししたんですけど、両方になったんですね。
騒々しい方と静かな方と両方お渡ししたんですけど、両方あるなら両方ってことで(笑)」

中島みゆきとタコ焼き

ユカリ「ところでたこ焼き好きですか?」

みゆき「好きですよ。
粉もの大好きです」

どうやら大西ユカリから中島みゆきへプレゼントがあるらしいのだが、この脈絡考えたら「タコ焼き」なのだろうが、渡したのは「タコ焼きキット」。

これには中島みゆきもビックリ。

みゆき「大阪の場合は焼いてくれるんじゃないの?」

キットの内容を見てみると、粉、ソース、しょうが、箸、鉄板etc.

自作のお好み焼きを楽しめるというワケだが、

みゆき「マネージャー焼いてね~!」

はなから自分で焼く気はないようだ。

大阪の家庭にこういうタコ焼き器が置いてあるということは噂には聞いていたが、今回、それを初めて目の当たりにした中島みゆきだった。

中島みゆきにとってたこ焼きは屋台で買うもの。

普段は、ソースのかかったものをパックごと家に持ち帰って、ふやけたものを食べているそうなのだが、これは大阪人からすればタブーらしい。

屋台のたこ焼きを持ち帰る場合は、ソースかけずに持ち帰って、それを家にあるタコ焼き器で再度焼くのが大阪の流儀。

これによって外はカリカリ中はふんわりの最上級なたこ焼きがいただけるんだとか。

みゆき「これからの私のたこ焼き人生は変わるのかな」

もらったタコ焼き器に未来を思い描く中島みゆき。

鉄瓶「油飛びますんで下に新聞紙敷いてくださいね」

みゆき「新聞紙!?」

北海道出身の中島みゆきにとって新聞紙は、茹でた毛ガニを包むものでしかなかったが所変われば品変わるとは、まさにこのことである。

タコ焼きの一期一会を果たしたところでと、ウマい具合に曲紹介。

『一期一会』(レコチョク試聴あり)

笑福亭鉄瓶と中島みゆき

ここで話題は笑福亭鉄瓶へとシフトしていく。

笑福亭鉄瓶と中島みゆきは先ほども述べたように初対面であるが、妙なところで繋がっていたようだ。

鉄瓶は笑福亭鶴瓶の門下生。

弟子たちは、3年間は修行をかねて鶴瓶の邸宅で過ごさなければならない。

暇なときには鶴瓶の映ったビデオを見放題ということで、鉄瓶も片っ端から見ていたという。

と、そのビデオコレクションの1つに、中島みゆきと笑福亭鶴瓶が共演した番組を見つけたのだった。

鉄瓶「ウチの師匠がまだオーバーオール着てアフロ時代のときに、北海道でロケやってたはったんですよ。
牧場に行ってはった時に、真横に中島みゆきさんがいてはって」

鉄瓶の見た番組とは、1980年7月27日関西テレビで放送された「鶴瓶のミッドナイト・レイン」という番組だ。

その番組をまとめた記事が下にあるので、よければいっしょにご覧いただきたい↓↓↓

牧場
中島みゆきと笑福亭鶴瓶の対談中島みゆきと笑福亭鶴瓶が1980年7月27日に関西テレビで放送された『鶴瓶のミッドナイト・レイン』に登場して、対談している。 その...

大昔の番組だが中島みゆきは覚えているのだろうか?

みゆき「何してたんでしょうね」

ユカリ「テレビあんまり出ていないイメージがありましたけどねぇ」

歌番組以外のところでテレビ出演というのもめったにないはずなのだが、どうやら1ミリも覚えていないらしい。

TOKIOについて

話題はTOKIOに提供した『宙船(そらふね)』へと移る。

その主題歌となったドラマが2006年に日本テレビ系で放送されたTOKIO長瀬智也主演の「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」

中島みゆきはこのドラマを観ていたらしく、

みゆき「観ました?
面白かったですよねぇ!」

と、大絶賛。

そして、その翌年、今度は同じく日本テレビ系ドラマ「受験の神様」の主題歌に、また、中島みゆきはTOKIOへ『本日、未熟者』という曲を提供している。

2作に渡るコラボレーションであるが、実は中島みゆきは一度もTOKIOとは対面していない。

みゆき「会わせてもらえないんですよ。
会わせると私何しでかすか分からないからアハハハ!」

というのは冗談であろうが、曲の細かいやり取りについては文通という形をとったという。

船
中島みゆき『宙船(そらふね)』|TOKIOへデモテープが渡り、曲ができるまでの裏話。2006年11月22日に発売された34作目のオリジナルアルバムに収録された 『宙船(そらふね)』 を見ていこう。 TOKIO『...
未熟者
中島みゆき『本日、未熟者』はTOKIOに提供した曲|ビビる大木を励ました曲2007年10月3日に発売された35作目のアルバムに収録されている 『本日、未熟者』 についてみていこう。 中島みゆき『本日、未熟...

中島みゆきは自分の曲は聴かないのか?

大西ユカリ曰く、この番組では賞金を出してクイズをリスナーへ向けて出題しているという。

少し前に、中島みゆきに関する難問を出題した。

それはどこかの雑誌のインタビュー記事をもとに作った問題で、

「中島みゆきは、レコードを作った後は、自分の粗が目立つからという理由でそのレコードをいっさい聴かない」

というものだった。

その真偽をいま目の前にいる中島みゆきに問うたところ、

みゆき「記事になるときってのは多少強調されるところありますけどね、なにかの資料として取り出して聴くってことはありますけど、あえて聴くってのはないですね、やっぱり」

ユカリ「家でご自分の曲を聴いたりとかは?」

みゆき「聴かないですね。
聴くと直したくなるでしょ?
ミックスとかマスタリングとかやっててキリがないんです。
もうちょっとこうしようかもうちょっとこうしようかって何通りにもやりようがあるから、やってるといつまでもやっちゃうんですよね。
アーティストの方によっては6年歌ってる方だとかありますけれども、とりあえず6年もやってますとウチの事務所転びますのでアハハハ!」

だからこの場合、コンサートでは言い訳のように歌うのだ。

ということでこの先のコンサートツアーについて話題は移る。

「中島みゆきコンサートツアー2007」は、大阪では10月4日、6日、7日、9日、17日、18日で行われ、12月24日クリスマスイブには三重県の方でも行われる。

みゆき「客席みんなカップルだったらすごい不愉快~(笑)
チケット1枚売りにしよう!
2枚では絶対売りませんアハハハ!」

なお、こちらのコンサートの模様はDVD/Blu-ray『歌旅 -中島みゆきコンサートツアー2007-』で視聴することができる。

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Musi...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。