テレビ

中島みゆきと筑紫哲也の対談|「筑紫哲也のニュース23」(1998年)

演劇

1998年11月23日、TBS系で放送された『筑紫哲也のニュース23』に中島みゆきが出演し、筑紫哲也と対談している。

その模様をまとめてみたぞ。

『夜会』を始めてから10年目のこの年、中島みゆきは心境を語っている。

「お久しぶりです」

「お久しぶりです」と挨拶を交わす中島みゆきと筑紫哲也。

中島は、以前も同じ番組で筑紫と対談している。

その模様はこちらの記事にあるので読んで頂きたい↓↓↓

女神
『最後の女神』について中島みゆきが『NEWS23』で語ったこと1993年12月1日に発売された30作目のシングル 『最後の女神』 をみていこう。 『筑紫哲也 NEWS23』に出演した際のイ...

10年目を迎えた『夜会』

面と向かってというのはお久しぶりだが、筑紫は『夜会』に毎年足を運んでいて遠目に中島みゆきを見ていた。

10年目の『夜会VOL.10 海嘯』を以て、これまで毎年定期的に公演していた『夜会』を不定期公演にすることに決めた中島。

「もうちょっと1作品に時間をかけながらゆっくり続けていきたい」

というのが理由だという。

過去の曲から全曲書き下ろしへとスタイルを変えた理由

初期の『夜会』は、既に発表されていた楽曲を劇中に用いていた。

それが1995年の『夜会VOL.7 2/2』らは、劇中の曲が全て『夜会』のために書き下ろされている。

「結局私がやりたかったことはコンサートなんじゃないかな」

未発表の曲をコンサートでできないものか?

それができる場が『夜会』なのだという。

「言葉の実験劇場」

中島みゆきは、この『夜会』を舞台でもないコンサートでもない「言葉の実験劇場」という理念のもと行ってきた。

10年を経て、そこのところどう感じているのだろうか。

中島は『夜会』を通して歌の「言葉」に対して、よりいっそう深く考えてきたようだ。

「会話の「言葉」ではできないのに、歌の「言葉」でできることは何なのか?」

「「言葉」を使えば使うほど伝わらなかったり、「言葉」を使わないのに伝わったり」

ときに虚ろとも思える「言葉」に葛藤することもあるが、

「せっかく人間に与えらえた「言葉」なら、「人間でよかった」と思える使い道を模索したい」

と、中島は語る。

『夜会VOL.10 海嘯』について

「海嘯」

(かいしょう)と読む。

「読めないとたくさんお問い合わせをいただきました」

と目尻を下げて笑う中島。

「海から聞こえてくる何の音ともつかない色んな声」

それをこのタイトルに込めたという。

『夜会VOL.10 海嘯』の音楽リハーサルの模様

画面が『夜会VOL.10 海嘯』の音楽リハーサルの映像へと切り替わる。

「おはようございま~す!」

大きな声でスタジオ入りする中島みゆき。

そこに大勢いるミュージシャンや役者たちの中で、中島は飛びぬけて元気で明るい。

「◯◯ちゃん、今日おしゃれね」

リップサービスも怠らない。

『夜会』は日本でもトップクラスのミュージシャンがバック演奏を務める。

カメラは『夢の代わりに』を歌う中島を映す。

「夢はきっと叶う 1つだけきっと叶う」

『夜会VOL.10 海嘯』でしか聴けない曲だ。

画面が切り替わり、今度は会場となるシアターコクーンを映す。

『夜会』のための舞台づくりが行われている。

大がかりなセットゆえ、もともとある舞台の床板を外さなければならないのだ。

『夜会』を10年やってきて見えてきたこと

再び、筑紫との対談。

『夜会』を10年やってきた中島が大きな変化を感じたことがあった。

それは、『夜会』を通じて色んな職業に携わる人たちに会うことができるようになったこと。

その出会いにより、歌の方で解決しなくても、各々の職種の立場から見えてくる突破口を発見することができたという。

楽屋はゴチャゴチャ

この10年色んな資料をあちこちから搔き集めて、今の楽屋はゴチャゴチャ状態だという。

これをどう整理しようかと考えた時に、

「整理するのは、あの世へ行ってからでいいや」

と、片付けを完全放棄している。

再び、『夜会VOL.10 海嘯』の音楽リハーサルの模様

画面は、シアターコクーンでの練習風景を映す。

中島みゆきは音楽だけでなく、演出家として芝居にも注文をつける。

観客席から舞台の上の芝居をチェックしたりもする。

世の中の中島みゆきの解釈

再び、筑紫との対談。

世の中のインテリが中島みゆきの歌詞を色々解釈しているが、中島はそのことをどう思っているのだろうか?

中島みゆきは、自分でも思わぬ解釈を目にすることがあり、

「へぇ、この曲にそんな意味があったのか!」

と驚いたりするという。

そして、筑紫哲也もまた、

「どうしてこの女子(おなご)にこんなことが分かるんだ」

と中島の書く歌詞の深さに圧倒されることがあるという。

「自分でもよく分かっていないんだと思います」

中島はそう答える。

物事を考えるのがすごく遅く、子どもの頃から当意即妙型の人間に憧れていたそうな。

だが、筑紫は、「アジアに目を向けなければならない」と思った時に、既に中島が『EAST ASIA』の曲を出していたことなど、中島の時代を読む嗅覚が鋭いことを挙げる。

中島みゆきはそれを否定。

「どんなに時代が動いても、根本のとこで動かないもの、動いてはならないもの、なのに動いてしまうものを見るスピードしか自分にはない」

動体視力はないが、定点観測が得意。

そう自分を分析する中島みゆきであった。

地図
中島みゆきが『EAST ASIA』に込めた思いとは?1992年10月7日に発表された20作目のオリジナルアルバムに収録された 『EAST ASIA』 をみていこう。 いろんな雑誌...

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Music ...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。