未分類

中島みゆきはなぜテレビに出ないのか?

撮影

中島みゆきはなぜ滅多にテレビに出ないのだろうか?
その理由を、これまでの中島みゆきの発言をもとに考察してみた。

「動く中島みゆき」

「中島みゆき」の枕詞によく「動く」が用いられる。

普段テレビに出ない中島みゆきが映像として現れた場合に「動く中島みゆき」と形容される。

動いて当然の明石家さんまやマツコ・デラックスとは対局の位置にいる存在であることをこのコトバは示している。

だが、最近では中島みゆきの特番が組まれたりなんかすると、「動く中島みゆき」の素材がちゃんと使われている。

1990年代以降、ライフワークとして取り組んでいる「夜会」の映像や、ライブ映像が、VHSやDVDでリリースされるようになってきたからだ。

それ以前は、今よりずっと「動く中島みゆき」は貴重だった。

それゆえ、『見返り美人』(1986年)という曲で中島みゆき初のPV映像が制作されテレビCMで流れた時は、反響が大きかったようだ。

当時のことを音楽評論家の田家秀樹は、「婦人公論」の中でこう記述している。

「中島みゆきの新曲を”テレビで見る”というのは、前代未聞のことだった。それまでも、テレビスポットのような形で画面から彼女の曲が流れたことはあった。ただ、それはスチール写真だったりすることが多く、それこそ、”動く中島みゆき”が見られるのは、初めてのことだった」

見返り美人
中島みゆき『見返り美人』のPV撮影舞台裏1986年9月21日に発売された19作目のシングル 『見返り美人』 についてみていこう。 中島みゆき『見返り美人』 『見...

中島みゆきは実はテレビによく出ていた?

ある側面から言えば、一般的に思われるよりも中島みゆきはテレビによく出ていたと言えるかもしれない。

テレビドラマでいえば、1977年「明日の刑事」に謎の女役として登場していて、1992年には「親愛なる者へ」でガッツリ台詞ありの産婦人科医役を演じている。

また、2012年の「東京全力少女」では清掃員に扮したチョイ役で武井咲と共演、2017年「やすらぎの郷」では脚本家の倉本聰の妻役でカメオ出演している。

またCMでいうと、1991年の「キリンプレミアムビール」を皮切りに、「ワンカップ大関」では田村正和と共演、郵政省のCMでは1993~2000年まで毎年暮れに画面に現れ、年賀はがきをPRしていた。

「北海道生搾り」(2005~2006年)では真心ブラザーズ桜井秀俊と、化粧品「アスタリフト」(2008年)では松田聖子と、2010年「フジカラーポストカード」では樹木希林TOKIO長瀬智也などポピュラーな俳優陣と共演を果たしている。

その他でいうと、「NEWS23」で、筑紫哲也と対談したこともあったし、2006年にはMBSテレビ「ちちんぷいぷい」にも出演している。

このように意外とテレビ出演にはフットワークが軽いのである。

ただ、テレビカメラの前で歌うとなると話は別だ。

海と夕日
ドラマ『親愛なる者へ』の見どころ|撮影舞台裏の中島みゆき中島みゆきファンならぜひとも観ておきたいテレビドラマ『親愛なる者へ』。 中島みゆきのためのドラマといっても過言ではないほど、ドラマ...
演劇
中島みゆきと筑紫哲也の対談|「筑紫哲也のニュース23」(1998年)1998年11月23日、TBS系で放送された『筑紫哲也のニュース23』に中島みゆきが出演し、筑紫哲也と対談している。 その模様をま...
大阪城
中島みゆきが出演した『ちちんぷいぷい』(毎日放送2006年)の模様『夜会』は東京でしか行わないというのがコンサートとは違う1つの特徴だったが、実は、大阪でも公演されていた時期があった。 今回は、2...

中島みゆきはなぜテレビに出ないのか?

中島みゆきがテレビカメラの前で歌うとなると、その数は極端に限られてくる。

デビューしたばかりの1970年代には、「ミュージックフェア」「夜のヒットスタジオ」「コッキーポップ」など割と多くの番組に出演していて、テレビカメラを前に歌っている。

1978年の作家・村上龍との対談で、その時の心境をこう振り返っている。

「四回ぐらい出たけど、やっぱり機械に向かって歌うってイヤね。それに、見てくれる人のテレビに向かう状態とレコードを聴こうとしてくれる状態と、やっぱりちょっと違うでしょう」

テレビというメディアを介すると、歌うスタンスや聴くスタンスが狂わされてしまう。

また、1982年の音楽指揮者・岩城宏之との対談では、こうも述べている。

「好きじゃないですね。テレるんですよ。それがこ憎らしいテレ方で、あ、恥ずかしいワ、とかいうんじゃなく。人前に出す顔じゃないとつくづく」

テレビにはまた別の弊害もあった。

「撮っているときのタイミングなんかもあるのよね。こっちがノッたかな、と思うと、ハイ一時間後本番とか、こっちがちょっと白かったかなと思うと、いいからいいからって感じで」

その後、1980年代、1990年代と、テレビカメラの前で歌う姿は見られなかった。

再び、テレビに姿を現したのは2002年12月31日のこと。

「第53回NHK紅白歌合戦」に初出場した中島みゆきは、富山県黒部から生中継で『地上の星』を歌いあげた。

テレビカメラの前で歌ったのは1978年の「コッキーポップ」『わかれうた』を歌って以来、実に24年ぶりのことだった。

地上の星
中島みゆきが『地上の星』を歌った紅白の舞台裏|誕生秘話から独特の売れ方まで2000年7月19日に発売された37作目のシングル 『地上の星』 をみていこう。 この曲ができあがった経緯から、独独の売れ方、...
わかれうた
中島みゆき『わかれうた』で必ず議論になる歌詞の部分|カバーしたアーティスト1977年9月10日に発売された5作目のシングル 『わかれうた』 をみていこう。 中島みゆきにとって初のヒット曲。 自身...

なぜテレビカメラの前で歌う気になったのか?

中島みゆきはなぜ24年ぶりにテレビカメラの前で歌う気になったのか?

この紅白出場に関しては、中島みゆきは「お礼」というコトバを使っている。

『地上の星』は、NHKのドキュメンタリー番組「プロジェクトX~挑戦者たち~」の主題歌となった曲だ。

曲を大切に扱ってくれたことへの恩返しとして、中島みゆきは再びカメラの前に立つことを決めたのである。

考えてみれば、2006年の「ちちんぷいぷい」(MBS)に出演した理由について、昔、同局のラジオ番組に出演した縁があり、「育てていただいたので」という言い方をしている。

中島みゆきは義理堅い人間なのだ。

「中島みゆきのオールナイトニッポン」でおなじみのニッポン放送が2005年にライブドアに買収されそうになった時も、当時出演していたラジオ番組「中島みゆき ほのぼのしちゃうのね」を出演辞退する意向を示し、それに抗議した。

3月24日付の「東京スポーツ」はニッポン放送関係者のコトバを以下のように報じている。

「中島は、亀淵社長との個人的関係でパーソナリティを引き受けていたので、堀江社長(当時のライブドア社長)になったら出るわけがない」

実に義理堅い。

紅白で『地上の星』を歌った中島みゆきは、その後2005年には、「プロジェクトX~挑戦者たち~」の最終回に、スタジオに姿を現し、『ヘッドライト・テールライト』を歌い、2014年の暮れには「第65回NHK紅白歌合戦」に登場し『麦の唄』を歌っている。

いずれも、主題歌に起用した番組や局へのお礼のカタチなのだ。

テールライト
中島みゆき『ヘッドライト・テールライト』|「プロジェクトX」の最終回2000年7月19日に発売された37作目のシングル 『ヘッドライト・テールライト』 についてみていこう。 中島みゆき『ヘッドライト...
麦畑
中島みゆき『麦の唄』|紅白歌合戦での裏話に福山雅治の影2014年10月29日に発売された44作目のシングル 『麦の唄』 についてみていこう。 2度目の出場を果たした紅白やMVのこと...

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Musi...

 

ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。