MENU
未分類

サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?

聴く

2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。

音楽配信サービス『Amazon Music Unlimited』に登録すれば、月額980円(プライム会員は月額780円)中島みゆきのシングル曲(カップリング含む)が聴き放題

これを機に、中島みゆきの世界を広げていこう。

サブスクとは?

サブスクとは「サブスクリプションサービス」の略。

定額の料金を支払うことで一定期間のサービスを受けることができちゃう方式だ。

中島みゆきをサブスクで聴くには?

『Amazon Music Unlimited』に登録すれば、中島みゆきの曲をサブスクで聴くことができる。

月額980円中島みゆきのシングル曲(カップリング含む)が聴き放題

Amazonプライム会員なら、月額780円で聴くことができる

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの楽曲

『Amazon Music Unlimited』では、以下の中島みゆきのシングル曲(カップリングを含む)を聴くことができる。

『アザミ嬢のララバイ』(1975年)
「♪ララバイ1人で眠れない夜は♪」
(デビューシングル)

『さよなら さよなら』
「♪さよならさよなら今はなにも言わないわ♪」

『傷ついた翼』
「♪愛は一人一人になってやっとこの手に届いたの♪」
(第9回ポピュラーソングコンテスト本選会入選曲)

『こんばんわ』(1976年)
「♪こんばんわ久しぶりねどうにか無事でいるようね♪」

『強い風はいつも』
「♪強い風はいつもボクらの上にひとつの渦巻きを残してゆくのか♪」

『夜風の中から』
「♪浮気でやくざな女が今夜どこでどうしていようと知った事じゃないが♪」

『忘れられるものならば』
「♪忘れられるものならばもう旅になど出ない♪」

『わかれうた』(1977年)
「♪わかれはいつもついて来る幸せの後ろをついて来る♪」
(初のオリコン10入り&オリコン1位曲)

『ホームにて』
「♪ふるさとへ向かう最終に乗れる人は急ぎなさいと♪」

『おもいで河』(1978年)
「♪飲んですべてを忘れられるものならば今夜もひとり飲み明かしてみるけれど♪」

『ほうせんか』
「♪悲しいですね人は誰にも明日流す涙が見えません♪」

『りばいばる』(1979年)
「♪愛してる愛してる今は誰のため愛してる愛してる君よ歌う♪」

『ピエロ』
「♪かまれた傷には麻酔が必要俺でも少しは抱いててやれるぜ♪」

『かなしみ笑い』(1980年)
「♪だから笑い続けるだけよ愛の傷が癒えるまで喜びも悲しみも忘れ去るまで」

『霧に走る』
「♪ああ外はなんて深い霧車の中にまでいっそこんな車こわれてしまえばいいのに♪」

『ひとり上手』(1980年)
「♪ひとり上手とよばないで心だけ連れてゆかないで♪」

『悲しみに』
「♪悲しみにうちひしがれて今夜悲しみに身をふるわせる♪」

『あした天気になれ』(1981年)
「♪愛が好きです愛が好きですあした孤独になれ♪」

『杏村から』
「♪杏村から便りがとどくきのうおまえの誕生日だったよと♪」

『悪女』(1981年)
「♪悪女になるなら月夜はおよしよ素直になりすぎる♪」
(オリコン1位曲)

『笑わせるじゃないか』
「♪笑わせるじゃないかあの人とあたし相性が合うなんて占いを切り抜いて♪」

『誘惑』(1982年)
「♪あなた鍵を置いて私髪を解いてさみしかったさみしかった夢のつづきを始めましょう♪」

『やさしい女』
「♪こんな仕事をしているような女だからだれにでもやさしくすると思われやすい♪」

『横恋慕』(1982年)
「♪長い髪を三つ編みにしていた頃にめぐり逢えればよかった♪」

『忘れな草をもう一度』
「♪忘れな草もう一度ふるえてよあの人の思い出を抱きしめて♪」

『あの娘』(1983年)
「♪ゆうこあいこりょうこけいこまちこかずみひろこまゆみ♪」

『波の上』
「♪遠いエデン行きの貨物船が出る帰りそこねたカモメが堕ちる手も届かない波の上♪」

『ひとり』(1984年)
「♪Good-byGood-by明日からひとりどんな淋しい時でも頼れないのね♪」

『海と宝石』
「♪だから愛してくれますか私の頬が染まるまで♪」
(松坂慶子への提供曲)

『孤独の肖像』(1985年)
「♪Lonelyface悲しみはあなたを失くしたことではなくLonelyfaceもう二度とだれも信じられなくなることよ♪」

『100人目の恋人』
「♪あなたかもしれないし私かもしれない身のほど知らずだけど私あの人はゆずれない♪」

『つめたい別れ』
「♪何も言わないでただ抱きしめて何も言わないでただ見つめて♪」

『ショウ・タイム』
「♪いまやニュースはショウ・タイムいまや総理はスーパースター♪」

『あたいの夏休み』(1986年)
「♪SummervacationあたいのためにSummervacation夏翻れ♪」

『噂』
「♪悪いことばかり信じるのね観たがるのは告白あなただけは世界じゅうで刑事じゃないといってよ♪」

『見返り美人』
「♪だってさみしくて見返りの美人泣き濡れて八方美人♪」

『どこにいても』
「♪どこにいてもあなたが急に通りかかる偶然を胸のどこかで気にかけているの♪」

『やまねこ』
「♪傷つけるための爪だけが抜けない棘のように光る天からもらった贈り物がこの爪だけなんて この爪だけなんて♪」

『シーサイド・コーポラス』
「♪シーサイド・コーポラス 小ねずみ駆け抜ける港はいつも魚の脂の匂い♪」

『御機嫌如何』(1987年)
「♪御機嫌如何ですか私はあいかわらずです泣いてる日もあります笑う日だってあります♪」
(郵政省「かもめ~る」CMソング)

『シュガー』
「♪夢は57セント1度足を上げる値段夢から夢へ綱渡りSUGARSUGAR砂糖菓子♪」

『仮面』(1988年)
「♪ねぇ覚えてやしないでしょうあたし あんたが文無しだった頃から近くにいたのにさ♪」
(作曲:甲斐よしひろ)

『熱病(New Version)』
「♪でもHaHaHa春は扉の外ででも HaHaHa春は誘いをかける♪」

『涙 ~Made in tears~』
「♪男運は悪くなかったあんないい人いやしないもの♪」
(前川清への提供曲)

『空港日誌』
「♪今夜の乗客は9人乳飲み児が1人女性が2人あとは常連客尋ねられた名前はありません♪」
(薬師丸ひろ子への提供曲)

『あした』(1989年)
「♪もしも明日私たちが何もかも失くしてただの心しか持たないやせた猫になっても♪」

『グッバイガール』
「♪グッバイガール何とでも私のことを他人は語るがいいさ♪」

『with』(1990年)
「♪with…そのあとへ君の名を綴っていいかwith…淋しさと虚しさと疑いとのかわりに♪」
(映画「息子」のイメージソング)

『笑ってよエンジェル』
「♪笑ってよエンジェル夢の中エンジェル君の笑顔消えてくれるなそれだけが願いさ♪」

『トーキョー迷子』(1991年)
「♪5年かければ人は貌だちも変わるましてや男ましてや他人今日もトーキョー迷子♪」

『見返り美人(New Version)』
「♪だってさみしくて見返りの美人泣き濡れて八方美人♪」

『誕生』(1992年)
「♪Remember生まれた時だれでも言われた筈耳をすまして思い出して最初に聞いたWelcome♪」
(映画「奇跡の山 さよなら、名犬平治」主題歌)

『Maybe』
「♪Maybe夢見ればMaybe人生はMaybeつらい思いが多くなるけれど♪」
(パナソニック「ブレンビー」のCMソング)

『浅い眠り』
「♪浅い眠りにさすらいながら街はほんとは愛を叫んでいる♪」
(フジテレビ系ドラマ「親愛なる者へ」主題歌・初のミリオンセラー曲)

『親愛なる者へ』
「♪風は北向き心の中じゃ朝も夜中もいつだって吹雪♪」

『ジェラシー・ジェラシー』(1993年)
「ジェラシージェラシージェラシー誰もが疑わしい男だろうと女ならもっと♪」

『兆しのシーズン』
「♪もう一人では眠れない 兆しのシーズン壊れたら悲しいでもそれよりも恋しい♪」
(作曲:筒美京平)

『時代』
「♪まわるまわるよ時代はまわる喜び悲しみくり返し♪」

『最後の女神』
「♪あぁあれは最後の女神天使たちが歌いやめても♪」
(TBS系「筑紫哲也NEWS23」テーマソング)

『空と君のあいだに』(1994年)
「♪空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる♪」
(日本テレビ系ドラマ「家なき子」主題歌・オリコン1位曲・ミリオンセラー曲)

『ファイト!』
「♪ファイト! 闘う君の唄を闘わない奴等が笑うだろう♪」

『旅人のうた』(1995年)
「♪あの日々は消えてもまだ夢は消えない君よ歌ってくれ僕に歌ってくれ♪」
(日本テレビ系ドラマ「家なき子2」主題歌・オリコン1位曲・ミリオンセラー曲)

『SE・TSU・NA・KU・TE』
「♪せつなくてふいにせつなくてこみあげる涙だけが素直♪」

『たかが愛』(1996年)
「♪何故にたかが愛に迷いそしてたかが愛に立ちどまらされても捨ててしまえないものがまだあるの♪」
(テレビ朝日系「はみだし刑事情熱系」主題歌)

『目を開けて最初に君を見たい』
「♪目を開けて最初に君を見たい誰よりも最初に君を見たい♪」

『愛情物語』(1997年)
「♪たとえ離れても心は変わらないせつなさに疲れて息がとまっても~Wow~♪」
(テレビ朝日系ドラマ「はみだし刑事情熱系」第2シリーズ)

『幸せ』
「♪幸せになる道には2つあるもう1つは願いなんか捨ててしまうこと♪」
(小林幸子への提供曲)

『命の別名』(1998年)
「♪繰り返す哀しみを照らす灯をかざせ君にも僕にもすべての人にも♪」
(TBS系ドラマ「聖者の行進」主題歌)

『糸』
「♪縦の糸はあなた横の糸は私織りなす布はいつか誰かを暖めうるかもしれない♪」

『瞬きもせず』
「♪瞬きもせずに息をすることさえ惜しむかのように求めあう♪」
(映画「学校Ⅲ」主題歌)

『私たちは春の中で』
「♪私たちは春の中でわからないものに 苛立っている♪」

『地上の星』(2000年)
「♪つばめよ高い空から教えてよ地上の星をつばめよ地上の星は今何処にあるのだろう♪」
(NHK「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」主題歌・オリコン1位曲・ミリオンセラー曲・紅白初出場曲)

『ヘッドライト・テールライト』
「♪ヘッドライト・テールライト旅はまだ終わらない♪」
(NHK「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」エンディング曲)

『銀の龍の背に乗って』(2003年)
「♪銀の龍の背に乗って届けに行こう命の砂漠へ♪」
(フジテレビ系ドラマ「Dr.コトー診療所」主題歌)

『恋文』
「♪恋文に託されたサヨナラに気づかなかった私「アリガトウ」っていう意味が「これきり」っていう意味だと最後まで気がつかなかった♪」

『帰れない者たちへ』(2006年)
「♪帰れない者たちが月を見る十三夜♪」
テレビ朝日系ドラマ「松本清張 けものみち」主題歌

『命のリレー(2004年夜会バージョン)』
「♪この一生だけでは辿り着けないとしても命のバトン掴んで願いを引き継いでゆけ♪」

『一期一会』(2007年)
「♪忘れないよ遠く離れても短い日々も浅い縁も忘れないで私のことよりあなたの笑顔を忘れないで♪」
(TBS系「世界ウルルン滞在記”ルネサンス”」主題歌)

『昔から雨が降ってくる』
「♪あの雨が降ってくる僕は思い出す僕の正体を昔から降ってくる なつかしく降ってくる♪」
(TBS系「世界ウルルン滞在記”ルネサンス”」エンディング曲)

『愛だけを残せ』(2009年)
「♪愛だけを残せ壊れない愛を激流のような時の中で♪」
(映画「ゼロの焦点」主題歌)

『闘りゃんせ』
「♪闘りゃんせ愛よ闘りゃんせ闘りゃんせうつろな胸の中♪」
(YOKOへの提供曲)

『荒野より』(2011年)
「♪荒野より君に告ぐ僕の為(ため)に立ち停(ど)まるな♪」
(TBS系ドラマ「南極大陸」主題歌)

『バクです』
「♪バクですバクです今の今からバクになる♪」

『恩知らず』(2012年)
「♪だからだからだからこれきりですこれでこれでこれで楽(らく)になってね♪」
(日本テレビ系ドラマ「恩知らず」主題歌)

『時代~ライブ2010~11~』
「♪まわるまわるよ時代はまわる喜び悲しみくり返し♪」

『麦の唄』(2014年)
「♪麦に翼はなくても歌に翼があるのなら伝えておくれ故郷へここで生きてゆくと♪」
(NHK連続テレビ小説「マッサン」主題歌)

『泣いてもいいんだよ』
「♪全然泣けなくて苦しいのは誰ですか全然今なら泣いてもいいんだよ♪」
(ももいろクローバーZへの提供曲)

『慕情』(2017年)
「♪もいちどはじめからもしもあなたと歩きだせるならもいちどはじめからただあなたに尽くしたい♪」
(テレビ朝日系ドラマ「やすらぎの郷」主題歌)

『人生の素人(しろうと)』
「♪皆、人生は素人(しろうと)につき♪」

(テレビ朝日系ドラマ「やすらぎの郷」挿入歌)

『離郷の歌』(2019年)
「♪心は離れない星は消えないいつの日か遠い國(くに)の歌を聞かせよう♪」
(テレビ朝日系ドラマ「やすらぎの刻〜道」主題歌)

『進化樹』
「♪誰か教えて僕たちは今ほんとうに進化をしただろうか♪」
(テレビ朝日系ドラマ「やすらぎの刻〜道」主題歌)

・シングルではあるが、1975年版『時代』と映画主題歌バージョン『瞬きもせず』は含んでいない。(1993年版『時代』とライブ版『時代』、オリジナル版『瞬きもせず』は聴くことができる)

・アルバムの曲は聴くことはできない。

レコード
中島みゆきシングル一覧(試聴あり)この記事を読むと、こんなことを知ることができます。 中島みゆきさんのシングル曲を年代順に振り返ることができます。試聴もできます...

中島みゆき以外のアーティストの曲も聴くことができる

『Amazon Music Unlimited』は、中島みゆき以外のアーティストも聴くことができる。

その数6,500万曲以上が聴き放題

現在ヒットしている曲から昔の曲まで。

演歌、洋楽、クラシック、アニソンまで幅広いジャンルの曲が取り揃えられている。

あいみょん、宇多田ヒカル、いきものがかり、Official髭男dism、菅田将暉、King Gnu、MISIA、RADWIMPS、嵐、乃木坂46、DA PUMP、Foorin、back number、スピッツ、安室奈美恵、ONE OK ROCK、浜崎あゆみ、星野源、QUEEN、吉田拓郎、松山千春、さだまさし、研ナオコ、槇原敬之、Mr.Children、福山雅治、松任谷由実、サザンオールスターズ、RA、ゆず、竹内まりや、AKB48、西野カナ、水樹奈々、平井堅、サカナクション、GreeeeN、HY、Superfly などなど

数えれあげればキリがない。

例えば、中島みゆきの持ち歌『糸』で検索をかけてみると、夥しい数のアーティストがカバーした『糸』が出てくる。

メジャーなアーティストから初めて聞くような名前のアーティストがこの曲をカバーしていて、どれをも聴くことができる。

30日間お試し可能

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

無料期間中に解約できる

もしサービスが合わなければすぐに解約することもできる。

無料期間中に解約すれば料金は発生しないので安心だ。

ちなみに、解約した後も、無料期間が終わるまではサービスを受け続けることができる

解約の方法

解約の仕方もカンタンだ。

pcの場合

  1. Amazon Musicのページを開く。
  2. 左下の自分のアカウント名へ入る。
  3. 「Amazon Musicの設定」をクリック。
  4. 「会員登録の更新」の欄の「会員登録をキャンセルする」をクリック。
  5. 後はページに沿って手続きを進めていけばいい。

スマホアプリの場合

  1. アプリを開く。
  2. 右上の「…」をタップ。
  3. 「設定」をタップ。
  4. 「Amazon Music Unlimited会員」をタップ。
  5. 「会員登録の更新」の欄の「会員登録をキャンセルする」をタップ。
  6. 後はページに沿って手続きを進めていけばいい。

無料体験期間といっても、解約手続きを行わなければ2カ月目以降は自動で料金が引き落とされる。

無料体験だけで終わりたいなら、必ず上の手順で解約・退会手続きを行おう。

サブスク『Amazon Music Unlimited』で聴くメリット

好きだけど買うほどでもない曲に手が届く

サブスク『Amazon Music Unlimited』のメリットでまず先に挙げたいのがコレ。

例えば、街やテレビで流れている曲が「いいなあ」と思っていても、それを1,000円払って買うには結構なハードルがあると思う。

1曲250~300円くらいが相場の配信音楽ですらも、躊躇してしまいがち。

だが、サブスクなら、月額980円(プライム会員は月額780円)払えば、それが聴き放題なのだ。

手の届かなかった曲を3~4曲以上聴ければ充分もとが取れる金額だ。

いつでもどこでも聴ける

音楽が携帯して聴けるようになって久しい。

だが、音楽はさらに進化を遂げている。

「ウォークマンやMP3を携帯しているからいつでもどこでも聴ける」というレベルではもはやないのだ。

サブスク『Amazon Music Unlimited』なら、その「いつでも」「どこでも」の範囲がさらに広い。

パソコン、Fireタブレット、Fire TVシリーズ、iPhone/iPad、Android端末、さらにAmazon EchoなどのAlexa対応機器のあるところなら、いつでもどこでも音楽を聴くことができる。

例えば、手ぶらで見知らぬ街へ行ったとしても、そこにパソコンがあれば、自分のアカウントで『Amazon Music』のページに入って、音楽が聴けちゃうのだ。

例え、そのパソコンが自分のパソコンでなくてもだ。

通信料が気になる人はオフラインで

『Amazon Music Unlimited』はストリーミング(ネットを通じて音声を聴く方式)で聴くサービスになっている。

そこで気になるのが通信料。

パケット定額制のスマホでも、ある程度のギガを食えば通信速度がいっきに落ちてしまうもの。

だが、安心してくれ。

『Amazon Music Unlimited』ならストリーミングではなく、オフラインで聴くことができる。

スマホなどの端末に曲をダウンロードすれば、ネットに繋がなくても音楽が聴けるぞ。

自分だけのお気に入りリストを作ることができる

CDからカセットテープに好きな曲だけをダビングして作ったマイベスト版。

昔あるあるだが、『Amazon Music Unlimited』でもそれができる。

『Amazon Music Unlimited』なら、テープの残り尺など考えずに、好きな曲を好きなだけ入れてマイベスト版を作ることができるぞ。

声だけで音楽を再生

『Amazon Echo』などのAlexa対応スマートスピーカを設置すれば、声だけで音楽を再生することができる。

「中島みゆきの『地上の星』を流して」

と言えば、スマートスピーカーから『地上の星』が流れてくる。

家事で手が塞がっているときや、寝起きでシャキッと目覚めたいときなんかに、手間をかけずに音楽を流すことができる。

『Google Home』は『Amazon Music』には未対応。

掛け声によって選曲はできないが、スマホやPCの操作によって音楽を流すことはできる。

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

サブスク『Amazon Music Unlimited』で聴くデメリット

「色んな曲」を聴かない

例えば、中島みゆきしか聴かないという人にとっては、『Amazon Music Unlimited』はオススメしない。

あるアーティストの曲のみを一途に聴く人にとっては、サブスクという形態のサービスはむしろ損になる可能性が高い。

それよりかは、CDで購入するか、配信音楽のヤツを単品で購入するかの方がグンと安上りで済む。

ジャケットを飾れない

『Amazon Music Unlimited』では、いわゆる「ジャケット買い」というのができない。

CDという「モノ」にも価値を置いている人にとっては物足りなさを感じるだろう。

ただ、曲を流している間にスマホやPCなどの端末画面に表示されるのは、そのジャケットの表紙なのだが。

タイプ別コースプラン

人によっては、『Amazon Music Unlimited』をさらにお得or快適に聴くことができる。

以下にあてはまる人は次のコースプランを検討して欲しい。

学生の人

学生なら学生プランがオススメ。

月額480円という低価格で『Amazon Music Unlimited』が楽しめる。

大学、大学院、短大、専門学校、高等専門学校に在学中の学生が対象だ。

家族でお得に音楽を楽しみたい人

家族で音楽を聴きたいなら、ファミリープランがオススメ。

月額1,480円で、6つのアカウントで聴くことができる。

家族1人1人の端末で『Amazon Music Unlimited』が楽しめるぞ。
それぞれのアカウントでマイミュージックやプレイリストを使い分けられるので、各々に合った使い方ができる。

ファミリープランに登録できる家族は13歳以上からになっている。

スマートスピーカーだけで音楽を聴く人

自宅でスピーカーだけで音楽を聴ければ事足りるという人にはEchoプランがオススメ。

月額380円『Amazon Music Unlimited』が楽しめる。

ただし、Amazonが販売しているEcho端末(Echo, Echo Dot, Echo Plus, Echo Show 5, Echo Show 8, Echo Show, Echo Studio, Echo Input, Echo Spot)からのみ登録可能。

高音質にこだわりたい人

高音質で『Amazon Music Unlimited』を楽しみたい人にはAmazon Music HDがオススメ。

通常の音楽配信と違ってデータに圧縮をかけないため、ほとんどの曲でCD並みの高音質「HD」を実現。

さらに数百万曲は生の音に近いハイレゾ品質「ULTRA HD」が施されている。

こちらはお値段がお高め。

個人プラン月額1,980円プライム会員なら月額1,780円)、ファミリープラン月額2,480円

費用をおさえてちょこっと聴きしたい人

6,500万曲もいいから費用かけず音楽を聴きたいという人には、プライム会員だけで聴くことができる『Prime Music』をオススメする。

月額500円の会費だけで、200万曲の楽曲を聴くことができる。

『Amazon Music Unlimited』ではないが、こちらも30日間の会費無料体験がある。

『Amazon Music Unlimited』と違って聴ける曲が少ない。

『Prime Music』で聴ける中島みゆきの曲は、以下のみ。

『時代』『糸』『地上の星』『空と君のあいだに』『銀の龍の背に乗って』『悪女』『わかれうた』『麦の唄』『離郷の歌』『ファイト!』『進化樹』『ヘッドライト・テールライト』

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。