ラジオ

さくらももこと中島みゆきの対談|『さくらももこのオールナイトニッポン』(1992年7月7日放送)

女2人

1992年7月7日『さくらももこのオールナイトニッポン』のゲストに中島みゆきが出演している。

その時の模様をまとめた。

中島みゆきからさくらももこへバトンタッチ

さくら「はい、今日は中島みゆきさんがゲストです!」

まるでアニメ『ちびまる子ちゃん』「まるちゃん」そのものの声だ。

さくらももこは言わずと知れた『ちびまる子ちゃん』の漫画家かつ「まる子」のモデルとなった人である。

さくらは16歳の頃からずっと中島みゆきを聴いていて、『中島みゆきのオールナイトニッポン』のリスナーの1人でもある。

中島みゆきが担当していた月曜日の後釜にさくらももこが座ることになり、しみじみと不思議な縁を感じているようだ。

さくら「なんか泣けますよね」

「うん」

傍で頷いている男性は、当時さくらももこの夫・宮永正隆氏だ(その後、2人は離婚している)。

宮永によると、さくらももこのオールナイトニッポンが始まる前の週に放送された『中島みゆきオールナイトニッポン』の復活スペシャルの中で、中島みゆきが、

「次回はさくらももこがやります」

と番宣してくれたという。

実はこの時、さくらももこは一リスナーとして『中島みゆきオールナイトニッポン』宛てにファックスを送っている。

プレイバック!

さくらももこが中島みゆきに宛てたファックス

中島みゆきがファックスを読み上げる。

1991年10月15日放送の『中島みゆきオールナイトニッポン』のなかでのこと。

「私の家族は数年前までは大人しく平凡な人生をそれぞれ暮らしておりました。
しかし私が漫画家という水商売に走り、自分の家族をダシに使うような作品を描いてしまったため、今ではすっかり世間の笑いものになってしまいました」

中島みゆきが読み上げている文面は、まさに『ちびまる子ちゃん』のあの一家たちのことだ。

さくらは、ファックスの中で、いちど『中島みゆきのオールナイトニッポン』に宛ててハガキを出したがボツにされたことも明かしている。

この翌週、1991年10月21日から『さくらももこのオールナイトニッポン』がスタートするのだ。

はじめましてではない中島みゆき&さくらももこ

CM明けにいよいよ中島みゆきの登場。

さくら「みゆきさ~ん!」

中島「おひさしぶりです」

どうやら2人コレが初めましてじゃないようだ。

中島みゆきとさくらももこが最初に出会ったのは3年前。

その時の緊張してしおらしくしていたさくらを中島は「猫百匹かぶっていた」と表現する。

色々話したが「私結婚してるんですよ」というさくらの言葉しか覚えてないと笑って話す。

中島「コンサートツアーなんかで回ってると、夜中にホテル戻って、あ~やれやれってスイッチ入れると、ちょうどコレ(『さくらももこのオールナイトニッポン』)やってるんで」

中島みゆきはさくらももこのラジオを聴いていたことを明かす。

さくら「16歳の頃から22歳の頃までみゆきさんのラジオ聴いてたんです」

中島「ありがとうございます」

さくら「玄関少年少女とかそういうのが羨ましくてねぇ」

玄関少年少女とは、ニッポン放送の玄関前で出待ちするファンのこと。

2018年に終えた『中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ』の最終回にも、100名以上押しかけていたという。

一方、さくらももこにはこの玄関少年少女がまるでいないと苦笑い。

中島「いますいますと言ってりゃ、そのうち来ますよ(笑)」

七夕の日に孤独な中島みゆき

中島みゆきはさくらももこの夫に会えることを楽しみにしていたという。

中島「七夕の夜に何が悲しいって、このご夫婦が見つめ合ってるド真ん前に空を見ろと言わんばかりに私がいる(笑)」

この放送の日は7月7日である。

「天の川みたいに横たわってやろうか」と自虐ネタをかます中島。

『月刊カドカワ』での対談

さくらももこは、『月刊カドカワ』の特集を組んでるときに「会いたい人はいないか?」と問われ、「中島みゆき」と答えたものの、「大物だからそれは難しいんじゃないかなぁ」と返されたそう。

だが、意に反して中島は快くオファを受けたのだ。

この対談の模様は『月刊カドカワ』1990年6月号に掲載されている。

これがさくらももこと中島みゆきの初対面だったのだ。

対談の日、1人で待ち合わせの場所に着いたさくらももこ。

その10分後くらいに中島みゆきが関係者を引きつれてぞろぞろと現れた。

さくら「お姫様という感じで登場しました」

当時の印象を笑いながら振り返る。

さくら「みゆきさん、噂には聞いてたけど華奢だなあと思って」

CDジャケットなんかの写真の印象だと大柄だが、実物はだいぶ小柄。

ちなみに中島みゆきの身長は161cm。

さくらももこに限らず、「イメージより小柄ですねぇ」とたくさんの人から言われるそう。

『月刊カドカワ』での対談の模様はコチラ↓↓↓

漫画
さくらももこと中島みゆきの関係&共通点漫画家・さくらももこと歌手・中島みゆき、一見、繋がりのない2人に見えるが、実はさくらももこは中島みゆきのファンで、中島みゆきもさくらもも...

中島みゆきの首が長い理由

その繋がりでさくらは、中島みゆきのオールナイトニッポンのことを思い出す。

おニャン子の誰かがゲスト出演したとき(1985年12月2日に新田恵利、樹原亜紀、名越美香、国生さゆり、立見里歌がゲスト出演している)に、メンバーの1人が言った

「みゆきさんって顔が小ちゃいですねぇ!」

というコトバに中島が、

「そうなの、あたし片手で顔洗えるの」

と返した一幕。

さくら「うまいこと言いましたよね!」

中島「よく覚えてますね(笑)」

これに中島が付け加える。

中島「化粧品がですね、ファンデーション塗るでしょ?
そうすると私、キリンの首なんですよ。
ンで、顔に塗るファンデーションより、首に塗るファンデーションがすごいんですよ(笑)」

首の骨が人より1個多いという中島。

人によって体の部位で骨が多かったりするというが、さくらは半信半疑。

骨のことでしばらく話が盛り上がる。

さくら「骨が1個違うとやっぱいい声出ますねぇ」

さくらももこもなかなか上手いコト言った。

鏡に求めた結婚相手

ここで、またも中島みゆきのオールナイトニッポンの思い出を語るさくら。

「今、結婚相手がいない人は、クシと鏡をトイレに持ち込んでいくと未来の結婚相手の顔が出てくる」

というリスナーからはのハガキが読まれ、当時17歳だったさくらは、それを実践した。

鏡の中に映る未来の結婚相手に失礼のないようにと、クシと鏡を新調したさくら。

そのリスナーのハガキ通り、夜中の12時にトイレに入って鏡を覗くが、そこに映っていたのは自分の顔だけ。

20分もトイレに籠るも、未来の結婚相手に出会うことはできなかったという。

中島「その鏡に写った自分の顔、旦那に似てるってことない?」

さくら「あ、ちょっと似てるかもね」

夫婦はだんだんお互い顔が似てくるという不思議に中島もさくらも心当たりあるらしい。

1人で喋り続けたワケではない『中島みゆきオールナイトニッポン』

さくら「みゆきさん1人でラジオやってたでしょ?
1人で喋り続けてたじゃない?
あれってスゴいよね」

中島「うん、自分で笑って虚しくなんないのかなぁって思うよね(笑)」

さくら「いやいや(笑)でも、あれ、やりにくくなかったですか?」

だが、目の前に構成作家がいたのでやりにくさはなかったという中島。

話は、沈黙が何秒か続くと放送事故になるということに及び、

中島「昔、桃井かおりさんがやったそうですよ」

その次の週から人が代わったそうな。

中島みゆきの賭け

1991年10月15日放送の『中島みゆきオールナイトニッポン』をちゃんと聴いていたさくらももこ。

その中で、中島みゆきがパーソナリティをやっている他局のラジオ番組名をコールできるか、度胸を試されていた。

この頃、中島がパーソナリティを務めていたのはNHKの『ミュージックスクエア』という番組だ。

「ミュージックスクエア」と言えたらソバをご馳走してもらえる予定だったのだが、何十回も連呼するもまだ奢ってもらえてないんだとか。

中島「貧乏なディレクターなもんで(笑)」

さくらももこの連絡先を知っている中島みゆき

『月刊カドカワ』の対談で、さくらは個人的に中島みゆきの電話番号を聞いたという。

さくら「でも、用もないのにみゆきさんに電話かけられるワケないじゃん」

一方、中島も、さくらももこの電話番号を知っているが、かけられずにいることを明かす。

中島「難しいもんですね。
かけようかと思うと、物書きの仕事してる人って何時に仕事してるか分からないじゃないですか」

さくらもさくらで、

さくら「曲作ってナーバスになってんじゃないかと」

互いに遠慮しあってかけられずにいたのだった。

「また飲みましょうよ」

と約束するさくらに、

中島「勘定どっちが持つんですか?」

具体的な話をする中島。

最終的に、ディレクターを連れて、最後に勘定を押しつけて去るということでこの件は落着。

『浅い眠り』について

ここでリスナーからのハガキを読むさくらももこ。

「お願いがあります。
もしレコードがあればいいのですが、中島みゆきさんの新曲『浅い眠り』をかけてください」

ちょうどこの頃、『浅い眠り』が主題歌のドラマ『親愛なる者へ』が放送が期間中だった。

中島みゆきのやってるラジオはNHK。

フジテレビ系のこの曲はかけてもらえなさそうだからということで、さくらももこの番組でリクエストをしたようだ。

ということで、まだ発売前の『浅い眠り』を流す。

浅い眠り
『浅い眠り』は中島みゆきも出演したドラマ『親愛なる者へ』の主題歌1992年7月29日に発売された28作目のシングル 『浅い眠り』 をみていこう。 この曲が発売された年、中島みゆきは珍しくテレ...

曲を終えて、

さくら「いやあ、よかったねぇ」

と感想を述べる。

『浅い眠り』の秘話

中島「最初タイトル聞いて目が点になりました」

というのは『浅い眠り』が主題歌のフジテレビ系ドラマ『親愛なる者へ』のこと。

これは、中島が1979年に発売したアルバムと同名タイトル。

「親愛なる者へ」は仮のタイトルとしてあったものだが、その後、正式なドラマタイトルへと決定したのだという。

トレンディドラマに似つかわしくないタイトルに、

「いいんですか、こんなカタい名前で?」

と驚きを隠せなかったらしい。

さくら「でもいいですよね、誠実そうなドラマみたいな感じで」

さくらももこは気に入ってるよう。

さくら「みゆきさん、これ出るんだよね?」

中島「そうなんだな~!」

「ドラマ初出演」と宮永は言うが、正確には1979年のTBS系『明日の刑事』にサングラスかけた妖しい女役として出演している過去がある。

さくら「富士山爆発するくらいスゴいことですよね」

さすが静岡出身ならではのコメント。

宮永「どういうきっかけで出演OKに至ったんですか?」

中島「なんでそうなったか自分でもよく分かんない」

と言いつつも、台本やスタッフの熱に押されたのが大きな理由らしい。

さくらによると、このことは「ほんのできごころ」という見出しでスポーツニッポンの記事になったそう。

海と夕日
ドラマ『親愛なる者へ』の見どころ|撮影舞台裏の中島みゆき中島みゆきファンならぜひとも観ておきたいテレビドラマ『親愛なる者へ』。 中島みゆきのためのドラマといっても過言ではないほど、ドラマ...

ドラマより前にビールのCMへ出演

動く中島みゆきがお茶の間でも見れるということに大興奮のさくらももこ。

動く中島みゆきといえば、この放送の前年1991年に「キリン・プレミアム・ビール」のCMに出演し、話題になった。

「ついに中島みゆきがCMに!」と言われ方をしたが、本人曰く、「別にCM出演を断ってたんじゃなくて、そういう話がぜんぜん来なかった」のだそう。

さくら「私だって去年いっぱいプレミアム・ビール買っちゃったもん」

中島「もしかして、ドラマ出演の伏線だったのかな、あのCMって(笑)」

産婦人科医役は全くの偶然

さて、話は再びドラマ『親愛なる者へ』に戻り、中島みゆきの役どころについての話になる。

中島はこのドラマでは産婦人科医役を演じている。

産婦人科医というと、中島みゆきの父親が産婦人科医。

中島は、制作サイドがそのことを知った上で振った役どころだと思ったのだが、制作サイドは、「え、なんのことです?」と何の予備知識もなく、全くの偶然だったのだ。

さくら「じゃ、役づくりは慣れたもんでしたか?」

中島「私が医者だったワケじゃないからね。
でも、役への親しみはあるよね」

さくら「私も八百屋のカミさん役ならできるよ(笑)」

さくらももこの実家は八百屋である。

アニメではあんまり描かれていないが。

コンサートでは立ち見する中島みゆき

最後に中島の今後の活動について触れた後、さくらが中島みゆきを目の当たりにした感想を一言。

さくら「静岡にいた頃、みゆきさんは本当に見れないモノでしたからね私。
ツチノコでしたよ(笑)」

みゆき「アハハハ! ツチノコになってしまいました」

話題はコンサートのチケットの話になる。

さくらは中島みゆきのコンサートのチケットを求める人の列が建物を3周しているのを見たことがあると話す。

中島みゆきも他の誰かのコンサートに行こうとなると3時間かけても予約の電話が繋がらないことがあるという。

中島「だから私、当日券でよく見るよ」

さくら「ダフ屋とかで買って?」

なかなか思い切ったことを訊くさくらももこだ。

中島「ダフ屋では買わないけど、キャンセル待ちとか立ち見とか」

中島みゆきは、この立ち見を意外と気に入ってるようで、足はしんどいものの、立ち見ならではの熱気が感じられて乙なんだとか。

中島「あれも1つの味だよね」

最後に中島みゆきが一言

さくら「今日はどうもありがとうございました」

中島「ありがとうございました」

これで終りかと思いきや、中島みゆきが何か言いそびれたことを思い出す。

中島「『親愛なる者へ』のドラマのね2回目の出る方はねぇ、まだ独身なの。
でも、最終回出る時にはね、独身じゃないの!
やったぞ~!」

すごく嬉しそうに語る中島みゆきであった。

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Music ...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。