アルバム

中島みゆき『10 WINGS』の曲解説&みんなの感想【試聴あり】|『二隻の舟』『泣かないでアマテラス』『ふたりは』を収録したアルバム

1995年の中島みゆきのオリジナルアルバム『10 WINGS』

1989年から1994年に上演した「夜会」のために書き下ろされた10曲を収録している。
すでにレコード化された曲も、大きくアレンジを変え、セルフリメイクした意欲作だ。

1曲ずつみていこう。

この記事は、

  • 『10 WINGS』の特徴
  • 『10 WINGS』の曲解説&みんなの感想

について書いてます!

夢おじ子
夢おじ子
中島みゆきの曲を全て聴いてきたファン歴30年以上の夢おじ子が解説!

中島みゆき『10 WINGS』

1995年リリースのオリジナルアルバム。

  • 「夜会」のテーマ曲『二隻の舟』のリメイク
  • パナソニック「ブレンビー」のCMソング『Maybe』のリメイク
  • 世良公則とのデュエット『ふたりは』

を含む全10曲。

【収録曲】
『二隻の舟』『思い出させてあげる』『泣かないでアマテラス』『Maybe』『ふたりは』『DIAMOND CAGE』『I love him』『子守歌』『生きてゆくおまえ』『人待ち歌』

⇒レコチョクで購入(試聴あり)

音楽
【無料お試し!!】中島みゆきのアルバムを宅配レンタル|PCやスマホに取り込んでお得に聴こう!中島みゆきを余すことなく聴こうとすれば、それなりの出費を覚悟しなければならない。 オリジナルアルバムだけでも43枚あり、ベスト盤・ライ...

『10 WINGS』の特徴

週間オリコンチャート8位

『10 WINGS』は、1995年10月20日にリリースされ、週間オリコンチャート8位を記録している。

夜会曲コレクションアルバム第1弾

『10 WINGS』は、1989年「夜会」から1994年「夜会Vol.6 シャングリラ」までの、「夜会」のために書き下ろされた曲のみを集めたアルバムだ。

夜会曲コレクションアルバムは、その後、1999年の『日-WINGS』『月-WINGS』へと続く。
『10 WINGS』はこれら3部作の先駆けとなったアルバムである。

「10 WINGS」の意味

中島みゆきは、『10 WINGS』のことを「10手羽」と呼んでいる。
WINGには、手羽先という意味があるからだが、もちろん本意はそこにはない。
「夜会」から生まれた曲に、自由に羽ばたいて欲しいという思いから、「翼」という意味の「WINGS」をタイトルに取り入れたのだ。

1995年「月刊カドカワ」12月号のインタビューで、中島みゆきは以下のように語っている。

「「夜会」の中で生まれたオリジナル・ソングを収めたものですけど、あの場面をもう一度的なことじゃなくて、曲を単体のものとして仕上げてますね。「夜会」の中に閉じこめておくわけじゃなくて、耳で聴くからいい、みたいなね」

また、中島みゆきは、舞台袖のことを「WING」と呼ばれていることを後に知るのだった。
「WING」は「夜会」と縁が深いのである。

宮崎駿も聴いていた

アニメ映画「もののけ姫」のドキュメンタリーDVDには、宮崎駿が『10 WINGS』を聴きながら作画している様子が収められている。
映像で流れていたのはアルバムに収録されている『子守歌』『生きてゆくおまえ』だ。

ちなみに、編曲を手掛けた瀬尾一三は、このドキュメンタリー映像をテレビでたまたま観ていたという。
「この曲で仕事がはかどるのかなあ」と、ジブリファンとして案じたそうな。

中島みゆきは、インタビューの中でジブリ映画について以下のように言及している。

「「もののけ姫」は宮崎さんがもののけを描いたといっても、もののけを外から眺めて描いたというより、あの人の中にもののけがいると思うんですよ」

一方、アレンジャーの瀬尾一三は、ジブリ映画を好み、年に1回は必ず「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」をDVDで観ているそうな。
中島みゆき、瀬尾一三、宮崎駿のこの3人が、互いの作品に刺激を受けながら創作の糧にしていることを想像させる。

『10 WINGS』曲解説&みんなの感想

『二隻の舟』

⇒『二隻の舟』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

「夜会」のテーマ曲として書き下ろされた曲。
本人曰く、抽象的な歌詞であるゆえに、色んな対比に用いることができ、可能性を秘めている

1992年のアルバム『EAST ASIA』に収録された曲だが、今回アレンジを変えてガラリと印象を変えている。
また、伴奏のピアノはX JAPANのYOSHIKI所有のクリスタル・ピアノが使用されている

本作のバージョンは、1996年公開の映画「霧の子午線」の主題歌に起用された

おまえとわたしは たとえば二隻の舟
暗い海を渡ってゆくひとつひとつの舟
互いの姿は波に隔てられても
同じ歌を歌いながらゆく二隻の舟
(『二隻の舟』より)

⇒『二隻の舟』の記事はコチラ

『思い出させてあげる』

⇒『思い出させてあげる』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

1994年上演の「夜会Vol.6 シャングリラ」のために書き下ろされた曲。

主人公のメイ(中島みゆき)が、母親を陥れた女への復讐心を募らせていくシーンで歌われている。
恨みの中になぜか芽生える穏やかな感情が、曲の転調によって表現されており、物語の伏線として効いている。

思い出の中で人はいつまでも変わらない
もしも急に会えたとしても誰とは信じられないでしょう
(『思い出させてあげる』より)

⇒『思い出させてあげる』の記事はコチラ

『泣かないでアマテラス』

⇒『泣かないでアマテラス』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

1992年上演の「夜会Vol.4 金環蝕」のために書き下ろされた曲。
大地を踏み鳴らすように舞い、この曲を歌うシーンは多くの人の感動を呼んだ。

日本神話の岩戸隠れがモチーフになっているこの「夜会」
アマノウズメという神がアマテラスにエールを送る形でこの曲が歌われている。

1996年公開の岩井俊二監督映画「スワロウテイル」の中でも流れた

君をただ笑わせて
負けるなと願うだけ
アマテラス アマテラス どこで泣いているの
アマテラス アマテラス 明日は泣かないで
(『泣かないでアマテラス』より)

⇒『泣かないでアマテラス』の記事はコチラ

『Maybe』

⇒『Maybe』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

1990年上演の「夜会1990」のために書き下ろされた曲。
劇中では、眠らない街で働く女たちの孤独が、この曲を通して歌われている。

1991年のアルバム『歌でしか言えない』に収録された曲だが、今回アップテンポなリズムとソウルフルな歌声で、ガラリと印象を変えている。

Maybe 夢見れば Maybe 人生は
Maybe つらい思いが多くなるけれど
Maybe 夢見ずに Maybe いられない
Maybe もしかしたら
(『Maybe』より)

⇒『Maybe』の記事はコチラ

『ふたりは』

⇒『ふたりは』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲  David Campbell

1990年上演の「夜会1990」のために書き下ろされた曲。

劇中では、中島みゆきと女性コーラス2が、娼婦とゴロツキ、そして口さがない街の人々という3者を演じ分けながらこの曲を歌っている。

1990年のアルバム『夜を往け』に収録されたこの曲は、3者すべてを中島みゆきのみで歌い分けていた。
今回、世良公則をゴロツキ役に迎え入れ、娼婦のパートを中島みゆき、そして街の人々のパートを森ノ木児童合唱団が、それぞれ役を担当している。

1995年「GB」12月号のインタビューで、世良公則を指名した理由について以下のように語っている。

「イメージとしては、野良犬みたいで、ゴロツキのような声の人がよかったので。最適ですね(笑)」

緑為す春の夜に ふたりは
凍えきってめぐりあった
与えあう何ものも残ってはいないけど
もう二度と傷つかないで
(『ふたりは』より)

『Diamond Cage』

⇒『Diamond Cage』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三 浦田恵司

1992年上演の「夜会Vol.4 金環蝕」のために書き下ろされた曲。
劇中では、巫女の恰好をした中島みゆきが、玉串を揺らしながらこの曲を歌っている。
メロディのニュアンスや、歌詞の一部が変更されている。

悲しい思いをしたくないために、ナイフよりも頑丈な檻で自分を守ろうとする。
だが、それによっていっそう孤立していくのだ。
その様子は、アマテラスの岩戸隠れと重なる。

なのに何故WOMAN 愛し始めたら
なのに何故WOMAN 恐いもの知らずなの
なのに何故WOMAN ダイヤの檻さえも
なのに何故WOMAN 卵の殻みたいね
(『Diamond Cage』より)

『I love him』

⇒『I love him』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

1991年上演の「夜会Vol.3 KAN(邯鄲)TAN」のために書き下ろされた曲。
タクシーの中でひと眠りしている間に、幼少から老婆へ至るまでの一生分の夢を見る女。
劇中では、その夢から醒めた後に、大事なことに気付いていくシーンでこの曲が歌われる。

「夜会」とは違い、ドラムレスとウィスパーボイスによって、落ち着いた雰囲気にアレンジが変えられている。

愛してもらうことを待ち続けていた今までに、決別するような曲だ。

それで生きたことになるの?
長い夢のあと 本当の願いが胸の中 目を醒ます
I love him I love him I love him I love him
I love him I love him 返される愛は無くても
(『I love him』より)

『子守歌』

⇒『子守歌』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

1994年上演の「夜会Vol.6 シャングリラ」のために書き下ろされた曲。
劇中では、幼少の頃の母親との思い出にふけるシーンで歌われている。

中東の砂漠を旅しているようなエスニック色の強いアレンジへと変えられている。

眠りなさい娘 恐い夢を見ずに
眠りなさい何も思い出さずに
悲しみを忘れるために人は夜の旅をする
(『子守歌』より)

『生きてゆくおまえ』

⇒『生きてゆくおまえ』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 David Campbell

1994年上演の「夜会Vol.6 シャングリラ」のために書き下ろされた曲。
中島みゆきは、主人公のメイとその母親の2役を演じている。
その母親の視点で歌われている。

ストーリーの種明かし的な曲であるが、独立した曲として聴いても1篇の物語を読み終えたような気持ちになる。
レコーディングは大掛かりで、50人ものオーケストラが動員された

きっと愛をみつけてよ
本当の愛をみつけてよ
生きてゆくおまえ
小さな小美(シャオ・メイ)
小さな小美
生きていてよ 生きていてよ
(『生きてゆくおまえ』より)

⇒『生きてゆくおまえ』の記事はコチラ

『人待ち歌』

⇒『人待ち歌』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

1993年上演の「夜会Vol.5 花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせし間に」のために書き下ろされた曲。
劇中では、約束した時間に現れない男を待ちながらこの曲が歌われている。

「待つ」がテーマのこの「夜会」で、中島みゆきは、「待つ」ことと「待たない」ことの違いについて考えたという。

荒野を越えて 銀河を越えて
戦さを越えて 必ず逢おう
来る、来ない、来る、来ない、
待つ、待たない、待つ、待たない、
逢う、逢えない、逢う、逢えない、
逢う、逢えない、逢う
(『人待ち歌』より)

⇒『人待ち歌』の記事はコチラ

中島みゆきのシングル曲を今すぐ聴きたい!(無料お試し期間実施中!)

中島みゆきのシングル曲はお手持ちのスマホ・パソコン・タブレット端末で今すぐ聴くことができる。

「Amazon Music Unlimited」なら、月額980円(プライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲(カップリング含む)が聴き放題!!
(※1975年版『時代』、映画主題歌バージョン『瞬きもせず』は含まない)

もちろん中島みゆき以外のアーティスト曲も聴くことができる。
その数、9,000万曲以上!!

新規登録の場合、無料お試し期間があるので安心!

⇒登録はコチラ
【公式サイト】

\お試し期間中でも解約OK/

聴く
【無料お試し!!】中島みゆきの曲がサブスク配信で聴ける!!2020年1月8日より、ついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Mus...
レコード
中島みゆきアルバム一覧(試聴あり)この記事を読むと、こんなことを知ることができます。 中島みゆきさんのアルバムを年代順に振り返ることができます。試聴もできます。...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきファン歴30年以上