中島みゆき『ピアニシモ』はヤマハ社長の川上源一がモデル

歌

2012年10月24日に発売された39作目のアルバムに収録されている
『ピアニシモ』
をみていこう。

中島みゆき『ピアニシモ』

 

『ピアニシモ』(レコチョク)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

収録アルバム

『常夜灯』

『常夜灯』(レコチョク)

2012年10月24日に発売された39作目のオリジナルアルバム。

日本テレビ系ドラマ『東京全力少女』の主題歌である『恩知らず』や、東日本大震災で被災した東北への応援歌ではないかと見られている『倒木の敗者復活戦』、舞台劇『真田十勇士』の主題歌である『月はそこにいる』を含む全12曲。

『ピアニシモ』は2曲目に収録されている。

『中島みゆき ライブ リクエスト -歌旅・縁会・一会-』

『中島みゆき ライブ リクエスト -歌旅・縁会・一会-』(レコチョク)

コチラはライブバージョンの『ピアニシモ』

2007年『歌旅』、2012~13年『縁会』、2015~16年『一会』の3つのコンサートツアーの音源が1枚に収められたライブアルバム。

『ピアニシモ』は、2015~16年の『中島みゆきConcert「一会」2015〜2016』で歌われたもの。

他には、『時代』『糸』『あした』『世情』など名曲を含む全12曲。

『ピアニシモ』のモデルは川上源一

歌詞の内容

『ピアニシモ』は、大きな声で歌うことをヨシとしてきた「私」が、とある人から「ピアニシモで歌ってください」とリクエストされるという内容。

ピアニシモというのは音楽用語で「更に弱く」「ごく弱く」という意味だ。

「私」が戸惑いつつも言われた通りにピアニシモで小さく歌うと、今まで聴こえなかった誰かの「気弱な挨拶」が耳に届くようになったという美しいオチ。

実は、この「ピアニシモ」をリクエストした歌の中の人物は、川上源一がモデルにされているようなのだ。

川上源一とは?

川上源一とは、中島みゆきが所属するヤマハの4代目社長で、中島みゆきが世に出るきっかけを作った『ヤマハポピュラーソングコンテスト』や『世界歌謡祭』を発案した人物。

1975年『第10回ヤマハポピュラーソングコンテスト』『時代』を歌い見事グランプリに輝いた中島みゆきだったが、実は、その裏では審査員たちの多くが因幡晃『わかって下さい』を推していたのだった。

だが、川上源一の「将来性を感じる」という声で、グランプリの座が中島みゆきの方へと傾いていったのだ。

中島みゆきにとって恩人でもあり育ての親であるというのは、CDのクレジットの最後に必ず「DAD川上源一」と記載があることからも分かる。

時代
中島みゆき『時代』の裏話|『時代』と中島みゆきの父親との関係1975年12月21日に発売された2作目のシングル、 『時代』 をみていこう。 中島みゆきを語る上で避けて通れないこの曲。 ...

コンサートでモデルが明らかにされる

コンサート『中島みゆきConcert「一会」2015~2016』の中でも中島みゆき本人が『ピアニシモ』について言及している。

名前こそ明らかにしなかったものの、「所属してる会社のトップの人」が曲のモデルであることを明かした。

川上源一は歌い方にリクエストする人

だがしかしヤマハの社長が、「ピアニシモで歌ってください」などと歌い方に注文するものだろうか?

答えはイエスだ。

1975年『第10回ヤマハポピュラーソングコンテスト』でグランプリを獲った中島みゆきに、

「大音量の伴奏なしでギター1本で歌った方が、より人に詞の内容が伝わるだろう」

とアドバイスしているし、逆に、80年代にはサウンド志向型へと傾いた中島みゆきのスタイルに、

「こんな歌引っ込めて何考えてんだ?」

と難色を示すなど、『ピアニシモ』の歌詞の通りリクエストする人なのだ。

川上源一と思わせる歌詞

2002年、川上源一は老衰のためこの世を去った。

その告別式に出席した中島みゆきはお別れに『時代』を独唱した。

それから10年後、『ピアニシモ』が発表される。

歌詞には、

「あの人に会えるなら伝えたい
 あの人はもう この町にいないから
 私はピアニシモで歌っていますと」

とある。

「この世にいない」とは言わずに「この町にいない」というところが中島みゆきらしい。

10年という節目にDAD川上源一に語りかけたかったのではないだろうか。

中島みゆき本人動画

『中島みゆきConcert「一会」2015〜2016』

2016年11月16日に発売されたライブ映像DVD。

2015~16年のコンサート『「一会」2015〜2016』の中で『ピアニシモ』が歌われている。

他には、『旅人のうた』『命の別名』『麦の唄』『浅い眠り』など名曲を含む全20曲。

『ピアニシモ』のみんなの感想

『ピアニシモ』はこんな人に歌ってあげよう

大声あげて必死な人を見つけたら、歩み寄って『ピアニシモ』を歌ってあげよう。

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Music ...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。