夜会

中島みゆき『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』のみんなの感想&裏話|DVD&Blu-ray

狼

2019年に上演された『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』についてみていこう。

『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』のみんなの感想

『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』は集大成的作品?

2019年1月30日から2月27日まで、東京のTBS赤坂ACTシアターで20回に渡って上演された『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』

1989年に『夜会』をスタートして、30周年目、そして20回目という節目にあたる作品だ。

そのせいか、作品の随所にその集大成が感じられる。

既存の曲を盛り込みました

『夜会』の初期から観ている人はご存知だろうが、1989年の『夜会』から1994年の『夜会VOL.6 シャングリラ』までの作品は、既存の曲が歌われていた。

CDなどで知っている曲が、舞台の物語の設定の中で歌われることで解釈が変わっていく。

「コトバの実験劇場」として始まった『夜会』の狙いはこんなところにあった。

だが、その後、『夜会VOL.7 2/2』から『夜会VOL.19 橋の下のアルカディア』まで、全曲『夜会』のために書き下ろされた楽曲が歌われている。

そして、『夜会』で歌った曲は、今度は物語から切り離され独立した曲としてCDに落とし込まれた。

初期の頃とは、ベクトルの向きが逆になり、これもまたコトバの実験だったように思う。

そして、『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』では、劇のために書き下ろされた曲もある一方で、既に発表済みの曲も歌われている。

『野ウサギのように』『BA-NA-NA』『思い出だけではつらすぎる』『テキーラを飲みほして』『LOVERS ONLY』『紅灯の海』

原点回帰を思わせる曲構成となっている。

オールスターズ勢ぞろい

今回、『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』に出演する役者人もまた豪華。

香坂千晶

『夜会VOL.6 シャングリラ』『夜会VOL.9 2/2』『夜会VOL.10 海嘯』『 夜会VOL.12 ウィンター・ガーデン』『夜会VOL.13 24時着 0時発』『夜会VOL.14 24時着 00時発』『夜会VOL.15 〜夜物語〜元祖・今晩屋』『夜会VOL.16 〜夜物語〜本家・今晩屋』『夜会VOL.17 2/2』に出演。

植野葉子

『夜会VOL.7 2/2』『夜会VOL.9 2/2』『夜会VOL.17 2/2』『夜会VOL.10 海嘯』に出演。

石田匠

『夜会VOL.18 橋の下のアルカディア』『夜会VOL.19 橋の下のアルカディア』に出演。

『夜会』の常連ともいえる役者陣が勢ぞろいし同窓会さながらの顔ぶれだ。

なお、『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』では、普段はボーカル担当の宮下文一が、さらに中島みゆきの姉役に渡辺真知子が役者陣に加わっている。

『二隻の舟』を大合唱

今回の『夜会』は、それまでとは違って群像劇の印象を受けた。

メインは中島みゆきであるものの、他の役に1曲丸まる歌う出番を任せているところが多くあった。

例えば、宮下文一が歌う『紅灯の海』は、中島みゆきは一切介在しないことで、それまでCDで聴いていた曲とガラッとイメージが変わる。

これも「コトバの実験劇場」としての試みなのだろうか。

劇中で歌われる『二隻の舟』も、リレー式で歌い継がれて、最後は全員で合唱という形をとっている。

これまでの『夜会』の総力を結集した歌いぶりなのだ。

二隻の舟
夜会のテーマソング中島みゆき『二隻の舟』1992年10月7日に発表された20作目のオリジナルアルバムに収録された 『二隻の舟』 をみていこう。 『夜会』のテーマソング...

「リトル・トーキョー」って何?

ロサンジェルスにある日本人街の通称として知られている「リトル・トーキョー」であるが、『夜会』の方では、北海道の山奥にあるホテルの中のパブのステージという設定。

街の一区画だったりスーパーや食堂の名前だったり色んなところでこの「リトル・トーキョー」を目にしてきたが、その中で見るものは確かに日本直輸入のものだったり、日本式なのだが、その場にいると不思議な国へ来たような錯覚に陥る。

パンフレットの中で中島はこのように語る。

『リトル・トーキョー』の歌詞にもあるように、東京には存在しないトーキョーがそこにあるのだ。

『中島みゆき 夜会VOL.20「リトル・トーキョー」劇場版 』

2020年7月23日より『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』が劇場で公開された。

これまでも『夜会VOL.17 2/2』『夜会VOL.18 橋の下のアルカディア』『夜会工場VOL.2』など劇場版が公開されている。

中村中の感想

『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』を観客席から観ていた歌手がいた。

中村中だ。

中村は、『夜会VOL.18 橋の下のアルカディア』『夜会VOL.19 橋の下のアルカディア』『夜会工場VOL.2』で中島みゆきと共演した過去があるが、観客として観たのはこれが初めて。

平成が終り令和へと突入する時代の節目で、何を残していき、何を次の時代へ引き継いでいくか、どストライクに描かれた作品だと評している。

劇中で歌われる『リトル・トーキョー』は、華やかな曲調なのに切ない雰囲気が漂っていると、中村の心を掴んだようだ。

渡辺真知子の存在感

『夜会』なのにこんなに明るい、太陽みたいな私を入れてどうするんだろうって思いました」

こう語るのは、『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』で中島みゆきと共演した渡辺真知子

ちなみに、中島みゆきはこの疑問に対して、

「開演時間が1時間早くなったからよ」

とジョークを交えて返している。

確かに渡辺真知子のコトバの通り、これまでの『夜会』にない華やかな色味が添えられている。

渡辺は、中島みゆきから「ゴメンネ~」といってファイルを渡されたという。

何のこと?と思いつつファイルを見ると、そこに与えられてた渡辺の役は、中島みゆきの姉役。

中島みゆきよりも5歳年下の渡辺が姉役に選ばれたのだった。

「この年で大きな経験をさせていただき、本当に感謝しています」

姉役はともかく、渡辺にとって稔りある舞台だったようだ。

中島みゆきとの関係

渡辺真知子と中島みゆきの出会いは1975年にまで遡る。

まだデビュー前の中島みゆきが第9回ポピュラーソングコンテスト(通称、ポプコン)に出場した際に、渡辺も同じステージにあがっている。

中島みゆきは『傷ついた翼』で入賞、渡辺真知子は『オルゴールの恋唄』で特別賞を受賞している。

それから約40年越しに今度は『夜会』というステージで再会を果たした。

渡辺は、2020年3月号の「ダ・ヴインチ」の記事で、劇中の『思い出ではつらすぎる』を歌うシーンに感慨深いものを感じたと語っている。

劇中では何十年ぶりに再会する姉妹のシーンだが、これがポプコンから40年の間それぞれ違う道を歩んできた自分たちとシンクロするところがあったからだ。

「そうした思いをさりげなくシーンに盛り込んでくださったのかな」

渡辺は、中島みゆきの温かさを感じていた。

振り付けはラッキィ池田

ちょっとやみつきになりそうな劇中のダンスは、ラッキィ池田による振り付けとなっている。

かつてゾウさんを頭に乗せていてよくメディアに露出していたあの人だ。

ラッキィ池田は、若い頃に中島みゆきの歌に勇気をもらっていた1人。

実は彼、『夜会VOL.18 橋の下のアルカディア』『夜会VOL.19 橋の下のアルカディア』でも参加している。

よい恩返しができたのではないだろうか。

中島みゆきが勧める映画

『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』のDVD&Blu-rayのジャケットは山犬の目のアップが表紙になっている。

話に山犬が大きく関わっているからだ。

渡辺真知子の話によると、中島みゆきは、この山犬の生態を調べるために忙しい合間を縫って動物園の飼育係のところへ自ら取材に出かけていたそうな。

2000年3月号の「ダ・ヴィンチ」での糸井重里との対談で、中島みゆきは、『リトル・トーキョー』をわかりやすく見てもらうために、『ネバー・クライ・ウルフ』という映画を勧めている。

1983年にアメリカで公開されたこの映画は、家畜を襲う狼の習性を探る調査に送り込まれた生物学者の物語だ。

家畜を襲わなければならない狼の実情が描かれた作品。

中島みゆきは、「すごくいい映画なの」と評した上で、

「これを観てもらうと、私がどんな思いで『リトル・トーキョー』をつくったのかがわかっていただける」

とも言っている。

『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』はDVDとBlu-rayで発売中

『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』はDVDとBlu-rayで観ることができる。

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Music ...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。