ラジオ

中島みゆきと沢田研二の対談|1986年放送「中島みゆきのオールナイトニッポン」より

会話

1986年6月23日放送の「中島みゆきのオールナイトニッポン」沢田研二がゲスト出演している。

2人の対談をみていこう。
(※部分的に編集しています)

この記事は、

  • いちご大福にショックを受ける沢田研二
  • 中島みゆきと沢田研二のおにぎり事情
  • 山口百恵の口紅に出くわした中島みゆき
  • 中島みゆきと浅川マキの関係

について書いてます!

夢おじ子
夢おじ子
中島みゆきの曲を全て聴いてきたファン歴30年以上の夢おじ子が解説!

沢田研二に浮かれる中島みゆき

中島みゆきが、まず目についたのは、沢田研二の所属するTOSHIBAから同行してきた付き人。

みゆき「東芝の宣伝の方がですね、でっかいカバンを提げて、その中にチラシですとか、飴とか、お寿司ですとか、詰め込んで」

レコード会社に勤める人間の苦労に触れる中島みゆき。
沢田が登場したのは、リスナーからのハガキを読もうとしていた時だった。

沢田「こんばんは、沢田です」
みゆき「やったね~、いいだろいいだろ(笑)」

沢田研二は、ザ・タイガースPYGでボーカルを務め、ジュリーという愛称で人気を得ていた国民的スター。
中島みゆきが浮かれる気持ちがお分かりだろう。

みゆき「沢田さんとお呼びしたらいいですか? それともジュリーさん?」
沢田「何でもいいです(笑)」

いちご大福にショックを受ける沢田研二

みゆき「沢田さんがいちご大福を食べたことがあるということでして」
沢田「そう」

いちご大福は、この放送があった1986年当時はまだ珍しい存在だった。
昭和後期に考案されたわりと新参の和菓子で、1987年放送の「ザ・ベストテン」では司会の黒柳徹子が、「近頃いちご大福ってものが登場したんですが」と物珍しそうに取り上げている。

沢田「NHKの楽屋でね、「大福食べますか?」って言われて、甘いもん食べると太るからなあと思って、でも、断ると嫌われるかなあと思って(笑)」

結局、引けずその大福をいただくことにし、ガブッと噛んでみた。

沢田「想像もつかない香りがしたったのね、ブワッて。なんだこれ!?って1人で騒いでたら、「いちご大福です」って冷静に言われちゃって」

これが沢田研二のいちご大福初体験だ。
当時、いちご大福屋の前には行列ができ、予約しなければ買えないほど人気だったという。
さて、初めてのいちご大福を口にした沢田の感想はというと、

沢田「餡といちごは合う!」

まるで今手元にいちご大福があるかのように語る沢田を、中島みゆきが実況する。

みゆき「手に持った時の回想シーンが目の前で出てる訳ですよ。沢田さんの目が寄ってるんです。いちご大福見た時の目になってるんです(笑)」
沢田「フフフ」

沢田研二と中島みゆきのおにぎり事情

いちご大福に便乗する形で、「こんな大福はいかがでしょう?」とリスナーからの提案を読み上げる中島みゆき。

  • さくらんぼ大福
  • マスカット大福
  • 梅干し大福

みゆき「よしてくれよ~(笑)」

この梅干し大福にちなんで、中島みゆきは沢田家のおにぎり事情について問う。

みゆき「おにぎりの中に梅干し入れますよね? 種、入ったままですか? 取りますか?」
沢田「僕、子どもの時は梅干しとかなかった。何にも入れない。ご飯握って、海苔だけ」

沢田家のおにぎりは大変シンプルだ。
その完成したおにぎりに、あとは卵焼きが添えられる程度だという。
一方、中島家のおにぎり事情はというと、

みゆき「ウチの方は、そそっかしいですからね、種を呑み込むと悪いってんで、取ってあるもんだといつも思ってたんですよ。で、よそ様行くと、わりと種の入ったおにぎりが多くてね、よく前歯でガシンと痛ぇと思いましたもんね」
沢田「種の中がおいしいんだよね」
みゆき「そうそう、ナッツみたいなのが入ってて」
沢田「そこを最後まで残すんだけど、失敗して歯の間に挟まっちゃっててね(笑)」
みゆき「アハハハ!」

マイクについた山口百恵の口紅

話題は歯の話へ。

みゆき「本番前に焼きそばとか避けます? 青のりついちゃまずいですよね?」
沢田「よくテレビ局なんかで使いまわしのマイクあったりするじゃない? ふっと見ると口紅ついたりなんかね、青のりとかね(笑)」
みゆき「いや~!(笑)」
沢田「汚いね~(笑) これから自前のマイク持っていこうって思っちゃうよね」

一方、中島みゆきも似たような経験があった。
以前、中島みゆきは、山口百恵と同じPA(音響機器オペレーター)の人と活動していて、音響を使いまわしていたことがあった。

みゆき「パッと見ると、口紅がついて時なんか逆に、「うわ~! 山口百恵と間接キッスだぜ~! 女同士でちっとも嬉しかないな!」とか(笑)」

沢田研二の散髪

つづいては「ひとり上手」のコーナー。
乱れたヘアスタイルと格闘した結果、学校に遅刻してしまったというリスナーのハガキにちなんで、沢田研二が散髪屋でのエピソードを語った。

沢田「散髪屋とか行くと必ず切りたがるから、1ミリにしてって言っても1センチ切るからね」

注文通りにはいかないのは髪型だけではないようだ。

沢田「眉毛と眉毛の間ね。ちょうど鼻の一番上ンとこ。剃らないのが流行ってた頃にね、ついつい言いそびれちゃったら、剃りやがってさ。何も言えなかった、気が弱くて」
みゆき「アハハハハ!」

中島みゆきと浅川マキの関係

ここで、沢田研二が近日リリースするアルバム『CO-CoLO 1 〜夜のみだらな鳥達〜』を告知する。
このアルバムに収録されている『あの女(ひと)』『幻影(イリュージョン)』の作詞を浅川マキが手掛けていることに中島みゆきは驚く。
中島みゆきは、浅川マキと面識があった。

みゆき「カメラマンがね、浅川さんをずっと撮ってきた人なんですよね。田村仁というのが。時たま、カメラマンを介して浅川さんに会うことがあるんで。一般にレコードから見られる暗いイメージだけじゃなくて、カワイイ感じの人だなあって内心思うこともあるんだけれども」

一方、沢田も浅川マキと面識があった。
「私恥ずかしいわ」と沢田に会うことを戸惑いながらも、がっつり膝を交えて30分話し合うというユニークな人柄のようだ。

中島みゆきが初めて沢田研二と出会った時の印象

みゆき「沢田さんと言えばですね天下の二枚目。神秘の二枚目としてですね、日本のポップスを席巻してきた人であります」

そんな中島みゆきが初めて沢田研二と出会ったのは、この放送より数年前の大阪のラジオ番組でだった。

みゆき「金のシャチホコがそこに立ってるって具合にですね。緊張してしまいまして(笑)」
沢田「アハハハハ!」
みゆき「オクターブも声が上がっちゃいまして、何しゃべったか覚えてないって感じでした」

今、このように沢田を前にしゃべりまくっているのは、黙ってしまえば責任者が始末書を書かなければならないからだと、中島みゆきは言う。

みゆき「家に帰って布団かぶって10分くらい経つと、うお~!って知り合いに電話すんですよ、きっと(笑)」

中島みゆきにとってスーパースターの沢田だが、スターには似つかわしくないそのギャップにも惹かれていた。
その例として、鍋にニラと納豆と豆腐と味噌を入れて煮込むという沢田の試みを紹介する。

みゆき「天下の二枚目が、ニラ納豆豆腐っていう話になっちゃう訳。分かんないぞ、人間は分かんないもんだぞ(笑)」
沢田「このスタジオ中が雑巾臭くなる(笑)」

中島みゆきのシングル曲を今すぐ聴きたい!(無料お試し期間実施中!)

中島みゆきのシングル曲はお手持ちのスマホ・パソコン・タブレット端末で今すぐ聴くことができる。

「Amazon Music Unlimited」なら、月額980円(プライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲(カップリング含む)が聴き放題!!
(※1975年版『時代』、映画主題歌バージョン『瞬きもせず』は含まない)

もちろん沢田研二など中島みゆき以外のアーティスト曲も聴くことができる。
その数、9,000万曲以上!!

新規登録の場合、無料お試し期間があるので安心!

⇒登録はコチラ
【公式サイト】

\お試し期間中でも解約OK/

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日より、ついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Mus...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきファン歴30年以上