テレビ

有吉弘行&夏目三久結婚記念特別企画|有吉弘行&夏目三久&マツコデラックスが語る中島みゆき|テレビ朝日「ナツメのオミミ」より(2012年9月23日放送)

結婚

2012年9月23日にテレビ朝日で放送された「ナツメのオミミ」の中で夏目三久有吉弘行マツコ・デラックスが各々の中島みゆき論を熱く語っていたので、その模様をまとめてみた。

きっかけは有吉弘行

以前、有吉弘行が車の中で中島みゆきの曲を流しているという話をした割には、その話を深くはしなかったことにマツコ・デラックスは不満を抱いていたようだ。

有吉いわく、車に乗ってる時にかける曲は中島みゆきオンリーだという話をべつの番組内でしたところ、夏目三久だけがまったく関心を持たなかったため、その話題を中断せざるをえなかったのだが、それに対し、夏目が弁解、

夏目「いえいえ、興味がないワケじゃないですけど、中島みゆきさん、そんなに触れる機会がなかったです私は」

有吉「女性ならみんな好きだと思ってるから俺は」

マツコ「それも極論だと思うけどね」

とは言いつつも、あの偉大な中島みゆきの話題を前にあっさりすぎる夏目の反応がマツコには納得がいかない。

ということで、今回、この番組の枠を借りて、とことん中島みゆきについて論じ合うことになった。

有吉とマツコの中島みゆきファン度数

有吉「どれくらい前から聴いてるんですか?」

有吉に中島みゆき歴を尋ねられたマツコは、

マツコ「中学高校くらいだけど。
    でも、みゆきさんのファンってすっごいコアな人がいるから。
    そういう人たちにとっては、「オマエなんかファンじゃないよ」という程度よ」

有吉「最初から釘うっとくけど、俺はベストしか持ってないんだよ」

弱腰な有吉に、「ベストしか持っていないファン」という立場で堂々と意見を言えと喝を入れる。

どういう時に中島みゆきを聴くのか?

有吉弘行はどんな時に中島みゆきを聴くのだろうか。

有吉「お台場なんか仕事があるときに、ちょっと早めに出て、お台場の海浜公園で楽しそうに歩いてるカップルとか家族連れを見ながら。車の中で『わかれうた』聴いてやんの」

『わかれうた』(レコチョク試聴あり)

マツコ「それは、中島みゆきさんとしてはどうなんだろう。
    私は、ちょっとリセットしたい時に聴く。
    忙しいことにかまけて、ものを考えたり、過去をふり返ったりすることを忘れてるときに、ポイントとなる歌があるのよ。
    それを聴いて、初心に返る。
    しょっぱい思いをもっかいしようっていうね」

一方の有吉は、中島みゆきの曲の中に自分を投影しているという。

有吉「中島みゆきさんの本来の意味はどうか分かんないんだけど、自分の勝手な解釈で投影してる」

マツコはその聴き方に賛同する。

マツコいわく、中島みゆきの曲は限定的な女子高生の失恋しか想像できない低品質な歌とはハッキリ区別されるモノだそう。

マツコ「恋愛の歌でも人生と置きかえることもできる」

勝手に自分が投影できるくらい大きなものを歌っているというのだ。

夏目「じゃ聴いたら泣いちゃいます?」

マツコ「ナンダコノヤロ……」

夏目の浅いひとことがマツコの逆鱗に触れたようだ。

夏目は泣くことで心をリセットできると考えているようだが、これに対しマツコが吠える。

マツコ「あのね、泣こうと思ったら泣けないね。
    みゆきで泣こうとは思ってない。
    みゆきはむしろ、「考える」」

わかれうた
中島みゆき『わかれうた』で必ず議論になる歌詞の部分|カバーしたアーティスト1977年9月10日に発売された5作目のシングル 『わかれうた』 をみていこう。 中島みゆきにとって初のヒット曲。 自身...

マツコ・デラックスが聴く『タクシードライバー』

熱く中島みゆきを語るマツコ・デラックスだが、自分を勝手に投影できる中島みゆきの曲として挙げたのが『タクシードライバー』

『タクシードライバー』(レコチョク試聴あり)

1979年のアルバム『親愛なる者へ』に収録されているこの曲をスタジオに流す。

聴き終えてまず有吉が言い放った一言、

有吉「コレは自己投影しそうだな」

この曲の歌詞とダブる思い出がマツコにはあるようだが、それよりも、この曲はマツコ自身の日常らしい。

さて、このダブる思い出というのが気になる。

マツコはそれについて語ってくれた。

それはフリーのライターとしてがんばってみようと、それまで勤めていた職場に辞表を出した年の大晦日のこと。

当時、マツコは交際していた男にフラれた。

ちょうど20世紀から21世紀へ移り変わる頃の年の瀬。

マツコは一人タクシーを拾って、家へ向かった。

その車内。

窓から見える街は、曲の歌詞にあるようにバカ騒ぎして浮かれていた。

マツコ「私はなにもかも失ったワケですよ。
    仕事もプライベートも。
    泣いちゃったんですね私」

だが、その時のタクシードライバーの優しい対応にマツコは救われた。

マツコ「優しい運転手さんで、「ま、そういう時もあるよね」って声掛けてくれて。
    でも、大泣きしてるオカマに共通する話もないじゃない?
    だけどその初老の運転手さんが、「バカみたいだねコイツら、年が変わるだけだってんのに、こんな大騒ぎして、何が楽しいのかねぇ」って言うワケよ」

最初はメンドくさそうに流していたマツコだったが、よく聞くと自分の浮かれた世間への怒りをほぼその運転手が代弁していることに気づく。

有吉「それは一生中島みゆきを裏切れないよね」

もちろんこの出来事よりずっと前から『タクシードライバー』という曲は存在しているワケなのだが、マツコはあまりにも、自分の体験とこの歌がリンクするので、「コレみゆき、私のために作ってくれたのかしら」と驚きを隠せなかったという。

今でこそ芸能界で身を立てているマツコだが、この曲は、前よりいっそうやけっぱちになりそうな自分を戒める曲だという。

ところでマツコは、この曲に登場するタクシードライバーに自分なりの設定をあてがっている。

マツコ「タクシードライバーってのはさ、苦労人って言い方してるけど、おそらく元悪かったみたいな設定だって私は思ってんのよ。
    もの凄いツラい思いをいっぱいしてきてる人たちじゃない?」

女の子との会話が不得手なのに、なんとか励まそうとラジオの声を拾い、繰り返し話題にするその不器用さ。

昔なら、そんなタクシードライバーの気持ちには目がいかなかったマツコだった。

マツコ「あくまでもされてる側の人の一人称で終わっていたワケですよ。
    でも、これをタクシードライバーの側からのストーリーにしたらどうなるんだろうって思って考えるようになった時に、この歌に対する解釈が丸っきり変わったというか、       「生きるってツラくて当たり前よね」っていうね」

有吉「みゆきさんの実体験に基づいた曲ではないんですよねコレ?」

この有吉の疑問から歌の中に登場する女性像に話が及ぶ。

マツコ「一瞬聴くと、中島みゆきさんの描く女性って、どうしようもなく弱くて、すぐに男にフラれて、のたうち回って泣き叫んでるだけみたいな女にとられがちだけど、私、ものすごい芯の強い人だと思って」

それを象徴する歌としてマツコは『わかれうた』を挙げる。

『わかれうた』(レコチョク試聴あり)

「途に倒れて だれかの名を
 呼び続けたことが ありますか」

という歌詞に、

マツコ「男にフラれたからって、途に倒れてその男の名前叫ぶ?
    それが出来てる時点で、そうとうの女だと思うのよね」

その歌の女性像から推察する中島みゆきはその辺の弱々しい女であるはずはない。

そう踏むマツコは中島みゆきの曲に暗さ以外のものを感じているようで、

マツコ「「すごい生命力のある人のことを歌っているんだな」って後で気づいたときは、むしろ泣かなくなったね」

運転手の手
マツコ・デラックスが語る中島みゆき『タクシードライバー』1979年3月21日に発売された5作目のオリジナルアルバムに収録された 『タクシードライバー』 をみていこう。 とある番組でマ...
わかれうた
中島みゆき『わかれうた』で必ず議論になる歌詞の部分|カバーしたアーティスト1977年9月10日に発売された5作目のシングル 『わかれうた』 をみていこう。 中島みゆきにとって初のヒット曲。 自身...

有吉弘行が聴く『ホームにて』

有吉弘行がお気に入りの中島みゆきの曲はというと『ホームにて』だ。

『ホームにて』(レコチョク試聴あり)

この曲を知るきっかけとなったのが先輩芸人の上島竜平

カラオケでこの曲を号泣しながら歌っているのを聴いて、だんだん好きになっていったという。

そして、スタジオに『ホームにて』が流される。

聴き終えた有吉はうっすら涙を浮かべながらこの曲について語り始める。

マツコ同様、この曲には有吉もまた自分の人生を投影していた。

それは、大阪でオール巨人に弟子入りし、その後、兄弟弟子と喧嘩したことでクビになり、実家の広島に帰るときのコト。

故郷に帰る惨めな自分が、この曲を聴くと思い出され、つい涙ぐんでしまうのである。

さらにこの曲から思い出されるもう1つのエピソードがある。

有吉の東京時代、同じく芸人を目指し上京していた弟が夢破れ故郷へ帰るときのコト。

東京駅のホームで見送った有吉は、弟の惨めな気持を痛いほど感じたという。

それゆえ、この曲を聴くと、つい感情が入ってしまうのだ。

電車
中島みゆき『ホームにて』|有吉弘行が『ホームにて』が好きな理由1977年9月10日に発売された5作目のシングルのカップリング曲 『ホームにて』 をみていこう。 多くのドラマやCM曲にもなり...

夏目三久が聴く『誕生』

夏目「私も好きな曲あります」

ここで中島みゆきには無関心と思われた夏目が驚きの発言をする。

夏目「私が落ち込んだときなんかに聴く曲が中島みゆきさんの曲です」

その曲というのは、1992年のシングル曲『誕生』だ。

『誕生』(レコチョク試聴あり)

これは、高校3年生のときの合唱コンクールでみんなで歌った曲だという。

「みんなで違う方向に歩いていくけれども、いつでも思いだそ、自分は1人じゃないよ、生まれてきてくれてありがとう、最初に聞いたウェルカム」

そんなメッセージを夏目はこの曲を受け取ったというが、マツコは夏目の解釈に物足りなさを感じる。

『誕生』の、

「ひとりでも私は生きられるけど
 でもだれかとならば
 人生ははるかに違う」

という出だしの歌詞を引用し、

マツコ「一人なのよだから。
    一人なの。
    コレが分かったうえで一人で生きていくっていう歌なのよ」

誰かに頼ることがどんなに心許ないコトか夏目にマツコが念押しする、

マツコ「一人で生きていくわね?」

夏目「……(苦笑い)ハイ」

そんな夏目三久だが、2021年4月2日に隣にいる有吉弘行と結婚することを発表した。

おめでとうございます。

誕生
中島みゆき『誕生』|エピソード&歌詞に込められた意味1992年3月4日に発売された27作目のシングル 『誕生』 をみていこう。 『誕生』が生まれた経緯や、そこに込められた中島みゆ...

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Musi...

 

ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。