アルバム

中島みゆき初のライブアルバム『歌暦』の全曲解説&みんなの感想

ライブ

1987年2月21日に発売された中島みゆき初のライブアルバム
『歌暦』
の全曲解説&みんなの感想をみていこう。

中島みゆき『歌暦』の特徴

 

『歌暦』(レコチョク試聴あり)

1987年2月21日に発売された中島みゆき初のライブアルバム。

1986年12月18日から4日間、両国・国技館で行われたコンサート「歌暦Page’86恋唄」の模様が収められている。

ちなみに、中島みゆきは、MCの中で、「今日はライブを録っているのよ」と観客に伝えている。

ライブ会場の様子

1987年「GB」3月号の平山雄一のレポートによると、モノトーンのシンプルなステージで、黒を基調としているものの、熱いといった感情が漂う色だったという。

『歌暦』のみんなの感想

全曲解説

『片想’86』

『片想’86』(レコチョク試聴あり)

コンサートの1曲目に歌われた曲。

1987年「GB」3月号の平山雄一のレポートによると、中島みゆきはCDジャケットの赤いじゅばん姿と裸足でステージに現れ、アコースティックギターを抱え、「今年はあたしはこうでした」と語った後に、この曲を始めている。

「恋唄」と銘打った今回のライブは、中島みゆきの等身大の恋が前面に歌われているのである。

歌詞解釈

片想いであると分かったならば潔く身を引きたいものである。

だが、心でそんなこと分かっていても、掴んだ相手の袖を離せないでいる自分がいる。

「手を放せ 早く すがる袖から
 うかれているのはおまえだけ」

『狼になりたい』

『狼になりたい』(レコチョク試聴あり)

1979年のアルバム『親愛なる者へ』に収録されていた曲であるが、オリジナルと比べると語りかけてくるような臨場感が増している。

サビ部分からかけては1980年代後半の「御乱心の時代」ならではのロック仕様。
コーラスとのハーモニーがまた耳に心地良い。

歌詞解釈

牛丼屋の吉野家に集う、ちょっとクセのある客たちを描いている。

思い通りにならない心は、夜明け間際の牛丼屋でいっそこじらせていく。

「狼になりたい 狼になりたい ただ一度」

吉野家
『狼になりたい』に出てくる吉野家は中島みゆきとは切っても切れない関係1979年3月21日に発売された5作目のオリジナルアルバムに収録された 『狼になりたい』 をみていこう。 歌詞に出てくる吉野家...

『悪女』

『悪女』(レコチョク試聴あり)

入りのサックスフォンからスピード感溢れる新しい形の『悪女』だ。

ノリがどんなによくても歌詞のあの切ない世界観は損なわれていない。

歌詞解釈

男は自分に隠れて浮気をしているようだ。

とっくにそのことを知っている女は、自ら嫌われてこの恋を終わらせようと慣れない悪女を演じる。

「悪女になるなら 月夜はおよしよ
 素直になりすぎる
 隠しておいた言葉が ほろり
 こぼれてしまう「行かないで」」

悪女
中島みゆき『悪女』について|さだまさしが作ったアンサーソングとは?1981年10月21日に発売された11作目のシングル 『悪女』 をみていこう。 1980年代の中島みゆきの代表曲。 この...

『HALF』

『HALF』(レコチョク試聴あり)

1986年のアルバム『36.5℃』に収録されている曲。

この当時の中島みゆきとしては珍しいロックバラード。

オリジナルの「もう一度誓いなおすことができるなら」という歌詞は、こちらのバージョンでは、「もう一度伝えなおすことができるなら」と変更されている。

歌詞解釈

恋をすると魂が半分になったような気がする。

完全な1つの魂を求めるならば、もう半分の魂が必要なのだ。

むろん、その半分は想いを寄せる男の方が持っているのだが。

「次に生まれて来る時は めぐり会おうと誓ったね
 次に生まれて来る時は 離れないよと誓ったね」

『鳥になって』

『鳥になって』(レコチョク試聴あり)

1987年「GB」3月号の平山雄一のレポートによると、ここからバンドメンバーが去り、黒のノースリーブのドレスに衣装替えした中島みゆきが1人ステージに残される。

『鳥になって』は、1982年に収録されている曲。

オリジナルはストリングスアレンジが加えられていたが、こちらは原点に戻ってギターの弾き語りで歌われている。

曲によって、ロックとフォークのはざまで両極端に振り切れているのが、この時の中島みゆきの味わい深いところである。

歌詞解釈

付き合っている男は、まだ昔の女のことを忘れられないでいる。

女は窓にうつった自分がその昔の女と似ていることに気づき、身代わりだということを思い知る。

「眠り薬をください 私にも
 子供の国へ 帰れるくらい」

『クリスマスソングを唄うように』

『クリスマスソングを唄うように』(レコチョク試聴あり)

1987年「GB」3月号の平山雄一のレポートによると、ステージにはプレゼントが届けられたらしい。

「クリスマスツリーと花束とカップメン。
これで私のクリスマスになった」

このコンサートはクリスマスまで1週間もない日に行われている。

この流れで弾き語りで歌われたのがこの曲。

アマチュア時代に作られた唯一のクリスマスソングだという。

歌詞解釈

クリスマスソングはクリスマスの日にしか歌われない。

自分もその日だけ愛されるだけのクリスマスソングになりたい。

「クリスマスソング唄うように 今日だけ愛してよ
 暦変われば他人に戻る」

クリスマス
クリスマスに1人で聴きたい中島みゆきの曲3選中島みゆきとクリスマス。 あまりピンとこない組み合わせであるが、中島みゆきもちゃんと歌の中でクリスマスをやっているのだ。 と...

『阿呆鳥』

『阿呆鳥』(レコチョク試聴あり)

このライブアルバムには短いながらもMCも入っている。

このトラックに入っているMCには、当時の音楽へ対する中島みゆきの思いが語られている。

それまで弾き語りのイメージが強かった中島みゆきだったが、音楽の新たな方向性を模索していたいわゆる「御乱心の時代」に突入し、外野からは否定的な声も少なくなかった。

彼らに対して、

「ただね、正直になりたいの」

これがこの時の中島みゆきの回答である。

歌詞解釈

警戒心が全くないというのがこのアホウドリの習性。

恋愛においてもこれくらい神経が図太ければ気が楽である。

「忘れます 忘れます
 あんたが好きだったって こともね」

『最悪』

『最悪』(レコチョク試聴あり)

1986年のアルバム『36.5℃』に収録されているロックど真ん中の曲。

このアルバムは甲斐よしひろがプロデュースしてることもあり、かなりクセの強い曲に仕上がっている。

歌詞解釈

恋に破れたミュージシャンが酔いつぶれて帰った先の部屋。

そこでラジオから流れていたのは、皮肉にも、女のために歌った自分の歌だった。

「Brandy night あいつのために歌った歌が
 Brandy night ちょうど流れて来たりしたら
 最悪だ」

『F.O.』

『F.O.』(レコチョク試聴あり)

こちらも1986年のアルバム『36.5℃』の収録曲。

「F.O.」とはフェイドアウトのこと。

横文字を前面に出してくるのもこの当時の中島みゆきの特徴。

歌詞解釈

恋に対する見解は男と女では違うものかもしれないが、恋の終わり方ですら考えがくいちがうと、ますます冷めてしまう。

「僕の望みはフェイドアウト
 君の望みはカットアウト
 ますます冷める恋心」

『この世に二人だけ』

『この世に二人だけ』(レコチョク試聴あり)

「私、今年はこの曲を最後に歌いたかった」というMCの後に歌った曲。

1983年のアルバム『予感』に収録されている曲だ。

歌詞解釈

妻帯者に恋心を寄せる女。

不毛だと分かりつつも、この世に自分とその男が取り残されたことを妄想する。

が、その妄想の中でも、妻帯者は自分を選ばないという悲しいオチが待っている。

「二人だけ この世に残し
 死に絶えてしまえばいいと
 心ならずも願ってしまうけど
 それでもあなたは 私を選ばない」

『縁』

『縁』(レコチョク試聴あり)

中盤、歌声が遠くなるが、録音ミスではない。

1987年「GB」3月号の平山雄一のレポートによると、中島みゆきは「マイクを離れ、肉声を国技館に響かせる」とある。

ありとあらゆる可能性を模索していたこの時期ならではの試みである。

歌詞解釈

世の中は通り過ぎるだけの縁なき人たちばかりである。

一方で、どんなに離れていても引き合うような強い縁というのもある。

自分が想いを寄せるあの人はいったいどちらなのだろうか。

「河よ 教えて泣く前に
 この縁は ありやなしや」

『見返り美人』

『見返り美人』(レコチョク試聴あり)

ここからはアンコールで歌われた曲だ。

『見返り美人』はこのライブバージョンも含めて、4つのバージョンがある。

こちらのライブバージョンは、シングルバージョンに極めて近い。

歌詞解釈

フラれた女は惨めだけじゃない。

いつか綺麗になって見返そうと、そこから這い上がっていくタフさがある。

「アヴェ・マリアでも 呟きながら
 私 別人 変わってあげる
 見まごうばかり 変わってあげる
 だって さみしくて 見返りの美人」

見返り美人
中島みゆき『見返り美人』のPV撮影舞台裏1986年9月21日に発売された19作目のシングル 『見返り美人』 についてみていこう。 中島みゆき『見返り美人』 『見...

『やまねこ』

『やまねこ』(レコチョク試聴あり)

少し息継ぎ辛そうに歌っているのもライブの醍醐味。

『やまねこ』はまさに「御乱心の時代」をモロに反映している1曲だ。

歌詞解釈

女に生まれてきたことからすでに悲劇は始まっていたらしい。

女は愛そうと思えば思うほどその生まれ持った爪で傷つけてしまうのだ。

「傷つけるための爪だけが
 抜けない棘のように光る
 天からもらった贈り物が
 この爪だけなんて この爪だけなんて」

『波の上』

『波の上』(レコチョク試聴あり)

ラストの1曲。

中島みゆきには珍しく、感極まってか、途中、声を震わせる一幕がある。

同時に、それを励ますような観客たちの声援が重なり、ライブならではのコミュニケーションが感じられる。

歌が終わり、中島みゆきは観客に向かってこう言う。

「こんばんわ。
 中島です」

それは、「中島みゆきのオールナイトニッポン」の最終回、リスナーとの別れ際に放った言葉だった。

歌詞解釈

酒を飲みながら思い出してしまうのは惚れてた男のこと。

いずれ忘れるだろうとは分かっていても、今夜はイカれたハートのまま酔いつぶれる。

「遠いエデン行きの貨物船が出る
 帰りそこねたカモメが堕ちる
 手も届かない 波の上」

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Musi...
レコード
中島みゆきアルバム一覧(試聴あり)この記事を読むと、こんなことを知ることができます。 中島みゆきさんのアルバムを年代順に振り返ることができます。試聴もできます。...

 

ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。