中島みゆき『悪女』の裏話|制作秘話からアンサーソングまで

悪女

1981年の中島みゆきのシングル曲『悪女』

1週間オリコンチャート1位を記録した1980年代を代表するヒット曲だ。
この曲から透けて見える当時の時代背景や、制作秘話、この曲にまつわる有名人のエピソードまで色々みていこう。

この記事は、

  • 『悪女』の制作秘話
  • 「土曜でなけりゃ 映画も早い」にみる時代背景
  • 『悪女』にまつわる有名人エピソード

について書いてます!

夢おじ子
夢おじ子
中島みゆきの曲を全て聴いてきたファン歴30年以上の夢おじ子が解説!

中島みゆき『悪女』


作詞・作曲 中島みゆき

編曲 船山基紀

⇒『悪女』を今すぐ聴きたい!

オリコン1位を記録した曲

1981年10月21日にリリースされた『悪女』
1978年の『わかれうた』に次ぐ、週間オリコンチャート1位を獲得
80万枚を超えるセールスを記録し、1982年度年間オリコンチャートでも6位にランクイン。

『悪女』の制作秘話

「行かないで」は別録り

サビ部分にインサートされる「行かないで」というセリフは中島みゆきの声によるもの。
1992年「月刊カドカワ」11月号の中で、このセリフのみ、別録りしていることを明かしている。
メイン部分のレコーディングは、このセリフを抜いた形で歌われたが、その時のスタッフの表情は不安顔だった。

中島みゆき曰く、
「このひとことを抜いて聴くと、ストーリーのよくわからんものなるのであった」
とのこと。

では、確認していただこう。

「悪女になるなら 月夜はおよしよ
 素直になりすぎる
 隠しておいた言葉が ほろり
 こぼれてしまう「行かないで」」
(『悪女』より)

アレンジはジョン・レノンを意識

2021年3月7日放送の「輝き続ける中島みゆき」(BSフジ)に『悪女』の編曲を手掛けた船山基紀が出演。
『悪女』のアレンジについて語っている。

当時は、職業作家(編曲家)が廃れ、アマチュアバンドが台頭していた頃で、船山にとっては、音楽業界で生き残っていくための試練の時期だった。

『悪女』については、1つ1つの音にこだわっていった。
冒頭に流れるピアノは、洋楽のジョン・レノンや、シカゴにあやかって作ったものだ。
斬新なサウンドであったが、当時の中島みゆきは軽々と自分の世界へ取り込んでいったと、船山は語る。

「土曜でなけりゃ 映画も早い」の時代背景

「土曜でなけりゃ 映画も早い
 ホテルのロビーも いつまで居られるわけもない」
(『悪女』より)

当時、土曜日にオールナイトで上映していた映画館が多くあったようだ。
レイトショーとは違い、朝まで立て続けにいくつかの映画を上映する形式。
『悪女』の主人公のように、始発の電車までの時間つぶしにはうってつけなのだ。

手拍子で盛り上がれる稀な曲

1991年「月刊カドカワ」11月号のインタビューで、『悪女』が出てくるまで、中島みゆきのコンサートではいまいち盛り上がれる曲がなかったと明かしている。
客の中には、『怜子』という盛り上がれるはずのない曲で手拍子するツワモノがいたが、『悪女』の登場により、そのような光景は見かけなくなったという。

⇒『怜子』の記事はコチラ

『悪女』にまつわる有名人エピソード

満島ひかり

『悪女』は、故郷の沖縄へ帰ると、飲んだくれた親戚のおじさんがよく歌ってくれた曲だという。
「歌手が歌う歌より、農民が歌う歌の方がすばらしいんだ!」
そんなことを言いながらギターの弾き語りで満島ひかりに聴かせていた。

さだまさし

2016年5月14日放送の「一流が嫉妬したスゴい人」(フジテレビ)に出演したさだまさしが、嫉妬した1曲に挙げた曲が『悪女』
中島みゆきの純情がよく表れているという次の歌詞を引用している。

「悪女になるなら 月夜はおよしよ
 素直になりすぎる
 隠しておいた言葉が ほろり
 こぼれてしまう「行かないで」
 悪女になるなら
 裸足で 夜明けの電車で泣いてから
 涙ぽろぽろ ぽろぽろ
 流れて 涸れてから」
(『悪女』より)

夜明けの電車で涙を出し切ろうとする描写には、思いを持て余して気持ちが捩れつつも、そのシャイさを強さに変えていこうとする努力が表れている。
すっかり魅了されてしまったさだは、1982年に『まりこさん』というアンサーソングを発表している。

⇒さだまさし『まりこさん』(レコチョク試聴あり)

『まりこさん』は1982年のさだまさしのアルバム『夢の轍』に収録されている。
歌の主人公であるまりこさんは、外面は強気で破天荒な女。
だが、ふいに「さびしい」と本音をもらすあたりや、「上手な嘘つきの男に逢いたい」と浮気に懲りてるあたりなんかは、『悪女』を彷彿とさせる。

篠田麻里子(AKB48)

2019年6月14日放送の「金曜日のどっち!?」(テレ朝)に出演した篠田麻里子は、AKB48のオーディションで『悪女』を歌ったことを明かしている。
モーニング娘。など定番曲を歌う参加者と差別化するための、篠田なりの戦略であったが、秋元康からは「あざとい」と不評で、結果、不合格になった。

⇒『悪女』を今すぐ聴きたい!

『悪女』はこんな曲

恋人の浮気心を知ってしまった女は、自ら嫌われようとして、別の男と夜遊びする悪女を演じる。

「悪女になるなら 月夜はおよしよ
 素直になりすぎる
 隠しておいた言葉が ほろり
 こぼれてしまう「行かないで」」
(『悪女』より)

『悪女』のみんなの感想

カバーしたアーティスト

中森明菜

2009年のカバーアルバム『フォーク・ソング2 〜歌姫哀翔歌』に収録。

⇒中森明菜『悪女』(レコチョク試聴あり)

クレモンティーヌ

2003年のアルバム『Clé』に収録。
「トヨタ スパシオ」のCM曲に起用された。

⇒クレモンティーヌ『悪女』(レコチョク試聴あり)

畑中葉子

1982年のアルバム『強行突破』に収録。

⇒畑中葉子『悪女』(レコチョク試聴あり)

『悪女』をフルで聴く方法

単品購入

⇒『悪女』(レコチョク試聴あり)

収録アルバム

『Singles』

デビューした1975年から1986年までのシングルを収録したコレクションアルバム第1弾。

【収録曲】
『やまねこ』『シーサイド・コーポラス』『見返り美人』『どこにいても』『あたいの夏休み』『噂』『つめたい別れ』『ショウ・タイム』『孤独の肖像』『100人目の恋人』『ひとり』『海と宝石』『あの娘』『波の上』『横恋慕』『忘れな草をもう一度』『誘惑』『やさしい女』『悪女』『笑わせるじゃないか』『あした天気になれ』『杏村から』『ひとり上手』『悲しみに』『かなしみ笑い』『霧に走る』『りばいばる』『ピエロ』『おもいで河』『ほうせんか』『わかれうた』『ホームにて』『夜風の中から』『忘れられるものならば』『こんばんわ』『強い風はいつも』『時代』『傷ついた翼』『アザミ嬢のララバイ』『さよなら さよなら』

⇒レコチョクで購入(試聴あり)

⇒『Singles』の解説&みんなの感想

『寒水魚』

1982年リリースのオリジナルアルバム。
こちらの『悪女』は、後藤次利によるロック調のアレンジが施されている。

  • オリコン1位を獲得した『悪女』のアルバムバージョン
  • 国語の教科書に掲載された『傾斜』

を含む全9曲。

【収録曲】
『悪女』『傾斜』『鳥になって』『捨てるほどの愛でいいから』『B.G.M.』『家出』『時刻表』『砂の船』『歌姫』

⇒レコチョクで購入(試聴あり)

⇒『寒水魚』の曲解説&みんなの感想

『歌暦』

1986年の12月に両国国技館で行われたコンサート「歌暦Page86 -恋歌-」の模様を収録した中島みゆき初のライブアルバム。
こちらの『悪女』はアップテンポなロックサウンドに仕上げられている。

  • アマチュア時代に作られた『クリスマスソングを唄うように』

を含む全14曲。

【収録曲】
『片想’86』『狼になりたい』『悪女』『HALF』『鳥になって』『クリスマスソングを唄うように』『阿呆鳥』『最悪』『F.O.』『この世に二人だけ』『縁』『見返り美人』『やまねこ』『波の上』

⇒レコチョクで購入(試聴あり)

⇒『歌暦』の解説&みんなの感想

『悪女』を今すぐ聴きたい!(無料お試し期間実施中!)

『悪女』はお手持ちのスマホ・パソコン・タブレット端末で今すぐ聴くことができる。

「Amazon Music Unlimited」なら、月額980円(プライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲(カップリング含む)が聴き放題!!
(※1975年版『時代』、映画主題歌バージョン『瞬きもせず』は含まない)

もちろん中島みゆき以外のアーティスト曲も聴くことができる。
その数、7,500万曲以上!!

クレモンティーヌや畑中葉子がカバーした『悪女』も聴くことができる!

新規登録の場合、無料お試し期間があるので安心!

⇒登録はコチラ
【公式サイト】

\お試し期間中でも解約OK/

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日より、ついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Mus...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきファン歴30年以上 中島みゆきという人間や、曲にまつわるエピソードについて、資料を読み漁っています。