ポプコン入賞曲『傷ついた翼』への中島みゆきの想い|デビュー前の音源が聴ける?

翼

1975年12月21日に発売された2作目のシングル曲
『傷ついた翼』
をみていこう。

中島みゆき『傷ついた翼』

『傷ついた翼』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 船山基紀

収録アルバム

『Singles』

『Singles』(レコチョク試聴あり)

1987年8月21日に発売された中島みゆきの初のシングルコレクションアルバム。

1975年にリリースされたデビュー曲『アザミ嬢のララバイ』から1986年の『やまねこ』までの全40曲(B面曲を含む)のシングルを収めた3枚組アルバムだ。

名曲『時代』1975年version)、初のオリコン1位を獲得したヒット曲『わかれうた』そのB面曲『ホームにて』、80年代にヒットした『悪女』『ひとり上手』『誘惑』などなど、1970年代から80年代の中島みゆきにどっぷり浸かれる名盤だ。

『傷ついた翼』はポプコン入賞曲

『傷ついた翼』は1975年5月18日に行われた「第9回ポピュラーソングコンテスト(略してポプコン)つま恋本選会」で歌われ入賞した曲である。

ちなみに、このときのグランプリは七福神『わたり鳥』という曲。

有名どころでいえば松崎しげる八神純子が優秀曲賞、庄野真代が入賞、渡辺真知子が川上賞を獲得している。

この年の1975年10月12日に行われた「第10回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会」では、中島みゆきは『時代』でグランプリを受賞している。

八神純子も感動した『傷ついた翼』

このコンテストに出場した八神純子は、この時に中島みゆきが歌った『傷ついた翼』を聴いて感動したことを「週刊現代スペシャル」の中で語っている。

当時の八神はシャイで、初対面の人に声をかけるのもかなり勇気が要った。

だが、それよりも、感動を伝えたくて、楽屋で思い切って中島みゆきに声を掛けたのである。

だが、中島みゆきはよく聞き取れず、

「え?」

と返したという。

楽屋といっても荷物といっしょにみんなが地べたに座るような大部屋らしく、周りの話し声にかき消されたのか、八神の声が小さかったのか、声がよく届かなかったようだ。

八神純子も歌った『傷ついた翼』

そんな八神純子だが、2011年にリリースしたカバーアルバム『Vreath(ブレス)~My Favorite Cocky Pop~』の中でこの『傷ついた翼』をカバーしている。

他にも『時代』が収録されている。

八神純子『傷ついた翼』(レコチョク試聴あり)

八神純子と『時代』についてのエピソードはコチラの記事で↓↓↓

時代
中島みゆき『時代』の裏話|『時代』と中島みゆきの父親との関係1975年12月21日に発売された2作目のシングル、 『時代』 をみていこう。 中島みゆきを語る上で避けて通れないこの曲。 ...

『傷ついた翼』への中島みゆきの想い

『傷ついた翼』が入賞を決めた「第9回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会」から1週間後の1975年5月25日付の十勝毎日新聞の記事の中で、中島みゆきは受賞の喜びとともに『傷ついた翼』を書いたときの心境をふり返って語っている。

「他人に評価されたい、注目されたいという気持が、あたしのどこかにあったみたい。
 そんな自分の気持にいや気がさしてきたから、しばらく歌を作るのをやめていたんです。
 行き詰ったんですね、ひとなみに。
 だから本当に素直な気持になって作ったのがこれなんですよ」

『傷ついた翼』はデビュー曲になる予定だった

『傷ついた翼』は当初はデビュー曲として出る予定だったことが1976年放送の「ポプコン・アウトアンドイン」の中で明かされている。

この番組の中で、中島みゆきは、デビューシングルがリリースされるまでの経緯に言及している。

ポプコンに出ると、そのライブレコードのLPがまず発売された後、シングルカットされ曲単体でリリースされてゆくのが慣例だというが、中島みゆきの場合、その慣例から外れたコースを取った。

当初は、『傷ついた翼』をレコード化する予定であったが、B面がないということで、中島みゆきはB面用の曲を提出した。

その後、この曲が中島みゆきの知らないところで急遽A面に差し替えられていたのだそう。

そう、これが中島みゆきのデビュー曲『アザミ嬢のララバイ』だ。

肝心の『傷ついた翼』はというと、その次のセカンドシングル『時代』のB面に収録されることになった。

デビュー前の音源が聴ける?

「第9回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会」で入賞した『傷ついた翼』は、その後、発売されたライブレコードのLPに収録されている。

ライブ音源の『傷ついた翼』は、スローテンポで、シングル版とはまた少しだけ違う味わいがある。

コチラは『Live!! POPCON HISTORY II』というタイトルで2005年にCD化されていてる。

歌詞解釈

ふり返る昔の中に「傷ついた翼」が思い出されて胸が痛くなるという歌。

愛の翼に気づかないでいた自分を悔やみながら1人になった今、ようやく愛に手が届くようになったと歌われているが、翼がいったい何の象徴なのか、聴く人に解釈を委ねる曲である。

『傷ついた翼』のみんなの感想

『傷ついた翼』はこんな時に聴こう

むかし傷つけた人がいてその人に詫びたいなら『傷ついた翼』を聴いて今の気持を翼に乗せて飛ばすつもりで。

『傷ついた翼』はサブスク(定額制)でも聴ける

2020年1月8日よりついにサブスクリプション(定額制)で中島みゆきの曲を聴けるようになった。

『Amazon Music Unlimited』に登録すれば、月額980円(プライム会員は月額780円)で中島みゆきのシングル曲(カップリング含む)が聴き放題。
(※1975年版『時代』、映画主題歌バージョン『瞬きもせず』は含まない)

もちろん中島みゆき以外のアーティスト曲も聴くことができる。

その数、6500万曲以上

30日間の無料お試し期間があるので、ぜひ一度試していただきたい。

『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Musi...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。