ラジオ

中島みゆきと尾崎豊のラジオ対談

1986年1月13日放送の『中島みゆきオールナイトニッポン』尾崎豊がゲスト出演していて、中島みゆきと対談している。

今日はその模様をまとめてみたぞ。

二十歳の尾崎豊

始めに「ハタチ」と尾崎豊を紹介している。

尾崎豊は1965年11月29日生まれ。

ハタチと2カ月足らずの年齢だ。

中島みゆきは目の前にいる尾崎豊の風貌を実況する。

屋内なのに、しっかりコート着て、襟巻まいて、かなりの厚着。

「こんだけ厚着なら中身すっぽんぽんじゃねぇかってくらい」

と中島のジョークが飛ぶ。

「暑くないですか?」

と中島が尋ねると、尾崎は物静かに「いえ……」と答える。

中島「私の番組、今まで聞いたことあります?」

尾崎「あります」

中島「お互い足長いですからぶつかりましたね、机の下」

ハイテンションの中島に対しクールを崩さない尾崎。

笑うときも物静かに笑う。

中島みゆきの質問に答える尾崎豊

CMを挟んで中島みゆき、またも尾崎豊の厚着のコートについて触れる。

中島「暑くないですか?」

尾崎「寒がりですから」

とシャイに笑う尾崎。

ここでリスナーからの質問を読み上げる中島。

尾崎豊は成人式に出席するのか?

質問その1。

「今度1月15日に成人式ですが、出席しますか?」

尾崎「しません……」

話題は急に出身地へと移る。

中島は尾崎豊をずっと広島出身だと思い込んでいた。

「広島出身のアーティストって虐げられた感じがあって(笑)」

だが尾崎の出身地は東京。

今は実家には住んでいないので成人式のハガキは受け取っていないという。

尾崎豊のコンサートツアー

質問その2。

「コンサートツアーやってるそうですが年間何本ほどですか?」

尾崎「90本」

移動も含めると1年の半分以上をコンサートに費やしていることになる。

尾崎はこの年の1月1日まで福岡国際センターでライブを行い、その後、無期限活動停止を発表している。

ちなみに、この番組から、約5カ月後には単身でニューヨークへ渡っている。

元旦もコンサートを行っていることに度肝を抜かれた中島は、

中島「この場合、打ち上げってどんな風にやるんですか?」

と疑問をぶつける。

尾崎「忘年会と新年会、いっしょにやりました(笑)」

とにかく90本という長丁場のツアーに中島は尾崎の体を気遣う。

「風邪、ひきませんでした?」

「ぜんぜん」

「体には自信があるんですか?」

「そうでもないですけど(笑)」

ここで、尾崎、サングラスを外す。

そして、このサングラスについても逐一実況する中島。

尾崎のかけていたサングラスは真ん中のところはダークブルーグレーみたいな色。

周りにいくほど透明な仕様になっている。

尾崎ファンのリスナーのためにか、尾崎の風貌を細かく実況していく中島。

中島「髭がのびてますけど、このまま伸ばす予定ですか?
 次のコンサートではヤギみたいになってたりして(笑)」

尾崎「いいかもしれませんね(笑)」

尾崎豊のセリフはアドリブなのか?

質問その3。

「今、ビデオを見てステージアクションが優れものですが、お手本がいるのですか?」

この日(1986年1月14日)、フジテレビ系で尾崎豊のコンサートの模様がフジテレビ系で流された。

10代最後のツアーというコンセプトで行われたこのコンサートについて、

中島「19歳のうちにという深い思いがあったんですか?」

尾崎「ええ、少しは」

そのライブ映像を中島みゆきも事前にビデオで見ていた。

1985年11月15日に代々木オリンピックプール第一体育館で行われたライブの映像は、会場が大勢の客で埋め尽くされていた。

そのライブ映像の合間合間に、別撮りの尾崎豊がカメラに向かってメッセージを送るシーンが挟まれている。

それについて、

中島「あれは自分で好きなように言ってるんですか?」

尾崎「ええ」

中島みゆきも台本の言葉ではないと感じていた。

中島「役者さんはたった3行だけでも台本通り言うとなると目が強張り、適当に喋れというと延々と喋り続ける」

映像に映る尾崎の目は後者の方の印象を受けたと中島は言う。

結局、ステージアクションにお手本がいるのかいないのか質問に答えないまま終わってしまった。

尾崎豊のまつ毛

全ての質問を終えた中島は、尾崎に、ラジオ局に来るまでどう過ごしていたかを訊く。

「今日このラジオ出演のために朝起きて体調整えて何を訊かれても大丈夫なように神経を鍛えてとか?」

「(笑)」

相変わらずクールな尾崎である。

中島は、また尾崎の風貌の実況を始める。

「突然ですけど、まつ毛長いですね」

正面を向いてるときはさほどそれを感じないが、ふと下を向いた瞬間、明らかにまつ毛が長いことが分かるのだそう。

尾崎豊はラジオ番組をやっていた?

中島「ラジオやってたことありますっけ?」

尾崎「ええ……」

中島「ディスクジョッキー?」

尾崎「ていう感じじゃないですけどね」

尾崎の話によると、自分で書いた短編小説を朗読するという番組らしい。

調べてみると、1985年から1987年にかけて東海ラジオで放送されていた『誰かのクラクション』というのがそれらしい。

トーク一切なしで、自作の詩を朗読するスタイルの番組であった。

尾崎豊の歌詞について

中島みゆきは尾崎豊の歌詞について言葉数が多いという印象を持っている。

中島「歌詞、間違えません?」

尾崎「間違えたことはないです」

中島「すごいですねぇ」

尾崎「(間違えたとしても)気持ちだけ間違えてなけりゃいいんですよ」

やはりクールである。

小説を以前から書いていた尾崎豊

中島みゆきは長いワンフレーズの歌詞を書ける尾崎豊なら、小説書けるだろうなと感じていたそうな。

中島自身は1フレーズが短すぎて、エッセイ書こうとすると1~2ページ以上は簡単に続かないという。

中島「ずいぶん前から小説書いてたんですか?
 小学校の頃から小説書いてたような雰囲気がしないではないけど」

尾崎「ときたま書いてました」

中島は尾崎に憧れるリスナーへ向けて、「まずは小説書いてください」とエールを送る。

歌ってる時の顔つき

ここで尾崎豊の曲を流す。

『Driving All Night』

そして、エンディング。

フジテレビ系で放送される番組を紹介する際に、尾崎の歌う顔に注目して欲しいとリスナーに促す。

「喋っている時の顔つきと歌い出してからの顔つきが全く違う。
 歌い出すとほとんど顔が壊滅状態(笑)
 そこがよかったりするんだけど」

最後に尾崎、

「ありがとうございました。
 体に気をつけて」

と中島の体調を気遣う形で番組は締めくくられた。

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Musi...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。