アルバム

中島みゆきのアルバム『はじめまして』の全曲解説&みんなの感想

はじめまして

1984年10月24日に発売された11作目のオリジナルアルバム
『はじめまして』
の曲解説とみんなの感想をみていこう。

中島みゆき『はじめまして』の特徴

 

『はじめまして』(レコチョク試聴あり)

「御乱心の時代」の幕開け

「御乱心の時代」の始まりのアルバムとされている。

「御乱心の時代」とは中島みゆきが自身の音楽性を模索しながらあれこれ試行錯誤していた時期のことを指す。

1986年「婦人公論」12月号の田家秀樹の手記によると、ロック色の強いこのアルバムが出た当時、デビュー当時からの中島みゆきファンからはロックへ「転向した」という声があがっていた。

なお、この「御乱心の時代」は現在の相棒ともいえるアレンジャー瀬尾一三と出会うことで終焉を迎える。

前作から1年半

この頃のアルバムは、概ね春くらいにリリースされていたが、『はじめまして』は例年から半年遅れの秋にリリースされた。

このため、一部レコード屋は、春にアルバムの予約を受けつけてしまうというフライングミスを犯している。

前作の『予感』から1年半と、基本1年ペースの中島みゆきにとって珍しくインターバルが長いアルバムとなった。

だが、本人曰く、選曲するところから数えると1年2年どころではないほど時間がかかったのだそう。

アルバム『はじめまして』のみんなの感想

曲解説

『僕は青い鳥』

『僕は青い鳥』(レコチョク試聴あり)

アルバムに先駆けて春のコンサートツアー『明日を撃て!』でオープニング曲に披露された。

1984年12月発行の『ギターブックGB』のインタビューでは、この時すでにこの曲がアルバムに収録されることが決定していたため、紹介のつもりで歌ったという。

だが実は、『僕は青い鳥』が初めて披露されたのは、それから遡ること5年前の『1979年・秋のツアー』のステージでだった。

ずいぶん前に作られた曲だったのだ。

ちなみにこの曲、香港の夢劇院というデュオがカバーしている。

歌詞解釈

『僕は青い鳥』は、モーリス・メーテル作の童話劇『青い鳥』がモチーフになっている。

「幸せになりたくて 人は変わってゆく
 幸せを追いかけて 狩人に変わってく
 青い鳥 青い鳥 それは自分なのに」

幸せの象徴である青い鳥は自分の中にあるのに人々はそれに気付かないでいると、風刺の効いた一曲。

『幸福論』

『幸福論』(レコチョク試聴あり)

中島みゆきを敬愛して自らの名前もそれにあやかったという芸人・鳥居みゆき

彼女の舞台のタイトルである「幸福論」はこの曲から拝借したもの。

当時この曲はそれまでフォーク色の強かった中島みゆきの印象をガラリと変えた曲といわれている。

ロック調のサウンドはこの先の中島みゆきの音楽性の広がりを予感させる。

歌詞解釈

他人の幸せを「妬ましい」と言い切ってしまう潔さがこの曲にはある。
「プラスマイナス他人の悲しみをそっと喜んでいないか」

誰もが胸の内に秘めている醜い本音は歌であろうとも隠すか触れないでいることが美しいはずなのだが、それを惜しげなくさらけ出すのは昔からの中島みゆきのスタイル。
漫画家・一条ゆかりとの対談で中島みゆきは自身の持ち歌『元気ですか』についてこう言っている。
「みんな、ここまで書いたら嫌われる、と思って書かないだろう、というのはある」
なかなかの確信犯だ。

『ひとり』

『ひとり』(レコチョク試聴あり)

コチラは、1984年3月21日にリリースされたシングル曲をアレンジを変えて収録している。

アルバムバージョンは、その控えめなサウンドと歌唱から、まだ恋の傷に耐え忍ぶ女性をイメージさせる。

歌詞解釈

「別れ」という定番のテーマの曲だが、

「もううらみごとなら 言うのはやめましょう
 あの日出会った思い出までも
 まちがいに思えてしまうから」

と、美しい別れ方をしたい女性のはかない望みが描かれている。

歳をとったらもう一度会って欲しいとか、歳をとる日まで手紙の封は切らないで欲しいとか、これから別れようとしているのに先を思い描いているってところが、なんとも切ない。

『生まれた時から』

『生まれた時から』(レコチョク試聴あり)

男性コーラスは、最初専門の人に頼む予定だったが、後に、ライブのバンドのベースである岡沢章が担当することになった。

ちなみに女性コーラスはおなじみ杉本和世

歌詞解釈

「「生まれた時から」という書き出しで歌を作りなさい」という問題を与えられて作ったような曲にも思えてくる。

というのは、1番の歌詞も2番の歌詞も出だしが「生まれた時から」だからだ。

だが内容的には「酒」が絡んだ歌。

女が惚れている男はいつも飲んだくれている。

その理由が、昔つきあってた女との別れをまだ引きずっているからだと知った女は、ショックで今度は自分が飲んだくれるというありさま。

「飲んででもいなければ 悲しみは眠らない」

男と女が2人叶わぬ思いを胸に抱きながらヤケ酒をあおるショッパイ曲。

『彼女によろしく』

『彼女によろしく』(レコチョク試聴あり)

歌詞解釈

これもまた「別れ」の曲。

男の方に別の女がいるということが歌詞から推測できる。

のっけの歌詞からスゴい。

「あと幾日生きられるか 生命線に尋ねてみても
 昨日死んだ若い人の掌(てのひら)は長生き示してた
 昨日が見えなくて良かったわ
 だからあなた信じられたもの」

と亡くなった人間の手相から自分たちの蜜月を重ねるこの発想が秀逸。

『不良』

『不良』(レコチョク試聴あり)

のっけから激しいドラムのイントロ。

タイトルといいヤサグレ感たっぷりの歌詞と歌い方といい思いきりロックしてる。

コチラも、これまでになかった中島みゆきの顔を見せつけた「御乱心の時代」の産物。

歌詞解釈

「寂しいですか恋人たち」

と出だしで意味深な問いかけ。

叶わなかった恋をうやむやにして抱きしめているのが「腕の中の他人」ってとこが、よろしくない、「不良」だけに。

だが、

「あたしにも 幸せをまわしてよ」

と、不良なりの心の叫びというのがあるのだ。

『シニカル・ムーン』

『シニカル・ムーン』(レコチョク試聴あり)

感情を前面に出さずに淡々と歌われていてサウンドも控えめ。

月が雲に見え隠れするような夜空の静けさをイメージさせる。

歌詞解釈

危うい男と女の心の内が月の光に見透かされてしまいそうなそんな曲。

「肩にまわした指に積もる花びらひんやり」

とこの曲は春の4月の夜を歌っている。

片寄せ合い桜の花びらが降る中を2人歩きながら、

「ふたりは十年先を怯えてしまう」

と内心こんなこと思っちゃってるのだ。

桜、月、不安定な男女。

風情あるシチュエーションである。

『春までなんぼ』

『春までなんぼ』(レコチョク試聴あり)

これも「御乱心の時代」の産物と言ってもよいのか。

まるで酔いつぶれて一升瓶手に歌っているような脱力感のある歌唱。

『ギターブックGB』の中で中島みゆきは、この音程が取れてるような取れてないような曲に対してのインタビュアからの質問に対し、

「あれは、あのとおりもう1回歌えたって、同じにはならんでしょうね」

と答えている。

追記:1991年『月刊カドカワ』11月号のアルバム紹介の中で、

『春までなんぼ』とか歌い方が御乱心」

という中島みゆきの本人のコトバが記載されていた。

ということで、改めて中島みゆき公認「御乱心ソング」と認定させていただこう。

歌詞解釈

タイトルに「春」がつくわりにのどかな雰囲気など皆無のこの曲。

「私のことを嫌いな人が
 私をすきなふりしてだます」

「いらない鳥を逃がしてあげた
 逃してすぐに 野良猫食べた」

と、とっても歌詞が退廃的なのである。

主人公の「私」は世の中を悲観的に見ているクセに、1%の望みがあれば残り99%の疑いを殺したり、春までの時間を数えたり、なんか放っておけない女である。

『僕たちの将来』

『僕たちの将来』(レコチョク試聴あり)

音楽プロデューサーの小林武史Mr.Children櫻井和寿が率いるBank Bandが、2004年にリリースしたアルバム『沿志奏逢』の中でカバーした曲としても有名。

この曲を含め全体的に不安定な恋を歌った歌が多いアルバムだが、中島みゆき曰く、

「結婚したとしても、フト疑問を抱く瞬間が繰り返されるんだろうね」

と自身の体質をこのように述べている。

歌詞解釈

24時間レストランでの男女の会話が今にも別れ話を切り出しそうでスリリング。

この先2人はどうなっていくのか。

テレビからはどこかの国の戦争のニュースが流れているのだが、この歌の主人公は、そんなことよりも自分たちの将来を案じている。

ニュースそっちのけで、

「この切れないステーキに腹を立てる」

という私的な感情を優先させているところがこの歌の興味深いところ。

かつて井上陽水『傘がない』という曲で、自殺の増加について書かれた新聞の記事より、恋人に会いに出かけるための傘がないことを問題にした男の気持ちを歌っていたが、それに通ずるものがある。

『はじめまして』

『はじめまして』(レコチョク試聴あり)

後の2004年、アルバム『いまのきもち』瀬尾一三によるアレンジでセルフリメイクされている。

歌詞解釈

アルバムのラストの曲で「はじめまして」というアンバランス。

だが、歌詞の中にもそれは表れている。

「はじめまして 明日」

面と向かって言うべき挨拶が、まだ見ぬ明日へと向けられている。

「御乱心の時代」の一発目のアルバム。

中島みゆきがこれから新たな顔を見せていくという決意表明のような曲と取れなくもない。

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Musi...
レコード
中島みゆきアルバム一覧(試聴あり)この記事を読むと、こんなことを知ることができます。 中島みゆきさんのアルバムを年代順に振り返ることができます。試聴もできます。...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。