夜会

『夜会VOL.17 2/2』のみんなの感想|『夜会VOL.7 2/2』との違い

姉妹

2011年に公演された『夜会VOL.17 2/2』についてみていこう。

1995年に公演された『夜会VOL.7 2/2』と何が違うか比較もしてみたぞ。

再演回数が多い

最初、1995年に公演された『2/2』は、その後、1997年、2011年と、3度に渡って公演されている。

『夜会』の再演は珍しいことではないが、それが3度となると『2/2』以外にはない。

小説・映画化

1996年に幻冬舎から小説『2/2』が出版されている。

中島みゆき初の長編書下ろし小説だ。

また、この小説を原作にした映画『2/2』が瀬戸朝香主演で2005年に公開されている。

主人公の莉花を瀬戸朝香、その恋人・圭を渡部篤郎が演じている。

また映画の主題歌は中島みゆきが夜会『2/2』のために書き下ろした『竹の歌』『NEVER CRY OVER SPILT MILK』が使われている。

アルバム『日-WINGS』『月-WINGS』に収録された音源が使われている。

劇場版『夜会VOL.17 2/2』

2013年に映画館で『夜会VOL.17 2/2』が公開された。

これを皮切りに以降、『夜会』は映画館でも上演されることが恒例になった。

あらすじ

編集者の莉花(中島みゆき)は絵描きの圭(コビヤマ洋一)と幸せになろうとしていたが、常に莉花に付きまとう亡霊が、それを邪魔していた。

莉花は1人になるために圭のもとを離れ、一方圭は、莉花を苦しめる原因を突き止めようと動き出す。

『夜会VOL.17 2/2』と『夜会VOL.7 2/2』の違い

3度公演された『2/2』だが、うち、DVD(Blu-ray)化されたのは1995年版『夜会VOL.7 2/2』と2011年版『夜会VOL.17 2/2』

3度目の公演となった『夜会VOL.17 2/2』は、オリジナル(『夜会VOL.7 2/2』)と比べて大まかなストーリーには変更はないものの、かなり印象の違う作品となっている。

脱、一人芝居

初期の『夜会』は、一人芝居の色調が強めだったが、回を重ねるごとに、脇役もセリフを言うようになり、歌も歌うようになった。

その過渡期にあたるのがオリジナル『夜会VOL.7 2/2』だったように思う。

とはいえ、まだこの頃は、中島みゆき1人が劇中の曲をすべて歌っていた。

『夜会VOL.17 2/2』では、出演者の植野葉子香坂千晶コビヤマ洋一にも歌が振り当てられ、各々の役の立場から歌うことで、より立体感のある舞台になっている。

恋人・圭が濃く描かれている

オリジナル(『夜会VOL.7 2/2』)では莉花の恋人・圭を演じていたのは伊藤敏八

明らかに二枚目といった役柄だったが、『夜会VOL.17 2/2』コビヤマ洋一が演じている。

コビヤマ扮する圭は、不器用さをまとった三枚目といったところだろうか。

ずいぶん親近感ある男性として描かれている。

また、『夜会VOL.17 2/2』では、オリジナルにはなかった圭と莉花の馴れ初めから蜜月までのシーンが色濃く描かれている。

劇中で歌われる『ギヴ・アンド・テイク』という曲の中にも、莉花と圭、各々の気持ちの「通い合い」が象徴的に表されている。

新たに書き下ろされた曲が豊富

『夜会VOL.17 2/2』で歌われる曲は、オリジナル(『夜会VOL.7 2/2』)と比べて歌われる曲数がはるかに多い。

歌われる曲は、オリジナルのものを含みつつも、新たに追加された曲も多い。

新曲

『旅は始まる』
『新しい風』
『笹舟』
『遠近法』
『ささやかな花』
『鏡の中の他人』
『ギヴ・アンド・テイク』
『彼と私と、もう1人』
『夢中遊行』
『ばりほれとんぜ』
『暗闇のジャスミン』
『帰郷群』
『竹を渡る風の中で』
『姉妹になるがいい』
『鶺鴒』
『緘口令』
『茉莉花』
『海のカルテ』

新たに追加されたシーン

『夜会VOL.17 2/2』では、オリジナル(『夜会VOL.7 2/2』)にないシーンが追加されている。

例えば、冒頭では、2人が恋人関係になる前の馴れ初めのシーンが新たに盛り込まれている。

編集者の莉花(中島みゆき)が圭(コビヤマ洋一)の描く絵を採用してもらうように働きかけるところなど、互いに支え合いながら関係を築いていくくだりは、その後の物語に感情移入しやすい仕掛けとして大いに働いている。

また、圭が莉花の行方を探し回るシーンも新たに追加された。

莉花のルーツを、かつて生まれた莉花を取り扱った産婦人科医から聞くシーンだ。

亡霊の存在をビジュアル化

莉花(中島みゆき)を苦しめる亡霊の存在だが、オリジナル(『夜会VOL.7 2/2』)の方では、あやふやな実体のないものとして描かれていた。

が、『夜会VOL.17 2/2』では、物語の初めの方から、鏡に映る形でビジュアル化されている。

亡霊を演じているのは植野葉子香坂千晶だ。

今作では演じる役どころが多い2人だ。

『夜会VOL.17 2/2』の見どころ聴きどころ

『二隻の舟』『幸せになりなさい』

オリジナル(『夜会VOL.7 2/2』)でも好評だった、ラストの『幸せになりなさい』『二隻の舟』を歌うシーンはやはり圧巻。

莉花が新しい人生へと舵を切っていく物語の要になるシーンだ。

これまでも色んな形で夜会のテーマソング『二隻の舟』が歌われたが、『2/2』で歌われる『二隻の舟』が個人的には一番魂が揺さぶられる。

二隻の舟
夜会のテーマソング中島みゆき『二隻の舟』1992年10月7日に発表された20作目のオリジナルアルバムに収録された 『二隻の舟』 をみていこう。 『夜会』のテーマソング...

後半は舞台がベトナム

主人公の莉花(中島みゆき)が傷心を癒すために訪れたところがベトナムという設定になっている。

舞台ではベトナムの市場などが再現されていて、雰囲気を楽しめる。

また、『夜会VOL.7 2/2』では、実際にベトナムで撮影されたシーンが一部、使用されている。

新たなコトバの実験劇場

初期の『夜会』は、既存の曲を、舞台という作られた設定の中で歌うことでコトバの別の側面が見えてくるという、そんな試みだったように思う。

『夜会VOL.7 2/2』以降は、全て、『夜会』のために書き下ろされた曲が歌われ、その後、CD化され『夜会』とは切り離された独立した曲として発表される形をとった。

ベクトルが初期の頃とは逆になったが、これもまたコトバの実験だった。

そして、『夜会VOL.17 2/2』では、また新たな形態を取った。

オリジナル(『夜会VOL.7 2/2』)で歌われた曲が、『夜会VOL.17 2/2』では違う扱われ方をしている。

例えば、『NEVER CRY OVER SPILT MILK』は、オリジナルの方では莉花(中島みゆき)の心情を歌った曲だったが、『夜会VOL.17 2/2』では圭(コビヤマ洋一)の心情を表わした曲として歌われているのだ。

「CD→夜会」型でもなく、「夜会→CD」型でもなく、「夜会→夜会」型の曲に触れることができるというのは、再演の魅力ではないだろうか。

CDでも楽しめる『2/2』

『夜会VOL.7 2/2』『夜会VOL.17 2/2』で歌われた一部の曲はアルバムにも収録されている。

『日-WINGS』

『日-WINGS』(レコチョク)

1999年に発売されたアルバム。

『夜会』の曲だけを収めたコンセプトアルバム『日-WINGS』。

こちらは、『夜会VOL.7 2/2』『夜会VOL.8 問う女』『夜会VOL.9 2/2』『夜会VOL.10 海嘯』の曲が収められている。

『夜会VOL.7 2/2』『夜会VOL.9 2/2』で歌われた曲は以下の通り。

『竹の歌』
『NEVER CRY OVER SPILT MILK』
『いつか夢の中へ』

『月-WINGS』

『月-WINGS』(レコチョク)

1999年に『日-WINGS』と同時発売されたアルバム。

こちらも、『夜会VOL.7 2/2』『夜会VOL.8 問う女』『夜会VOL.9 2/2』『夜会VOL.10 海嘯』の曲が収められている。

『夜会VOL.7 2/2』『夜会VOL.9 2/2』で歌われた曲は以下の通り。

『1人で生まれて来たのだから』
『紅い河』
『LAST SCENE』

『荒野より』

『荒野より』(レコチョク)

2011年に発売されたアルバム。

テレビドラマ「南極大陸」の主題歌になった『荒野より』の他、『夜会VOL.17 2/2』で歌われた曲を多く含んでいる。

『夜会VOL.17 2/2』ので歌われた曲は以下の通り。

『鶺鴒(セキレイ)』
『彼と私と、もう1人』
『ばりほれとんぜ』
『ギヴ・アンド・テイク』
『旅人よ我に帰れ』
『帰郷群』

『2/2』のみんなの感想

『夜会VOL.17 2/2』『夜会VOL.7 2/2』のDVD(Blu-ray)

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Music ...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。