アルバム

中島みゆき『あ・り・が・と・う』の曲解説&みんなの感想【試聴あり】|『店の名はライフ』『まつりばやし』『ホームにて』を収録したアルバム|坂本龍一が参加

白い布

1977年の中島みゆきのオリジナルアルバム『あ・り・が・と・う』

プロデューサーとアレンジャーで練り上げていくスタイルで制作した初めてのアルバムだ。
レコーディングには、坂本龍一が加わり、独特の色味を帯びた1枚となっている。

1曲ずつみていこう。

この記事は、

  • 『あ・り・が・と・う』の特徴
  • 『あ・り・が・と・う』の曲解説&みんなの感想

について書いてます!

夢おじ子
夢おじ子
中島みゆきの曲を全て聴いてきたファン歴30年以上の夢おじ子が解説!

中島みゆき『あ・り・が・と・う』

1977年リリースのオリジナルアルバム。

  • 亡き父親がモチーフになった『まつりばやし』
  • 吉行淳之介との対談から生まれた『女なんてものに』
  • 名曲『ホームにて』

を含む全9曲。

【収録曲】
『遍路』『店の名はライフ』『まつりばやし』『女なんてものに』『朝焼け』『ホームにて』『勝手にしやがれ』『サーチライト』『時は流れて』

⇒レコチョクで購入(試聴あり)

音楽
【無料お試し!!】中島みゆきのアルバムを宅配レンタル|PCやスマホに取り込んでお得に聴こう!中島みゆきを余すことなく聴こうとすれば、それなりの出費を覚悟しなければならない。 オリジナルアルバムだけでも43枚あり、ベスト盤・ライ...

『あ・り・が・と・う』の特徴

週間オリコンチャート6位

『あ・り・が・と・う』は、1977年6月25日にリリースされ、週間オリコンチャート6位を記録。
中島みゆきのアルバムでは、初のトップ10入りを果たした。

坂本龍一がレコーディングに参加

『あ・り・が・と・う』のレコーディングには、坂本龍一も参加している。
1991年「月刊カドカワ」11月号の中で、中島みゆきは、坂本を「癖の強い人」と紹介している。
中島みゆきにとって印象深かったのは、スタジオ入りした坂本が放った以下の一言。

「今日出がけに金魚を食べてきた。まずかった」

スタジオではみかんを貪り、なかなか弾いてくれなかった坂本だったが、手についたものを舐め終えすごくいいタイミングで弾くところはやはり天才。
圧倒されっぱなしの中島みゆきだが、一方の坂本も、中島みゆきには度肝を抜かれていた。

「新曲が出来たから聴いて欲しい」と坂本を含むメンバーに弾き語りで聴かせた中島みゆきは、感極まり泣きながら歌っていたのだった。
坂本はずいぶんとこのことに衝撃を受けたようで、糸井重里などにこのエピソードを語って聞かせている。

坂本龍一

世界的に活躍するミュージシャンで、「世界のサカモト」という異名を持つ。
1970年代にイエロー・マジック・オーケストラ (YMO)の一員としてテクノミュージックを広めた。
1983年には、映画「戦場のメリークリスマス」に俳優として出演。
映画音楽も手掛け、日本人初の英国アカデミー賞の作曲賞を受賞し、これを皮切りに、その後、数々の国際的な音楽賞を受賞していく。

『あ・り・が・と・う』の曲解説&みんなの感想

『遍路』

⇒『遍路』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 吉野金次

  • 遍路…「祈願のため、四国における弘法大師修行の遺跡八十八か所の霊場をめぐり歩くこと」

お遍路スタイルの手に提げた鈴は煩悩を取り払う役割があるというが、主人公の女は、過去の辛い恋をうまく断ち切れずにいる。

もう幾つ目の 遠回り道 行き止まり道
手にさげた鈴の音は
帰ろうと言う 急ごうと言う
うなずく私は 帰り道も
とうになくしたのを知っている
(『遍路』より)

⇒『遍路』の記事はコチラ

『店の名はライフ』

⇒『店の名はライフ』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 吉野金次 福井峻

中島みゆきが学生時代に通っていた実在の喫茶店がモデル。

マスターや店の立地、客の様子などを感情を交えず淡々と描写しているのだが、不思議と1つの物語が立ち現れてくる。

店の名はライフ いまや純喫茶
頭のきれそな 二枚目マスター
壁の階段は ぬり込めてしまった
真直ぐな足のむすめ 銀のお盆を抱えて
「いらっしゃいませ」…
(『店の名はライフ』より)

⇒『店の名はライフ』の記事はコチラ

『まつりばやし』

⇒『まつりばやし』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 福井峻

中島みゆきの父親がモチーフになった曲。
中島みゆきの故郷では、祭りの日に家の表に紙で作った軒花(のきばな)を飾る風習がある。
だが、その年、父親は軒花を見ることなく昏睡状態に陥ってしまったのだ。

人はだれでもまつりの終わりを知る
まつりばやしに入れなくなる時を知る
眠り続けるお前よ私の所へは
まつりばやしは二度とは来ないような気がするよ
もう赤い花がゆれても
(『まつりばやし』より)

⇒『まつりばやし』の記事はコチラ

『女なんてものに』

⇒『女なんてものに』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 吉野金次 福井峻

芥川賞作家の吉行淳之介と「プラトニック・ラブ」をテーマに対談したことがきっかけで生まれた曲と言われている。

「女性は、打算的なところで男を得たいという気持ちを、恋愛感情と錯覚している」

この吉行の持論に対抗した曲のようだが、確かに、曲の中に登場する男は、女に心がないと決めつけているフシが窺える。

女なんてものは 愛などほしがらないと
笑いながら 言うようになった
あなたが哀しい
(『女なんてものに』より)

⇒『女なんてものに』の記事はコチラ

『朝焼け』

⇒『朝焼け』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 吉野金次 福井峻

眠れない夜を過ごし、とうとう朝を迎えてしまう。
朝焼けを目の前に思うことは、今頃、相手の男は別の女と一緒にいるということだ。

もうあの人など ふしあわせになれと思う
昔読んだ本の中に こんな日を見かけた
ああ あの人は いま頃は
例の ひとと 二人
(『朝焼け』より)

『ホームにて』

⇒『ホームにて』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 福井峻

後に、『わかれうた』のB面曲としてシングルカットされた
B面曲といっても、わりと多くの人に知られていて、芸人の有吉弘行や歌手の手嶌葵も、この曲に励まされている。
故郷を気に掛けながら都会で踏ん張って暮らす人には、きっと沁みるはずだ。

涙の数 ため息の数
溜まってゆく空色のキップ
ネオンライトでは燃やせない
ふるさと行きの乗車券
(『ホームにて』より)

⇒『ホームにて』の記事はコチラ

『勝手にしやがれ』

⇒『勝手にしやがれ』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 吉野金次

「勝手にしやがれ」というタイトルの曲が相次いだこの頃、中島みゆきも便乗して発表?

愛想を尽かして別れたが、いざ1人になってみると、鬱陶しかったはずのワガママを欲しがっている自分に気付く。

あたしはあたし おもちゃじゃない
どうしようと勝手
心はなれて はじめて気づく
あんたのわがままが ほしい
(『勝手にしやがれ』より)

⇒『勝手にしやがれ』の記事はコチラ

『サーチライト』

⇒『サーチライト』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 吉野金次 福井峻

ノリのいいテンポが心地良いブルース仕様の1曲。

男が去ってしまい、街はすっかり闇に包まれてしまった。
男を探すべく、町じゅうの明かりを集めて行方を照らそうとしている。

きっと暗くて探せないだけよ
わすれん坊のあの人でも
いつか気付いてくれるだろう
いつかともし疲れた炎が
あたしに燃え移るころ
サーチライト…
(『サーチライト』より)

『時は流れて』

⇒『時は流れて』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 吉野金次 福井峻

1976年の東京大学学園祭「五月祭」で初披露された曲。

別れた男のことを忘れるために、別の恋を渡り歩いていくが虚しさだけが積もっていく。
月日が流れ、もし、どこかで男と偶然すれ違ったとしたなら、願いはただ1つ。
どうか見つけないで欲しいということ……。

時は流れて 時は流れて
そして あたしは 変わってしまった
流れの中で 今はただ祈るほかはない
あんたが あたしを
こんなに変わった あたしを
二度と みつけや しないように
(『時は流れて』より)

中島みゆきのシングル曲を今すぐ聴きたい!(無料お試し期間実施中!)

中島みゆきのシングル曲はお手持ちのスマホ・パソコン・タブレット端末で今すぐ聴くことができる。

「Amazon Music Unlimited」なら、月額980円(プライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲(カップリング含む)が聴き放題!!
(※1975年版『時代』、映画主題歌バージョン『瞬きもせず』は含まない)

もちろん中島みゆき以外のアーティスト曲も聴くことができる。
その数、9,000万曲以上!!

新規登録の場合、無料お試し期間があるので安心!

⇒登録はコチラ
【公式サイト】

\お試し期間中でも解約OK/

聴く
【無料お試し!!】中島みゆきの曲がサブスク配信で聴ける!!2020年1月8日より、ついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Mus...
レコード
中島みゆきアルバム一覧(試聴あり)この記事を読むと、こんなことを知ることができます。 中島みゆきさんのアルバムを年代順に振り返ることができます。試聴もできます。...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきファン歴30年以上