テレビ

鳥居みゆきが中島みゆきを考察【試聴あり】|2015年放送「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)より

2015年12月20日、「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)で、お笑い芸人の鳥居みゆきが、中島みゆきについて考察している。
歌詞から見えてくる世界だけでなく、鳥居がどのように中島みゆきの音楽に関わってきたのかも知ることができる。

この記事は、

  • 中島みゆきの音楽に影響を受けてきた鳥居みゆき
  • 中島みゆきの歌詞にみる神の視点
  • 中島みゆきの「水」の解釈

について書いてます!

夢おじ子
夢おじ子
中島みゆきの曲を全て聴いてきたファン歴30年以上の夢おじ子が解説!

鳥居みゆきは幼少の頃から中島みゆきを聴いていた

「なぜ、中島みゆきは幅広い層から人気なのだろうか?」

これについて、解説してくれるのが、異色のお笑い芸人・鳥居みゆき
実は、この芸名が、「中島みゆき」にあやかったものだということはあまり知られていない。
鳥居の舞台に、中島みゆきの曲『幸福論』と同名のタイトルをつけていることからも、いかに鳥居が中島みゆきの影響を濃く受けているのかが分かる。

鳥居みゆきは、父親の影響で中島みゆきを聴くようになった。
2020年「ダ・グィンチ」3月号のインタビュー記事で、ドライブ中に「オマエも聴け」と父親がかけた曲が『わかれうた』だったことを明かしている。

中学になると、自分でCDを買うようになり、10代では『ファイト!』に励まされ、メンタルが危うかった20代には『泣きたい夜』
30代の今は『ルージュ』に救われ、年齢に応じてフィットする曲が異なると語っている。

⇒『ファイト!』の記事はコチラ

⇒『ルージュ』の記事はコチラ

4つの年代でシングル1位獲得

中島みゆきが幅広い層で支持されている証として鳥居みゆきが挙げたのが、以下の記録だ。

「4つの年代でシングル1位を獲得した唯一の女性アーティスト」

  • 1977年『わかれうた』
  • 1981年『悪女』
  • 1994年『空と君のあいだに』
  • 1995年『旅人のうた』
  • 2000年『地上の星』

⇒『わかれうた』の記事はコチラ

⇒『悪女』の記事はコチラ

⇒『空と君のあいだに』の記事はコチラ

⇒『旅人のうた』の記事はコチラ

⇒『地上の星』の記事はコチラ

中島みゆき=神様の目線

なぜ、中島みゆきは世代を越えて人を惹きつけるのか?

多くの場合、歌詞とは、自分の個人的な経験や感情というフィルターを通して紡がれるもの。
だが、鳥居みゆき曰く、中島みゆきの描く歌詞は、時に、人間界を宇宙から俯瞰している印象を受けるという。
その一例が、『時代』だ。

⇒『時代』(レコチョク試聴あり)

そんな時代もあったねと いつか話せる日がくるわ
(『時代』より)

A・Bメロでは、友人に語りかけるような人間目線で描かれている。
だが、サビ部分になると、そのスタンスは一変する。

まわるまわるよ 時代は回る
喜び悲しみくり返し
(『時代』より)

この部分こそ、全てを悟った神目線だと鳥居は語る。
だが、このサビ部分をいちど味わった後に、再びA・Bメロへ目を転じると、不思議とこれも神目線であると解釈することができる。

あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ
(『時代』より)

聴き方によって、神か人間かという目線で歌詞を捉えることができる。
その奥深さが、多くの人を魅了する要素だと鳥居は語る。
この神目線を描いた他の曲に、鳥居は以下のものを挙げている。

  • 『銀の龍の背に乗って』(2003年)
  • 『地上の星』(2000年)
  • 『泣かないでアマテラス』(1995年)
  • 『笑ってよエンジェル』(1990年)
  • 『たとえ世界が空から落ちても』(1988年)

⇒『時代』の記事はコチラ

⇒『銀の龍の背に乗って』の記事はコチラ

⇒『地上の星』の記事はコチラ

⇒『泣かないでアマテラス』の記事はコチラ

中島みゆきの「水」の解釈

鳥居「中島みゆきさん、いったい何者なんだと思いませんか?」

いきなり核心へと斬り込もうとする鳥居みゆきが、中島みゆきを象徴するという3つの曲を挙げている。

  • 『ファイト!』(1983年)

⇒『ファイト!』(レコチョク試聴あり)

暗い水の流れに打たれながら 魚たちのぼってゆく
(『ファイト!』より)

  • 『宙船(そらふね)』(2006年)

⇒『宙船(そらふね)』(レコチョク試聴あり)

その船を漕いでゆけ
お前の手で漕いでゆけ
(『宙船(そらふね)』より)

  • 『アイス・フィッシュ』(2007年)

⇒『アイス・フィッシュ』(レコチョク試聴あり)

息を呑んで 黙り込んで
詫びを思うだけの冷たい魚
(『アイス・フィッシュ』より)

鳥居曰く、上の3つの曲には共通点があるらしい。

大倉「魚?」
鳥居「ブッブ~」
丸山「海の神ポセイドン?」
鳥居「正解!」

一体どういうことなのだろうか?

鳥居「中島みゆきさんの書く曲には、水回りの歌詞がとにかく多い!」

他に水にまつわる歌詞を含む曲に以下のものを挙げている。

雨が好きです 雨が好きです
(『あした天気になれ』より)

水の形を探してみて 水に形のないことを知る
(『水』より)

だが、どうして鳥居は中島みゆきを「海の神ポセイドン」と形容するのだろうか?

ポセイドンとは、ギリシャ神話に登場する海の神。
海を穏やかにしたり、航海の安全を守るという優しい顔を持つ反面、一方で自然の脅威として荒々しい一面も持ち、人間の気の乱れを支配するとも言われる。
中島みゆきの曲もこれと同じで、「優しい水」と「恐ろしい水」の2つが描かれているのだ。

  • 「優しい水」の歌詞

まるで暗い流れを渡るひな魚のように
泣きたい夜に一人はいけない
あたしのそばにおいで
(『泣きたい夜に』より)

  • 「恐ろしい水」の歌詞

歌え雨よ 笑え雨よ 救いのない人の愚かさを
(『PAIN』より)

「ぶん殴ってしまえば?」とやきもき雨がそそのかす
(『囁く雨』より)

分けあう水 奪う水 盗みあう水
あなたの為の水だけがない
(『水』より)

生き物は水に帰るもの。
水がないと生きていけない。
雨とか涙とか、水は人にとって普遍的なもの。
中島みゆきの曲は、それと同じくらい当たり前になっているのではないか。
それが人を惹きつける所以ではないか。
鳥居は、そう考察する。

1992年「月刊カドカワ」11月号のインタビューで、中島みゆきは、曲中に「海」が多く登場するのは、自分が海の近くで育ち、郷愁に近いイメージを抱いているからと語っている。

中島みゆきのシングル曲を今すぐ聴きたい!(無料お試し期間実施中!)

中島みゆきのシングル曲はお手持ちのスマホ・パソコン・タブレット端末で今すぐ聴くことができる。

「Amazon Music Unlimited」なら、月額980円(プライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲(カップリング含む)が聴き放題!!
(※1975年版『時代』、映画主題歌バージョン『瞬きもせず』は含まない)

もちろん中島みゆき以外のアーティスト曲も聴くことができる。
その数、9,000万曲以上!!

新規登録の場合、無料お試し期間があるので安心!

⇒登録はコチラ
【公式サイト】

\お試し期間中でも解約OK/

聴く
【無料お試し!!】中島みゆきの曲がサブスク配信で聴ける!!2020年1月8日より、ついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Mus...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきファン歴30年以上