中島みゆき『涙 -Made in tears-』【試聴あり】|前川清への提供曲|中島みゆきと瀬尾一三の出会いの曲

1988年の中島みゆきのシングル『涙 -Made in tears-』

演歌歌手・前川清に提供され、後に中島みゆきもセルフカバーしシングルリリースした曲。
瀬尾一三が初めてアレンジを施した作品で、これがきっかけで、今後の楽曲も担当していくことになる。

瀬尾一三が初めて中島みゆきと出会った時の印象について、ラジオで語られたことを基にみていこう。

この記事は、

  • 『涙 -Made in tears-』は前川清への提供曲
  • 『涙 -Made in tears-』は初の瀬尾一三とのタッグ作品
  • ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が紹介した『涙 -Made in tears-』

について書いてます!

夢おじ子
夢おじ子
中島みゆきの曲を全て聴いてきたファン歴30年以上の夢おじ子が解説!

中島みゆき『涙 -Made in tears-』


作詞・作曲 中島みゆき

編曲 瀬尾一三

⇒『涙 -Made in tears-』を今すぐ聴きたい!

前川清への提供曲

⇒前川清『涙』(レコチョク試聴あり)

『涙 -Made in tears-』は、もともとは前川清に提供した曲だ。
前川版は『涙』というタイトルで、1988年2月21日にシングルリリース。
その後、中島みゆきがセルフカバーして同年10月21日にこちらもシングルリリースしている。

前川のレコーディングには、中島みゆきも立ち会っている。
2020年12月17日放送の「上柳昌彦 あさぼらけ」(ニッポン放送)で前川はこの時のことを以下のように振り返っている。

「この時、レコーディングに来られました。一言でした。「へぇ、こういう風に歌うんだ」。その一言でしたね、ありがとうございます、という」

瀬尾一三との初タッグ作品

瀬尾一三とは?

瀬尾一三は、音楽プロデューサー&アレンジャーで、中島みゆきや長渕剛、徳永英明、吉田拓郎などの大物アーティストの編曲を多く手掛けている。

中島みゆきが音楽の方向性を模索していたいわゆる「御乱心の時代」は、この瀬尾との出会いにより終焉を迎えた。
1988年以降、中島みゆきの楽曲のほとんどは、瀬尾が担当していて、『浅い眠り』『空と君のあいだに』『地上の星』など多くのヒット曲を手掛けた。
中島みゆきにとって、瀬尾は欠かせない存在であることは、彼を「お師匠さん」と呼ぶところからも窺い知ることができる。

中島みゆきと瀬尾一三の出会い

「ラジオ瀬尾さん」の中で、瀬尾一三は、中島みゆきと初めて出会った時のことを語っている。

中島みゆきからレコード会社のディレクターを通して瀬尾へアプローチをかけてきたことが、始まりだった。
当時、瀬尾は、業界のスタッフやミュージシャンから中島みゆきが「メンドクサイ」という噂を伝え聞いていた。
そのため、「絶対にソリが合わない」「絶対に中島みゆきと仕事はしない」とかねてから思っていた

だが、親しいディレクターから懇願され、渋々、中島みゆきと会うことになってしまったのだ。

「会って話してみるけど、ダメだったらゴメンね」

予防線を張るほど、腰が引けていた瀬尾だったが、実際に本人を前にすると、それまで話に聞いていたものとまるで印象が違っていた。
会う前は、中島みゆきがエキセントリックな人間だと想像していたのだが、実物は、ものすごく寡黙だったという。

「猫100匹くらいかぶってるんじゃ?」

最初、警戒していた瀬尾だったが、中島みゆきがぽつりぽつりと語る言葉が、実に的を射ていることに気付く。
話を聞きながら、中島みゆきが、瀬尾がそれまで世間に対して思っていた疑問と向き合っていたことを知るのだ。

「いい奴だなあと思った」

通うものがあり、1曲、中島みゆきの楽曲を手掛けることを決めたのだ。
それが、『涙 -Made in tears-』だ。

中島みゆきのその後を決定づけた曲

瀬尾一三は、『涙 -Made in tears-』の歌詞にすっかり惚れ込んだ。

男運は 悪くなかった
あんないい人 いやしないもの
男運は 悪くなかった
Made in Tears
(『涙 -Made in tears-』より)

失恋ソングであるが、恨みつらみではなく、出会えたこと幸運だと捉える中島みゆきの作家性。
瀬尾は、中島みゆきについては、ヒット曲くらいしか知らなかったのだが、この曲には、それらと違う意外な側面を見た気がしたのだった。
「ラジオ瀬尾さん」の中で、瀬尾は以下のように語っている。

『涙 -Made in tears-』はアレンジをかきたててくれる素材だった」

この曲が功を奏し、同年リリースされるアルバム『グッバイガール』も、瀬尾が全曲アレンジを手掛け、以降、タッグを組み続ける。
瀬尾曰く、長く続く秘訣は、お互いに必要以上に干渉しないこと
瀬尾は、中島みゆきのプライベートについてはほとんど知らない。
それは、瀬尾一三が向き合っているのは本名の「中島美雪」ではなく、アーティストとしての「中島みゆき」だからだ。

鬼龍院翔も絶賛

2020年5月24日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日)にゴールデンボンバー鬼龍院翔が出演。
鬼龍院自らが企画した中島みゆき失恋ソング特集の中で、『涙 -Made in tears-』以下の歌詞を引用して、考察している。

メッキだらけの けばい茶店の隅っこは
雨やどりの女のための席ね
(『涙 -Made in tears-』より)

  • 思い出として美化しないことでリアリティを演出している。

今ごろ どうしておいでだろうか
今夜は 煙草が目にしみる
(『涙 -Made in tears-』より)

  • 泣いているのを煙草のせいにするその感性がカッコイイ!

男運は 悪くなかった
あんないい人 いやしないもの
(『涙 -Made in tears-』より)

  • 出会えたことを幸せに思う前向きな歌詞。

⇒鬼龍院翔による中島みゆき失恋ソング考察

『涙 -Made in tears-』はこんな曲

恋の終わりに涙が出てしまうのは、良い人に巡り会えたという証だ。
失恋が悲しいだけではないことをこの曲は教えてくれる。

男運は 悪くなかった
あんないい人 いやしないもの
男運は 悪くなかった
Made in Tears
(『涙 -Made in tears-』より)

『涙 -Made in tears-』のみんなの感想

カバーしたアーティスト

工藤静香

2008年のカバーアルバム『MY PRECIOUS -Shizuka sings songs of Miyuki-』に収録。

⇒工藤静香『涙 -Made in tears-』(レコチョク試聴あり)

高畑淳子

「中島みゆきリスペクトライブ2018 歌縁」の中で、『涙 -Made in tears-』を歌っている。

 

本人映像

『夜会VOL.3 KAN(邯鄲)TAN』

1991年上演。中国の故事「邯鄲の夢」をモチーフに、クリスマスの夜に見た夢の中で、真実の愛に気づいていく女の姿が描かれている。
幼い子から老婆までを中島みゆき1人が演じている。

『涙 -Made in tears-』をフルで聴く方法

単品購入

⇒『涙 -Made in tears-』(レコチョク試聴あり)

収録アルバム

『グッバイガール』

1988年リリースのオリジナルアルバム。

  • 前川清に提供した『涙 -Made in tears-』
  • 原発反対運動をモチーフにした『吹雪』

を含む全9曲。

【収録曲】
『野ウサギのように』『ふらふら』『MEGAMI』『気にしないで』『十二月』『たとえ世界が空から落ちても』『愛よりも』『涙 -Made in tears-』『吹雪』

⇒レコチョクで購入(試聴あり)

⇒『グッバイガール』の解説&みんなの感想

『Singles II』

1987年から1993年までのシングルを収録したコレクションアルバム第2弾。

【収録曲】
『時代』『最後の女神』『ジェラシー・ジェラシー』『兆しのシーズン』『浅い眠り』『親愛なる者へ』『誕生』『Maybe』『トーキョー迷子』『見返り美人 (2nd Version)』『with』『笑ってよエンジェル』『あした』『グッバイガール』『涙 -Made in tears-』『空港日誌』『仮面』『熱病 (2nd Version)』『御機嫌如何』『シュガー』

⇒レコチョクで購入(試聴あり)

⇒『Singles II』の解説&みんなの感想

音楽
【無料お試し!!】中島みゆきのアルバムを宅配レンタル|PCやスマホに取り込んでお得に聴こう!中島みゆきを余すことなく聴こうとすれば、それなりの出費を覚悟しなければならない。 オリジナルアルバムだけでも43枚あり、ベスト盤・ライ...

『涙 -Made in tears-』を今すぐ聴きたい!(無料お試し期間実施中!)

『涙 -Made in tears-』はお手持ちのスマホ・パソコン・タブレット端末で今すぐ聴くことができる。

「Amazon Music Unlimited」なら、月額980円(プライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲(カップリング含む)が聴き放題!!
(※1975年版『時代』、映画主題歌バージョン『瞬きもせず』は含まない)

もちろん中島みゆき以外のアーティスト曲も聴くことができる。
その数、7,500万曲以上!!

前川清、工藤静香の『涙 -Made in tears-』も聴くことができる!

新規登録の場合、無料お試し期間があるので安心!

⇒登録はコチラ
【公式サイト】

\お試し期間中でも解約OK/

聴く
【無料お試し!!】中島みゆきの曲がサブスク配信で聴ける!!2020年1月8日より、ついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Mus...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきファン歴30年以上