アルバム

中島みゆき『歌でしか言えない』の解説&みんなの感想

歌

1991年10月23日に発売されたオリジナルアルバム
『歌でしか言えない』
について、みていこう。

1991年11月号の「月刊カドカワ」で、中島みゆきはこのアルバムについて語っている。

交えながら解説していきたいと思う。

アルバム『歌でしか言えない』について

 

『歌でしか言えない』(レコチョク)

1991年10月23日に発売された19作目のオリジナルアルバム。

週間オリコンアルバムチャート4位を記録。

中島みゆきにとって、初めての本格的な海外レコーディングを経てできたアルバム。

特徴

報道番組「ニュースステーション」のコーナーで流れていた『おだやかな時代』や、鈴木保奈美出演のCM曲『Maybe』などのタイアップ曲などを含む。

ライナーノーツに寄稿した残間里江子と呉智英

ブックレットの冒頭には評論家の呉智英と出版・映像・文化イベントのプロデューサー残間里江子による寄稿文が掲載されている。

呉智英は、寄稿文の中で、1982年10月11日に行われた東京厚生年金会館でのコンサート『浮汰姫』のことについて触れている。

「わたくしが中島みゆきです」と登場して放った第一声に、中島みゆきであることを引き受けている決意が感じられ、感動したということが書かれている。

一方、残間里江子は、中島みゆきの歌詞に見られる普遍性は、グローバルな世界観や人生観、また、主観と客観の間を行き来できる能力があるからだと考察している。

収録曲

『C.Q.』

『C.Q.』(レコチョク)

CQとは無線通信で、通信が届く範囲内で受信可能な無線局の応答を求めるために用いられる信号のこと。

つまり、この歌詞にあるように「誰かいますか?」というメッセージを誰か拾ってくれると願って発信することだ。

ただ、「月刊カドカワ」のインタビュー記事によると、中島みゆきはこれを無線に限っておらず、現代にある色んな情報社会(記事ではダイヤルQ2とかテレフォンクラブとかを例として引用している)における人々の心模様を歌に反映させていると語っている。

「こんなに情報があふれていろんな人のことたくさん知ってるはずなのに、実は1人の人のことはなんにも知らないっていうような付き合いね」

この曲は、出だしが小声で呼びかけるように歌われているため、レコーディングの際はヘッドホンに返ってくる音も小さくして、静かな状態で収録に臨んだという。

『C.Q.』は、1992年に上演された『夜会VOL.4 金環蝕』の冒頭で、中島みゆき扮する天文学者によって歌われている。

まるで広い宇宙に信号を送るようでもあり、この話の軸でもある天岩戸に隠れてしまったアマテラスと交信を試みてるようでもあり、静謐な世界観を演出している。

『おだやかな時代』

『おだやかな時代』(レコチョク)

このCDが発表される5年前の1986年、テレビ朝日の報道番組「ニュースステーション」の中で「日本の駅」というコーナーがあった。

そのテーマソングに流れていたのが、この『おだやかな時代』

テレビの方で流れていた方は曲の冒頭部分のみで、歌い方やアレンジとはCDとは異なる別バージョンになっている。

「止まり方しか習わなかった町の溜息」

「標識に埋もれて僕は愛にさえ辿り着けない」

全体的に厭世観を感じさせる歌詞だが、一方で、開けた部屋のドアを「駅」、そこから始まっていく先を「レールウェイ」と表現していて、未来へ踏み込んでいく「僕」の力強さを感じる一曲。

線路
中島みゆき『おだやかな時代』は「ニュースステーション」のコーナーソング1991年10月23日に発売された19作目のアルバムに収録された 『おだやかな時代』 をみていこう。 中島みゆき『おだやかな時代』...

『トーキョー迷子』

『トーキョー迷子』(レコチョク)

演歌寄りの歌謡曲といったテイストの曲。

東京を「トーキョー」とカタカナ表記しているのは、実在する東京とはまたもう一つ先へ行きたかったからだという。

男性を待ち続ける女性の気持ちが、歳月とともに変化していく様子が描かれている。

『トーキョー迷子』は、1991年6月5日にシングルとして先行リリースされているが、こちらのアルバムに収められたものはアレンジが少々異なる。

中島みゆき『トーキョー迷子』の裏話1991年6月5日に発売された26作目のシングル 『トーキョー迷子』 についてみていこう。 『トーキョー迷子』 『トーキ...

『Maybe』

『Maybe』(レコチョク)

鈴木保奈美が出演したCM「ブレンビー」で流れていた曲として知られているが、もともとは夜会のために作られた曲。

夜会では中島みゆきがОLに扮し、心の内の寂しさを歌い上げている。

その設定があるため、歌詞の中には、

「ビル風に飛ばされる」

「大きなバッグを持ち直す」

「パウダールームの自己暗示」

など、どこかオフィスの喧噪が漂ってきそうなワードが用いられている。

歌詞には、ОLの本音とタテマエの二面性が歌い込まれている。

特に、

「なんでもないわ 私は大丈夫」

という歌詞は、字面だけだと誤解を与えかねないので、中島みゆきは、この曲は音として聴くことを推奨している。

歩く女性
中島みゆき『Maybe』の裏話1992年3月4日に発売された27作目のシングル 『Maybe』 についてみていこう。 中島みゆき『Maybe』 『Ma...

『渚へ』

『渚へ』(レコチョク)

ロサンゼルスで録ったこの曲。

中島みゆきにとって初めての本格的な海外レコーディングなだけに、顔を見合わせて表情でコンタクトをとる海外ミュージシャンはなかなか斬新に映ったようだ。

おなじみの失恋歌であるが、

「あいつを恨みたくない」

と男への優しさを感じさせる歌詞。

だが、そう聞こえるのは、遠回しに言うようになったぶんだけ底意地が悪くなったからなんだとか。

「人を憎んで恋を憎まず」というのがこの頃の中島みゆきのスタンス。

他にいい男がいるかもね、と実はちょっぴり前向きな可能性を含んだ曲でもある。

『永久欠番』

『永久欠番』(レコチョク)

誰しも自分がこの世にいる価値を一度は問うことがあると思うが、この曲はまさにこれに直球で応えている歌。

この頃、中島みゆき自身、命について考える出来事があったらしく、それが歌に反映された。

英訳した歌詞をレコーディング現地のミュージシャンに見せると、「永久欠番」というコトバに非常に敏感に反応したという。

メッセージ性の強い歌詞は国語の教科書にも掲載され、ヒット曲ではないが、若い世代に広く浸透した曲といえる。

永久欠番
国語の教科書にも載った中島みゆき『永久欠番』|中島みゆきが込めた思いとは?1991年10月23日に発売された19作目のオリジナルアルバムに収録された 『永久欠番』 をみていこう。 この曲に込めた中島み...

『笑ってよエンジェル』

『笑ってよエンジェル』(レコチョク)

1990年に発売されたシングル『with』のカップリング曲。

ツアー中に『with』のシングル発売が決定した。

『with』はアルバム『夜を往け』からシングルカットされたものだが、B面の曲が用意されていなかったため、大慌てで録った曲が、この『笑ってよエンジェル』だ。

後に、チェリー・チョイという香港シンガーによりカバーされている。

書く
山田洋次が中島みゆき『with』に目をつけた理由1990年8月21日に発売された25作目のシングル 『with』 についてみていこう。 この曲が映画『息子』のイメージソングと...

『た・わ・わ』

『た・わ・わ』(レコチョク)

「おまえを殺したい」

という歌詞が印象的なこの曲。

女の嫉妬を、コミカルに描いている。

恋敵は、タイトルの通り胸がたわわで男を端から端まで悩殺するような女。

「胸は熟したフルーツ」

「糸を渡ってゆくような細いピンヒール」

など、敵の描写が生々しい。

「月刊カドカワ」のインタビュー記事では、

「一大コンプレックスですもん。
 やっぱりたわわにはかないませんよ」

と語っているので、この曲、ある程度自分を下敷きにしてるのではと思われる。

ちなみにこの曲を発表した当時、化粧品メーカーが「たわわ」というキャッチコピーを打ち出し新商品を売り出していて、冷や汗ものだったと語っている。

また、中島みゆきの著書『ジャパニーズ・スマイル』の中では、同名のリンゴ菓子が青森で販売されているのを知り、すでに商品名を言えないNHKの番組内で「たわわ」を何度も口走っていたことを後悔するくだりが書かれている。

『サッポロSNOWY』

『サッポロSNOWY』(レコチョク)

「大陸からの強い寒気が下がって」

曲の冒頭で、え?天気予報の歌?と匂わせつつ、雪を「あの人」に見せてあげたいという恋歌へと変わっていく。

雪が足跡や昨日の出来事を隠してしまうというくだりは乙。

中島みゆき自身もコンサートツアーを回る時に行く先の天気予報を長距離で確認しているという。

「長距離で聞くってことは、つまり札幌にはいないわけだけど、自分の中で雪がつもるんだよね」

なるほど、札幌の外から札幌に思いを馳せる歌らしい。

『南三条』

『南三条』(レコチョク)

東京、札幌、そして南三条とやたら地名の多いアルバムだ。

南三条とは中島みゆきの故郷である札幌の中にある街。

かつては音楽喫茶が多く建ち並んでいたこともあって、中島みゆきにとって縁のあった街であったことは想像に難くない。

この曲はかなりストーリー性の強い内容になっている。

歌詞解釈

地下鉄の人混みの中で突然バッタリ会いたくない女と出会ってしまう。

その女は、かつて自分の男を奪った恋敵。

とっくに2人は幸せになっていると思っていたが、実はとうに2人は別れてしまっていたのである。

「ずっと憎んで来た無駄な日々返してと
 何を責めればいいの」

激しい後悔が押し寄せる。

そして、南三条を泣きながら走った夏の日が甦ってくるのだった。

走る
中島みゆき『南三条』|南三条ってどこ?1991年10月23日に発売された19作目のオリジナルアルバムに収録された 『南三条』 をみていこう。 中島みゆき『南三条』 ...

中島みゆき曰く、この曲は息をするところがほとんどなく、体力を消耗するらしい。

さて、この「南三条」というタイトルを英訳すると、「サウス・サード・ブルバード」なのだが、ブルバードはロサンジェルスではものすごい広い道路を意味する。

現地のミュージシャンに伝えたところで、「あんなところを泣きながら走ったのか!パワフルな女だな!」と、かえって認識のズレを生じさせてしまったエピソードを語っている。

『炎と水』

『炎と水』(レコチョク)

このアルバムは当初、『永久欠番』『C.Q.』をラストに持ってくるだろうなと思って曲を撮っていたが、この『炎と水』がラインナップに加わったとたん、その場で、この曲がアルバムのラストを飾ることに決定した。

一般的に、男が火で女が水と捉えられがちだが、中島みゆきの中では男の方が水なのだそう。

私小説的な『南三条』とは対照的に男女の根源的なものを歌った曲になっている。

曲後半の高音部分は、音域の広い中島みゆきでもさすがにのたうち回ったという。

『歌でしか言えない』のみんなの感想

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Music ...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。