夜会

中島みゆきの「夜会」とは何か?|「夜会」一覧

ホールの座席

1989年、中島みゆきは新たな試みを始めた。

それが「夜会」

今や、中島みゆきのライフワークとも代名詞とも言えるこのステージは一体どういうものなのだろうか。

「夜会」とは?

「夜会」とは、コンサートでもミュージカルでもない歌で模索する「言葉の実験劇場」である。

歌に別のシチュエーションを与え新たな解釈を生み出すというもの。

スタート当初はシチュエーションのみだったが、回を重ねるごとにストーリー性が加わっていく。

「夜会」を演劇と捉える人も多いが、それを主体として考えてはいけない。

1992年「月刊カドカワ」11月号のインタビューで中島みゆきはこのように語っている。

「言葉を表現するためだったら、邪道と言われようが何だろうが、やれることはみんなやったっていいんじゃないかと」

飽くまで優先させるのは言葉であり、それを活かすための手段としての演劇であるのだ。

中島みゆきは釘をさすようにこう言う。

「演劇が最終目標なわけじゃない」

なぜ、中島みゆきは「夜会」を始めなければならなかったのか?

生の歌を届けるという点では「夜会」もコンサートも共通している。

コンサートではなくなぜ「夜会」という形態を取らなけれればならなかったのだろうか?

言葉の可能性

中島みゆきは、ミュージシャンというよりも谷川俊太郎倉本聰などの「言葉屋」として自身を捉えていると、あるインタビューで答えている。

その言葉屋というスタンスで歌と向き合っていった結果、すでに発表した曲の型というものを崩す必要があった。

言葉の可能性を追求していくためだ。

1992年「月刊カドカワ」11月号のインタビューで中島みゆきはこのように語っている。

「私がすでに発表してきた歌は、アレンジ、演奏の形態、歌い方、録音の仕方で、ひとつの受け取られ方がありますよね」

これをいったん、引き戻して、新たな形で提供できないかとずっと模索してきたのである。

コンサートの限界

実は、コンサートの中で、すでに発表した曲を、アレンジや歌い方を変えて新たな形で届けるという試みをしたことがあったという。

だが、それは不評だった。

1992年「月刊カドカワ」11月号のインタビューで中島みゆきはこのように語っている。

「アルバムに入っているのと違う歌い方、意味合いが違うような歌い方、熱があったのを冷めた歌い方にしたら、やる気がないと取られたり、何をしようとしているのかわからない、ついて行けないっていうブーイングがものすごく多かったんです」

ある曲のあのイントロになったら総立ちになって拍手をするなど、その一体感を求める客も多く、なかなかその期待を裏切るわけにもいかなかった。

だが、中島みゆきの中で、そのジレンマはだんだんと大きくなっていく。

「いつか切り離さなきゃならない時期が来るだろうと思ってたの」

 

曲以外からのアプローチ

プロデビューした後、発表した曲に対して、色々な反応が返ってきたことに中島みゆきは驚いた。

時に、作った本人の意図しない解釈で捉えられたり。

『うらみ・ます』はその最たるものだった。

全く、真逆の意味で捉えられていたのだ。

だが、この誤解については後でくどくど説明するのは潔くはない。

1992年「月刊カドカワ」11月号のインタビューで中島みゆきはこのように語っている。

「自分がこう思うんだ、というのが伝わらなかったら、伝わるような他の方法にトライすればいいじゃないかと、ずっと思ってたの。
アレンジも歌い方も設定も、目で見えるものを含めて、いろいろ合わせればわかる手はあるんじゃないか、とふっと思ってたのね」

この思いがやがて「夜会」へと続いていくのだ。

藁人形
中島みゆき『うらみ・ます』の裏話|本当に泣いてた?|世間の解釈とのギャップ1980年4月5日に発売された7作目のアルバムに収録された 『生きていてもいいですか』 をみていこう。 中島みゆき『うらみ・ます』...

コンサートとの違い

「夜会」は具体的にコンサートとはどう違うのか?

ディナーショーではない

「夜会」と初めて聞く人にありがちなのは、ディナーショーと捉えてしまう誤解だが、フォークとナイフを握って歌を聴くことはまずない。

客のふるまいが違う

また、コンサートのようにノリのいい曲があっても手拍子などはやらないし、観客からプレゼントもNG。

「夜会」を始めたばかりの頃はその辺の勝手が一部の観客には知られておらず、中島みゆきによると、カップ麺を手渡そうと準備していたお客さんもいたようだ。

開演時間が違う

通常のコンサートと違い開演時間が20時~とだいぶ遅い。

これには、仕事が終わって余裕もって来られるようにという中島みゆきの客への配慮なのだ。

場所が違う

各地のホールを巡る全国ツアーとは対照的に、「夜会」が行われる場所は限定されている。

「夜会」は舞台セットを組む上で、床を剝がしたり、釘を打つことが必要になったりする。

その上に、雨や雪を降らしたり、水を流したり、舞台上でいろいろな試みが行われるため、それを許容するホールがなかなかないのだ。

1989年のスタートから、2004年まで渋谷のBunkamura シアターコクーンのみで上演し、その後はTBS赤坂ACTシアターへ場所を移している。

2006年に大阪公演が行われているが、基本的には1カ所のみの公演に限定している。

「夜会」DVD&Blu-ray

「夜会」はDVDやBlu-rayで観ることができる。

『夜会1990』

1989年の「夜会」は映像化されていないため、1990年上演のこの「夜会」が初の映像作品となる。

断片的なシチュエーションの中でそれぞれの役になりきった中島みゆきが歌っている。

観客相手に語りかけるようなセリフもあり、若干コンサートの雰囲気を残したような草創期の「夜会」である。

『ふたりは』『 Maybe』はこの「夜会」から生まれた曲だ。

研ナオコに提供して中島みゆきのCDでは未発表の曲『窓ガラス』も歌われている。

『二隻の舟』『彼女によろしく』『ミルク32』『流浪の詩』『窓ガラス』『うそつきが好きよ』『元気ですか』『クレンジング クリーム』『月の赤ん坊』『断崖 -親愛なる者へ-』『孤独の肖像』『強がりはよせヨ』『北の国の習い』『ショウ・タイム』『Maybe』『ふたりは』

『夜会VOL.3 KAN(邯鄲)TAN』

1991年に上演された。

中国の故事「邯鄲の夢」をモチーフにして作られた「夜会」としては初のストーリー作品。

クリスマスの夜に孤独を感じながらタクシーへ乗り込む女。

眠りに落ち、夢の中で、幼少から老婆になるまでの人生を生きる。

恋と女の一生を絡めた壮大なストーリーである。

『I love him』『殺してしまおう』はこの夜会のために書き下ろされた曲。

また、研ナオコに提供され、それまで未発表であった『La-La-La』も歌われている。

『涙 -Made in tears-』『トーキョー迷子』『タクシードライバー』『キツネ狩りの歌』『僕は青い鳥』『ロンリー カナリア』『ひとり遊び』『萩野原』『わかれうた』『ひとり上手』『さよならの鐘』『La-La-La』『サーチライト』『B.G.M.』『シュガー』『黄色い犬』『ふたつの炎』『傾斜』『殺してしまおう』『雪』『I love him』

『夜会VOL.4 金環蝕』

1992年に上演された。

古典と天文学がクロスした斬新な舞台。

岩戸に隠れてしまったアマテラスへ送る力強い舞と歌は感動を呼んだ。

『泣かないでアマテラス』『DIAMOND CAGE』はこの夜会から生まれた。

『C.Q.』『ほうせんか』『歌をあなたに』『エレーン』『遠雷』『冬を待つ季節』『世迷い言』『熱病』『真直(まっすぐ)な線』『やまねこ』『新曽根崎心中』『EAST ASIA』『二隻の舟』『DIAMOND CAGE』『泣かないでアマテラス』

『夜会VOL.5 花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせし間に』

1993年に上演された。

「雨月物語」「浅茅が宿」をモチーフに季節ごとに4人の「待つ女」を中島みゆきが演じ分けている。

『人待ち歌』はこの「夜会」から誕生した。

『どこにいても』『雨が空を捨てる日は』『家出』『バス通り』『笑わせるじゃないか』『人待ち歌』『信じ難いもの』『サッポロSNOWY』『ノスタルジア』『船を出すのなら九月』『遍路』『まつりばやし』『3分後に捨ててもいい』『りばいばる』『二隻の舟』『雨月の使者』『孤独の肖像1st.』『彼女の生き方』『テキーラを飲みほして』『たとえ世界が空から落ちても』『くらやみ乙女』『愛よりも』『人待ち歌』『夜曲』

雨月
中島みゆき『夜会VOL.5 花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせし間に』と「雨月物語」の関係|登場人物は幽霊?1993年11月14日~12月11日まで渋谷のBunkamura・シアターコクーンで上演された 『夜会VOL.5 花の色はうつりにけり...

『夜会VOL.6 シャングリラ』

中国のマカオを舞台に、母を騙して大富豪のもとへ嫁いでいった女への復讐劇。

中島みゆきは、年老いた母親とその娘という2役の視点で『誕生』を歌いあげた。

『生きてゆくおまえ』『思い出させてあげる』『子守歌』はこの「夜会」から生まれた。

『怜子』『煙草』『噂』『波の上』『南三条』『縁』『あの娘』『朝焼け』『五才(いつつ)の頃』『F.O.』『忘れてはいけない』『思い出させてあげる』『あり、か』『子守歌』『グッバイガール』『黄砂に吹かれて』『友情』『シャングリラ』『春までなんぼ』『二隻の舟』『生きてゆくおまえ』『誕生』

『夜会VOL.7 2/2』

1995年に上演された。

編集者の女は、アートデザイナーの恋人と暮らしていたが、ふとしたときに二重人格を発症してしまう。

自らが幸せになることを許さないもう1人の自分。

その正体を探るために、女は、自分のルーツを辿る旅へと出る。

この「夜会」から、全曲書き下ろし曲を歌い、その曲を後にCDで発表するというこれまでの逆の試みを行っている。

『TOURIST』『1人旅のススメ』『拾われた猫のように』『誰かが私を憎んでいる』『NEVER CRY OVER SPILT MILK』『この思いに偽りはなく』『1人で生まれて来たのだから』『途方に暮れて』『ハリネズミ』『市場は眠らない』『竹の歌』『紅い河』『7月のジャスミン』『自白』『目撃者の証言』『二隻の舟』『幸せになりなさい』

姉妹
『夜会VOL.17 2/2』のみんなの感想|『夜会VOL.7 2/2』との違い2011年に公演された『夜会VOL.17 2/2』についてみていこう。 1995年に公演された『夜会VOL.7 2/2』と何が違う...

『夜会VOL.8 問う女』

1996年に上演された。

地方局のアナウンサーの女は、言葉を使い捨てていく自分の生き方に虚しさを覚えていた。

ある日、日本語を話せない外国人娼婦との出会いをきっかけにして、言葉との向き合い方を見つめ直していく。

『誰だってナイフになれる』『エコー』『SMILE, SMILE』『台風情報』『RAIN』『JBCのテーマ』『公然の秘密』『女という商売』『二隻の舟』『あなたの言葉がわからない』『血の音が聞こえる』『未明に』『異国の女』『PAIN』

ゴンドラ
中島みゆき『夜会VOL.8 問う女』の特徴&みんなの感想1996年に上演された夜会、 『夜会VOL.8 問う女』 をみていこう。 『夜会VOL.8 問う女』の特徴 1996年11月...

『夜会VOL.10 海嘯』

1998年に上演された。

アメリカのレストランを経営する女には命を懸けても叶えたい夢があった。

その夢を叶えるタイミングがきて飛行機へ乗り込むが、持病の結核による喀血で、ハワイへと緊急着陸。

収容された療養所の人々の交流を通して、自分の生き方と向き合っていく。

『夢を叶えて』『夢の代わりに』『I am』『故国』『カレンダー』『知人・友人・愛人・家人』『空しき人へ』『二隻の舟』『難破船』『愛から遠く離れて』『Good Morning, Ms. YAMASHINA』『献灯』『白菊』『明日なき我等』『時効』『フロンティア』『紫の桜』『叶わぬ夢』『フロンティア』

波
中島みゆき『夜会VOL.10 海嘯』|一区切りとなった「夜会」1998年に上演された夜会、 『夜会VOL.10 海嘯』 をみていこう。 『夜会VOL.10 海嘯』の特徴 キャスト陣とのセ...

『夜会VOL.13 24時着 0時発』

2004年に上演された。

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」をモチーフに作られた。

過労で倒れた女は、不思議な世界へと誘われていく。

そこで女が出会ったのは、河を遡上する鮭たちだった。

『サヨナラ・コンニチハ』『線路の外の風景』『分水嶺』『フォーチュン・クッキー』『パーティー・ライツ』『闇夜のテーブル』『情婦の証言』『ティムを探して』『廃線のお知らせ』『遺失物預り所』『水を点して火を汲んで』『ミラージュ・ホテル』『メビウスの帯はねじれる』『DOORS TO DOORS』『リゾート・ラッシュ』『水の線路』『我が祖国は風の彼方』『三日月の湖(うみ)』『帰れない者たちへ』『月夜同舟』『命のリレー』『サーモン・ダンス』『二隻の舟』『無限・軌道』

『夜会VOL.14 24時着 00時発』

2006年に『夜会VOL.13 24時着 0時発』をリメイクし、再演。

『夜会VOL.16 〜夜物語〜本家・今晩屋』

2009年に上演された。

「安寿と厨子王」をモチーフに作られた。

輪廻転生が色濃く反映された和テイストの舞台。

『暦売りの歌』『百九番目の除夜の鐘』『夜をくだされ』『海に絵を描く』『旅支度なされませ』『私の罪は水の底』『逃げよ、少年』『愚かな禿』『らいしょらいしょ』『ちゃらちゃら』『憂き世ばなれ』『夜いらんかね』『都の灯り』『幽霊交差点』『安らけき寿を捨て』『有機体は過去を喰らふ』『十文字』『ほうれやほ』『十二天』『紅蓮は目を醒ます』『赦され河、渡れ』『天鏡』

『夜会VOL.17 2/2』

2011年に上演。

『2/2』は1997年にも再演され、本作で3度目の再演となる。

役者が変わり、ストーリー構成も変更が加えられ、新曲が追加されるなど、オリジナルを観た人でも、もういちど新たな気持ちで楽しめるだろう。

姉妹
『夜会VOL.17 2/2』のみんなの感想|『夜会VOL.7 2/2』との違い2011年に公演された『夜会VOL.17 2/2』についてみていこう。 1995年に公演された『夜会VOL.7 2/2』と何が違う...

『夜会VOL.18 橋の下のアルカディア』

2014年に上演された。

歌手の中村中石田匠が共演。

橋の下の街で店を営む占い師の女とバーのママ、そしてガードマン。

くりかえす前世の中で3人は関わりながら生きてきたことが明らかになっていく。

これもまた輪廻転生を描いた傑作。

『なぜか橋の下』『水晶球(スイショウキュウ)』『謎な女(ナゾナオンナ)』『問題集』『いらない町』『失せ物探し(ウセモノサガシ)』『恋なんていつでもできる』『いちど会ったらどうかしら』『大きな忘れ物』『猫なで声プリーズ』『川の音が聞こえる』『一族』『昔々あるところに』『捨て子選び』『すあまの約束』『男の仕事』『身体の中を流れる涙』『みのむし(鬼の捨て子)』『私と一緒に』『猫籠(ネコカゴ)』『人柱(ヒトバシラ)』『人間になりたい』『どうしてそんなに愛がほしいの』『雨天順延』『ペルシャ』『袋のネズミ』『シャッター街』『二隻の舟』『一族』『呑んだくれのラヴレター』『一夜草(イチヤソウ)』『毎時200ミリ』『国捨て(クニステ)』『India Goose』『私と一緒に』

『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』

歌手の渡辺真知子との共演。

「夜会」のために書き下ろされた新曲にすでに発表された曲も織り交ぜられている。

北海道の山奥にあるホテル。

その中にあるパブを舞台に様々な人間模様が描かれる。

『渡らず鳥』『何か話して』『リトル・トーキョー』『野ウサギのように』『大雪警報』『BA-NA-NA』『カナリア』『いつ帰ってくるの』『思い出だけではつらすぎる』『勝(か)ち女(おんな)』『招かれざる客』『テキーラを飲みほして』『後悔はないけれど』『ねぇ、つらら』『LOVERS ONLY』『氷女(こおりおんな)』『ずれてるあたしたち』『大人たちはみんな』『捨て石』『紅灯の海』『梅(うめ)が枝(え)』『月虹(げっこう)』『二隻の舟』『放生(ほうじょう)』

狼
中島みゆき『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』のみんなの感想&裏話|DVD&Blu-ray2019年に上演された『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』についてみていこう。 『夜会VOL.20 リトル・トーキョー』のみんなの...

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Musi...

 

ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。