アルバム

中島みゆきのアルバム『時代-Time goes around-』の解説&みんなの感想

時代

1993年10月21日にリリースされた21作目のオリジナルアルバム『時代 -Time goes around-』について、一曲ずつみんなの感想を交えて解説していくぞ。

アルバム『時代 -Time goes around-』の特徴

 

『時代 -Time goes around-』(レコチョク)

1993年10月21日にリリースされた21作目のオリジナルアルバム。

他アーティストに提供した曲のセルフカバーだったり、かつて発表した曲のセルフリメイク、いったんはお蔵入りになったものまで、非常に色彩豊かなラインナップのセルフカバーアルバムとなっている。

歴代の中島みゆきアルバムの中でも、「中島みゆきの縮図」とも呼べるような看板的な1枚だ。

制作された経緯

1993年の雑誌「FMSTATION」の中のインタビュー記事によると、最初は持ち歌のセルフリメイクとデビュー前の未発表曲だけで1枚のアルバムを作る予定だったが、ここ数年で他アーティストに提供した曲が溜まっていたので、このタイミングでそれらを織り交ぜ、今回の形となった。

歌い直しは言い訳がましい

もともと中島みゆきは、セルフリメイクには否定の姿勢を取っていた。

「言い訳がましいから潔くないでしょ」

だが、これまでを振り返ったときに、音について口を出せなかったり、知識不足のためにアレンジについてコミュニケーションが充分にできなかったり、中島みゆき曰く「子供を嫁に出すのに、タンスも布団も持たせない」状態で曲を世に出したケースが多々あったという。

今回、セルフリメイクに踏み切ったのは、納得のいく音楽環境が整ったからだ。

では、一曲ずつみていこう。

曲紹介

『時代』

『時代』(レコチョク)

この曲は、1975年10月、ヤマハ音楽振興会主催の『第10回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会』でグランプリを受賞し、その後、同年11月には『第6回世界歌謡祭』でもグランプリを受賞している曲だ。

同年12月にはシングルリリースされているが、セールス的にみると、週間オリコン14位、売上枚数16.4万枚と、そこまでヒットした曲ではない。

だが、今や老若男女誰もが知る名曲中の名曲。

このアルバムに収録されている『時代』の冒頭には、「世界歌謡祭」の司会による曲紹介の音源が流されている。

この時の司会というのが、坂本九ジュディ・オング

ジュディ・オングが海外向けにアナウンスする英語の中に、「Time goes around」というコトバが出てくるが、これは「時代」を英訳したもの。

このアルバムのサブタイトルにもなっている。

ちなみに、アルバムのジャケットで中島みゆきが着ているブラウスは、「世界歌謡祭」で着ていたのと同じもの。

中島みゆきは、これまでに『時代』をいくつものバージョンで発表しているが、1990年代以降、テレビやラジオ、多くのメディアで流れているのは、このアルバムの『時代』だ。

時代
中島みゆき『時代』の裏話|『時代』と中島みゆきの父親との関係1975年12月21日に発売された2作目のシングル、 『時代』 をみていこう。 中島みゆきを語る上で避けて通れないこの曲。 ...

『風の姿』

『風の姿』(レコチョク)

1992年に女優・中江有里に提供された曲。

中江有里主演の映画『奇跡の山 さよなら、名犬平治』に中島みゆきが主題歌『誕生』を曲提供した縁で、今度は中江有里へ曲提供することになった。

『風の姿』は中江有里主演のドラマ『綺麗になりたい』の劇中歌として毎回流れ、中江曰く、「主人公の風子の心の中を歌っているようだ」とのこと。

他人の意見に自分を合せていくことに戸惑う女性を描いた一曲だ。

風
中島みゆきに『風の姿』を書いてもらった中江有里が感じたこと1993年10月21日に発売された21作目のアルバムに収録された 『風の姿』 をみていこう。 中島みゆき『風の姿』 『風...
誕生
中島みゆき『誕生』|エピソード&歌詞に込められた意味1992年3月4日に発売された27作目のシングル 『誕生』 をみていこう。 『誕生』が生まれた経緯や、そこに込められた中島みゆ...

『ローリング』

『ローリング』(レコチョク)

1988年のアルバム『中島みゆき』で発表した曲だが、わずか5年を経てのセルフリメイク。

ドラムとサックスが前面に出ているサウンドで、前作より重厚感を増したアレンジになっている。

今回、編曲を手掛けたのは瀬尾一三

中島みゆきのドスの効いた歌唱法は、とても同一人物が歌った同じ曲とは思えないほど印象がガラリと変わっている。

荒野
中島みゆき『ローリング』|学生運動を反映?|瀬尾一三の思い1993年10月21日に発売された21作目のアルバムに収録された 『ローリング』 をみていこう。 中島みゆき『ローリング』 ...

『あどけない話』

『あどけない話』(レコチョク)

1991年に東京・渋谷にあるbunkamuraシアターコクーンで上演されたミュージカル『ラヴ・ミー・テンダー』のために書き下ろされ、出演した吉田日出子によって歌われた曲。

短編オムニバスのこのミュージカルは、中島みゆきの『南三条』という曲が一部原案になっている。

さて、bunkamuraシアターコクーンといえば、中島みゆきのライフワークである『夜会』が上演されていた場所でもある。

中島みゆきは、『夜会』を始めるにあたって吉田日出子に相談したり、また、後に『夜会VOL.12 ウィンター・ガーデン』で共演する予定でもあった(吉田日出子の急病により共演は叶わなかった)。

『あどけない話』は、現実にはありえないおとぎ話をいつまでも語って聞かせてあげようとする美しい曲だ。

おとぎ話
中島みゆき『あどけない話』|夜会を後押ししてくれた吉田日出子の存在1993年10月21日に発売された21作目のオリジナルアルバムに収録された 『あどけない話』 をみていこう。 中島みゆき『あどけな...
走る
中島みゆき『南三条』|南三条ってどこ?1991年10月23日に発売された19作目のオリジナルアルバムに収録された 『南三条』 をみていこう。 中島みゆき『南三条』 ...

夢みる勇気(ちから)

『夢みる勇気(ちから)』(レコチョク)

歌手・雪村いづみに提供された曲。

雪村いづみは、かつて美空ひばり江利チエミと共に「三人娘」と呼ばれ、1998年には紫綬褒章、2007年には旭日小綬章を受賞するほどの大御所歌手だ。

雪村いづみの歌う『夢みる勇気(ちから)』が収録されているアルバム『I’m a Singer』は、デビュー40周年を記念して、12人のシンガーソングライターに依頼した曲が収められている。

依頼したライターのうち、女性は中島みゆき1人のみ。

「夢みる勇気(ちから)がある限り恋は消えない」

という歌詞は、40年間も歌い続けた雪村いづみのバイタリティを感じさせてくれる。

あたし時々おもうの

『あたし時々おもうの』(レコチョク)

公式には、中島みゆきのデビュー曲は1975年の『アザミ嬢のララバイ』とされている。

しかし、厳密に言うと、それより前に中島みゆきの歌がレコード化されていたのはご存知だろうか?

それがこの曲、『あたし時々おもうの』だ。

1972年ニッポン放送主催のコンテスト『全国フォーク音楽祭』のステージで歌った音源が、実は中島みゆきがデビューする前にこっそりライブアルバムとして世に出ていたのだ。

今となっては中島みゆき本人も持っていないほどレアな品。

このアルバムに収められるまでは、歌詞が『愛が好きです』(新潮文庫82年)や『中島みゆき全歌詞集』(朝日新聞社86年)に掲載されるのみで、長らく全貌が明らかにならなかった幻のデビュー曲だ。

まだ20代前半の中島みゆきが、

「「若い時」なんてあたしたちにも もう、ないの」

と、歳をとった自分に思いを馳せた曲だ。

思う
中島みゆき『あたし時々おもうの』は幻のデビュー曲だった?1993年10月21日に発売された21作目のオリジナルアルバムに収録された 『あたし時々おもうの』 をみていこう。 幻のデビュ...
電話
中島みゆきのデビュー曲『アザミ嬢のララバイ』の裏話|研ナオコとの出会いの曲1975年9月25日に発売された1作目のシングル 『アザミ嬢のララバイ』 についてみていこう。 もう1つのデビュー曲の存在や研...

流浪の詩

『流浪の詩』(レコチョク)

1976年のアルバム『みんな去ってしまった』に収録されている曲のセルフリメイク版。

オリジナルでは、ポップ・カントリー風なアレンジが施されていたが、もともとはアメリカ南部の綿花畑の黒人労働者を歌ったトラディショナル・フォーク・ソング「コットンフィールズ」がイメージにあったという。

中島みゆきの表現力の幅が広がったことにより、今回セルフリメイクに踏み切り、その結果、最初のイメージと近い仕上がりになったそうな。

もちろん、瀬尾一三による編曲の力も大きく功を奏しているというのは言うまでもないが。

雨月の使者

『雨月の使者』(レコチョク)

この曲の作詞を手掛けたのは劇作家の唐十郎

1987年に、彼の手掛けた脚本で放送されたドラマ『雨月の使者』(NHK)の主題歌だ。

自分以外の人が手掛けた歌詞を中島みゆきが歌うというのは極めて珍しい。

先に歌詞があり、そこに中島みゆきが曲をつけるという形で曲が作られたが、中島みゆき曰く、骨が折れたとのこと。

なお、ドラマで歌われた『雨月の使者』は、唐十郎の意向に合せてアレンジや歌唱が決められたが、このアルバムでは、中島みゆきがかつてから暖めていたイメージで歌われている。

慟哭

『慟哭』(レコチョク)

1993年に、工藤静香に提供された曲で、ドラマ『あの日に帰りたい』とのタイアップで大ヒットした。

作曲は後藤次利

中島みゆき&後藤次利のコンビで工藤静香に提供した楽曲は、これまでにもいくつかあり、『FU-JI-TSU』『MUGO・ん…色っぽい』『黄砂に吹かれて』など、工藤静香の代表曲の多くを世に送り出している。

恋心を寄せていた男友達に恋人を紹介されるというバツの悪いシチュエーションが歌い込まれている。

友情と恋心の間で揺れ動く女心が、多くの人々の共感を得た。

慟哭
中島みゆき『慟哭』|工藤静香と中島みゆきの関係1993年10月21日に発売された21作目のオリジナルアルバムに収録された 『慟哭』 をみていこう。 中島みゆきと工藤静香の関...

孤独の肖像1st.

『孤独の肖像1st.』(レコチョク)

1985年にリリースされたシングル曲だが、当初予定していた曲が編曲家の後藤次利のサウンドに合わず、また、中島みゆき自身の音域では歌えないということあって、メロディを新たに書き直して、レコーディングされた。

その後、中島みゆきの音域が広がったこともあり、かつて歌うはずだったオリジナルをあらためて形にした。

タイトルは、1985年の『孤独の肖像』に対して『孤独の肖像1st.』「1st.」が加えられている。

発表する順番が後発でもコチラがオリジナルであることを示すためだ。

だが、オリジナル以前に、全く別の曲かと思うくらい、メロディも曲の印象も違う。

孤独
中島みゆき『孤独の肖像1st.』の「1st.」にはどんな意味があるのか?1993年10月21日に発売された21作目のオリジナルアルバムに収録された 『孤独の肖像1st.』 をみていこう。 この「1s...

かもめの歌

『かもめの歌』(レコチョク)

「エディット・ピアフの再来!?」と世間を魅了したフランスの歌手、パトリシア・カース

1993年に、全世界で発売されたアルバム『永遠に愛する人へ』の日本盤のボーナス・トラックの曲を、中島みゆきが提供した。

それがこの『かもめの歌』

中島みゆきの書いた詞をもとにフランスの作詞家が歌詞を書いているが、中島みゆき曰く、「全然もとのと違う」とのこと。

ともあれ、これが中島みゆきにとって初めて海外のアーティストに提供した記念すべき楽曲。

メロディがどことなくフランスを意識しているように聴こえなくもない。

かもめ
中島みゆきがパトリシア・カースに提供した『かもめの歌』にはかもめはいなかった1993年10月21日に発売された21作目のアルバムに収録された 『かもめの歌』 をみていこう。 中島みゆき『かもめの歌』 ...

アルバム『時代 -Time goes around-』のみんなの感想

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

⇒『Amazon Music Unlimited』の登録はコチラ。

聴く
サブスク『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Music ...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。