中島みゆきが『此処じゃない何処かへ』に込めた思い

家出

1992年10月7日に発売された20作目のアルバムに収録された
『此処じゃない何処かへ』
をみていこう。

中島みゆき『此処じゃない何処かへ』

 

『此処じゃない何処かへ』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

収録アルバム

『EAST ASIA』

アルバム『EAST ASIA』(レコチョク試聴あり)

1992年10月7日に発売された20作目のオリジナルアルバム。

フジテレビ系ドラマ「親愛なる者へ」の主題歌でミリオンセラーを記録した『浅い眠り』、映画「奇跡の山-さよなら、名犬平治-」のために書き下ろした主題歌『誕生』、不朽の名曲『糸』を含んだ全9曲。

『此処じゃない何処かへ』は6曲目に収録されている。

アジア
中島みゆき『EAST ASIA』(アルバム)のみんなの感想1992年10月7日に発売されたオリジナルアルバム 『EAST ASIA』 について、みんなの感想や雑誌『月刊カドカワ』でのコメント...

『此処じゃない何処かへ』に込めた思い

『此処じゃない何処かへ』は、退屈な日常と決別して新境地へ駆け出していく若者の姿を描いた曲。

1992年「GB」のインタビューで中島みゆきはこの曲について言及している。

「私、自分にね、流れ者根性を感じるのよ。
その土地にしがみついてがまんして生きるよりも、身軽でいたいって」

中島みゆきにとって、この流れ者根性というのは喪失感ではない。

かつては故郷への喪失感を歌(『異国』のことか?)にしたこともあったが、「今は行くべきところに行きたい」「ここがダメなら次があるさ」と思うようになったという。

ともすれば現状嫌悪や現状否定にも取られかねないこの曲だが、中島みゆきはこの点について、北海道の歴史を例として引き合いに出す。

「昔、北海道の開拓にきた人が……本州の家も捨てて希望を持って渡ってきたのに、やっぱりダメでしたってことがあったわけじゃない。
 ここしかないんだ、とがまんしてると死んじゃうんだもん、北海道の場合は」

そういう観点から見れば、流れ者根性は生存するために人間に備わった本能なのかもしれない。

そして、その北海道の祖先の血を引き継いでいるからそういう体質になってしまったのだと、中島みゆきは自己分析している。

歌詞解釈

教科書通りに無難に日常を過ごしてきたが、ある日拾ってきたラジカセから流れてきたラヴソングを聴いて、何か得体の知れないものに急かされる。

どこか別のとこへ駆け出さなければならない、と。

「何もできない自分のこと
 ずっと嫌いになりかけていた
 追われるように街を離れて
 行くあても理由もなく 急かされる気がした」

『此処じゃない何処かへ』のみんなの感想

『此処じゃない何処かへ』はこんな時に聴こう

惰性的に送っているその日常に何か違和感を感じたら『此処じゃない何処かへ』を聴こう!

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日より、ついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Mus...

 

ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきファン歴30年以上 中島みゆきという人間や、曲にまつわるエピソードについて、資料を読み漁っています。