未分類

仕事を頑張れる中島みゆきの曲プレイリスト

仕事

「いまいち仕事に身が入らない」
「会社へ行きたくない」
通勤中の電車の中で思わずため息をついてしまうってことは誰にでもある。
そんな時に心の拠り所にして欲しい中島みゆきの曲を紹介しよう。

通勤中に聴くべき中島みゆきの曲

『地上の星』

『地上の星』(レコチョク試聴あり)

無名の功労者に光をあてたドキュメンタリー番組「プロジェクトX~挑戦者たち~」の主題歌で、表舞台でスポットライトを浴びることのない縁の下の力持ちを称賛した歌詞が、裏方的な企業人の心をくすぐる。

レコード店で、サラリーマンが帰りがけにこの曲のCDを買っていく光景が見られたことが何よりの証だ。

番組のオープニングに流れていた曲とあって、大きな仕事を前に聴く人も多いようだが、たとえ小さな仕事であっても、壮大なプロジェクトに参加しているようなムードを作りだすためにこの曲を活用する人も多い。

地上の星
中島みゆき『地上の星』|誕生秘話から紅白の舞台裏まで2000年の中島みゆきのシングル『地上の星』 ドキュメンタリー番組「プロジェクトX~挑戦者たち」の主題歌として中島みゆきが書き下ろ...

『背広の下のロックンロール』

『背広の下のロックンロール』(レコチョク試聴あり)

「ネクタイで首をしめて 荒くれをつなぎとめても
 革靴に足を詰めて さすらいをつなぎとめても」

この歌詞が象徴するように、どんなに会社に行きたくないときでも背広を着て、革靴をはいて、会社へ向けて自分を走らせらなければならない。

それがサラリーマンの宿命。

「3割増し」というコトバがあるように背広姿の男は頼もしくみえるが、実際は、心のウチに弱音を抱え込んでいたりする。

負けないように自分を鼓舞するサラリーマンの姿を中島みゆきは「背広の下のロックンロール」と呼ぶ。

『タグ・ボート(Tug Boat)』

『タグ・ボート(Tug Boat)』(レコチョク試聴あり)

どんな小さな仕事でも誇りを忘れないで欲しい。

この曲に登場するタグボートは大型客船よりずいぶんと小ぶりで煤けていて誰も目もくれない存在だ。

大型客船を押し出すという役割もまたパッとしない。

だが、どうだろう、美しい水平線に乗客らが歓声をあげることができるのは、このタグボートの仕事あってだ。

自分の仕事がどこか大きなものに繋がっていることをこの曲を聴いて忘れないで欲しい。

そして何よりこのタグボートは自分の仕事を心から楽しんでいる。

これにもあやかりたいものだ。

仕事中に聴くべき中島みゆきの曲

『宙船(そらふね)』

『宙船(そらふね)』(レコチョク試聴あり)

船を動かしているのは自分が漕いでいるオール。

船を止めるも動かすも自分次第。

そうそう、その手を休めれば陰でほくそ笑んでいる敵の存在も忘れないで。

TOKIOに提供されたこの曲は、甲子園の入場曲にも採用されていて、戦うイメージが強い曲だ。

船
中島みゆき『宙船(そらふね)』|TOKIOへデモテープが渡り、曲ができるまでの裏話。2006年11月22日に発売された34作目のオリジナルアルバムに収録された 『宙船(そらふね)』 を見ていこう。 TOKIO『...

『サバイバル・ロード』

『サバイバル・ロード』(レコチョク試聴あり)

敵は悪人ヅラしているとは限らない。

うわべはにこやかでも裏でよからぬことを企んでいる世間のリアルが描かれている曲。

「社交辞令 つくり笑い すべてまともに受けりゃ
 油断のあとで 寒さに気づく 身ぐるみ剥がれて気づく」

肝に銘じたいものである。

『パラダイス・カフェ』

『パラダイス・カフェ』(レコチョク試聴あり)

ひたすらノリのいい曲だが、この曲は、スノーボードクロス元日本代表の岩垂かれんが競技中に聴いている曲だそうで、これを聴いて滑ると、体のどこをぶつけても、テンションを維持できるんだとか。

『India Goose』

『India Goose』(レコチョク試聴あり)

渡り鳥からだって学ぶことができる。

山脈を超えようとする渡り鳥に着想を得た曲がこの『India Goose』

強風に煽られ鳥の隊列が乱されたとしても、またすぐに列を組みなおして、風を乗り越えようと挑んでいく。

七転び八起きの精神で仕事に臨みたいものだ。

仕事で失敗した時に聴くべき中島みゆきの曲

『ファイト!』

『ファイト!』(レコチョク試聴あり)

とかくサビに焦点があてられがちで、頑張りたいときに聴きたい曲として挙げられるこの曲。

フルで聴けば分かると思うが、ここに登場しているのは現実の厳しさに打ちのめされて挫折を味わった人たち。

そんな人たちが立ち直るための曲なのだ。

ファイト
中島みゆき『ファイト!』の秘話|ボロクソに言われた曲だった1983年の中島みゆきのアルバム曲『ファイト!』 中島みゆきのこの代表曲は、初めはアルバムの片隅の1曲でしかなかった。 急に注目...

『負けんもんね』

『負けんもんね』(レコチョク試聴あり)

これでもかこれでもかと試練に打ちのめされてもまだ這いあがろうとする人を描いた曲。

だが、そんな人にもまだ試練と挫折がふりかかる。

「あぁ 失えば あぁ その分の
 何か恵みがあるのかと つい思う期待のあさましさ」

そんな人間の愚かしさも歌いつつ、現実の過酷さも歌いつつ、聴いていてつい目を背けたくなりそうだが、主人公が一貫して「負けんもんね」と歯を食いしばってる姿は、ただただ美しい。

『倒木の敗者復活戦』

『倒木の敗者復活戦』(レコチョク試聴あり)

倒れた木は、何かに屈したようで痛ましいと誰の目にも映ることだろう。

だが果たしてそうだろうか?

傷口から芽を出すその姿にだれが敗者と思うだろうか?

仕事でポカをやらかしたとして、それを今いちど見つめ直して欲しい。

それって本当に失敗なの?

中島みゆきも言っている、

「負けって何?」

と。

倒木
中島みゆき『倒木の敗者復活戦』の「倒木」はやっぱり「東北」なのか?2012年10月24日に発売された39作目のアルバムに収録された 『倒木の敗者復活戦』 をみていこう。 中島みゆき『倒木の敗者復活...

『本日、未熟者』

『本日、未熟者』(レコチョク試聴あり)

TOKIOに提供された曲。

怒涛の1日にあくせくする主人公が描かれている。

自分のコトを開き直って「未熟者」と呼ぶ勇気も時には必要。

未熟者
中島みゆき『本日、未熟者』はTOKIOに提供した曲|ビビる大木を励ました曲2007年10月3日に発売された35作目のアルバムに収録されている 『本日、未熟者』 についてみていこう。 中島みゆき『本日、未熟...

仕事帰りに聴くべき中島みゆきの曲

『ヘッドライト・テールライト』

『ヘッドライト・テールライト』(レコチョク試聴あり)

ドキュメンタリー番組「プロジェクトX~挑戦者たち~」のエンディング曲ということもあり、この曲を1日のフィナーレにもってくる人は多い。

ひと仕事終えて風に吹かれながらこの曲を聴けば、また明日頑張ろうと力が漲ることだろう。

テールライト
中島みゆき『ヘッドライト・テールライト』|「プロジェクトX」の最終回2000年7月19日に発売された37作目のシングル 『ヘッドライト・テールライト』 についてみていこう。 中島みゆき『ヘッドライト...

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日より、ついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Mus...

 

ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきファン歴30年以上 中島みゆきという人間や、曲にまつわるエピソードについて、資料を読み漁っています。