夜会

中島みゆきの夜会『ウィンター・ガーデン』はなぜ映像化されないのか?|『ウィンター・ガーデン』を楽しむ方法

雪原

中島みゆきがライフワークとして取り組んでいる言葉の実験劇場『夜会』

1989年から始まり、2019年時点で、VOL.20を迎え、そのほとんどがBD/DVD化されているのだが、なぜか、2000年と2002年に上演された『ウィンター・ガーデン』は現在までBD/DVD化されていない。

いったい何故なのだろう?

なぜ『ウィンター・ガーデン』は映像化されていないのか?

『ウィンター・ガーデン』だけぽっかり穴が開いたように、DVD化されないのは、すこぶる違和感がある。

中島みゆきは、2000年12月号「日経エンタテイメント!」のインタビュー記事の中で、中島みゆきは、映像化しなかった理由についてこのように答えている。

「今までの『夜会』はフィクションから始まったけど、今回は日常から始めようかなって思ったので。
 それとライブである、1回限りのものだって点を考え直してみたくなりました。
 その意味で今回は映像収録もしません」

つまり、非映像化は中島みゆきのポリシーによるものだったのだ。

また、別のインタビューでは、撮影すればいろいろな制約が生じるため、『ウィンター・ガーデン』はそれを許容できる性質ではなかったとも答えている。

『ウィンター・ガーデン』ってどんな舞台だったのか?

2000年に私は渋谷のコクーンシアターでこの『ウィンター・ガーデン』を鑑賞した。

わりと前の方の席で音響もよく、劇中で、共演した谷山浩子が段ボールのガムテープを剥がす場面があるのだが、その音が生で耳に届く近さだ。

中島みゆきの息づかいがマイクを通さずそのまま聴こえた感じがした。

私にとって生の中島みゆきを拝んだ初めての日だったが、最高の状態で臨むことができたことを記憶している。

舞台が北限の地とあって、全体的に吹雪のSEだったり、氷や雪のセットだったり、色でいえば「白」のイメージが濃い。

億かかっている舞台だと聞いてはいたが、確かに、横から突如として現れる氷山(氷の塊)のセットは「金かかってるんだろうなぁ」と見上げるほどスケールがでかいものだった。

帽子が風に吹き飛ばされる仕掛けもなかなか面白かった。

『ウィンター・ガーデン』のポスターには、「主の知れない犬一匹」とあるが、この犬を演じたのが、中島みゆき。

全身タイツのようなものにふさふさの毛を飾り、髪の毛が赤毛に染められていて、ショートヘアで、ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルという犬をイメージしたものらしい。

スタタタと袖から軽快に現れたのが印象的だった。

『ウィンター・ガーデン』は他の『夜会』と比べると毛並みが違う。

セリフの多くが詩の朗読のような形態をとっている。

共演者は、谷山浩子の他に狂言師がいる。

狂言師は、木の役で出ているのだが、ビジュアルは狂言師のあのまんま袴姿。

狂言独特のあの歩き方や喋り方で、手元の紙に書いてある詩を朗読するのだ。

現代劇と伝統が融合したような異空間がそこには広がっていて、なかなか味わい深いものがあった。

また、輪廻転生が描かれ始めたのもこの『ウィンター・ガーデン』からだ。

この作品の中で、中島みゆきは犬と、その犬の前世を生きた人間の女性の2役を演じている。

中島みゆきは、後に、『夜会VOL.15 〜夜物語〜元祖・今晩屋 』『夜会VOL.18 橋の下のアルカディア』などでも、この輪廻転生に向き合っている。

『夜会VOL.12 ウィンター・ガーデン』では吉田日出子が出演予定だった

2000年の『夜会VOL.11 ウィンター・ガーデン』から2年後の2002年、女の役を谷山浩子から吉田日出子へ変えて再演される予定だった。

2002年「weeklyぴあ」10月7日号のインタビューで中島みゆきは、この再演の意図を明かしている。

「この話は、登場するのが植物と動物と人間で、さあ会話は成り立たない、という世界ですので、これ女が変わったら話は変わるだろうなと前回も思っていたんですよ」

犬と女とカシワの役をシャッフルするというのも考えたりして、結果、吉田日出子みたいな人を女役に据えてみてはどうかという考えに至った。

となると、谷山浩子が演じる女と吉田日出子が演じる女とでは印象が違う。

中島みゆきはこう語る。

「あの女は、谷山浩子ならではのあの女だったんですね。
彼女が歌の中に持っている、良い意味で天使のような恐ろしい女ね。
(それは)彼女から出てきた女なのね。
でも吉田日出子が目の前に立ってニッと笑った時には、あのセリフではないというのもあるわけで(笑)」

女の言葉が変わると、それを受け取る犬やカシワの表情も違ってくる。

再演といっても、ずいぶん内容の違うものだった。

しかし、残念なことに吉田日出子は急病により舞台を降板し、香坂千晶が代わりを務めることになった。

『ウインター・ガーデン』のみんなの感想

『ウィンター・ガーデン』の映像

『ウィンター・ガーデン』は、他の『夜会』のようなフルの形で映像化はされていないが、断片的な映像としてはいくつかのDVDに収録されている。

『夜会の軌跡 1989〜2002』

1989年から2002年までの『夜会』の軌跡を辿った総集編的なDVD。

このDVDには、『ウィンター・ガーデン』の映像が多く収録されていて、犬の格好した中島みゆきにお目にかかることができる。

曲目は、『ツンドラ・バード』『陽紡ぎ唄』『朱色の花を抱きしめて』『六花』『街路樹』『氷脈』『記憶』

『夜会工場VOL.2』

『夜会VOL.19 橋の下のアルカディア』までの『夜会』全19作の中から、名場面を再現したもう1つの『夜会』

18年前を振り返る形で『ウィンター・ガーデン』の名シーンが再び演じられた。

こちらは、『朱色の花を抱きしめて』『陽紡ぎ唄』の他に、詩として朗読された『谷地眼(やちまなこ)』『傷』も収録されたDVD&Blu-ray。

工場
中島みゆき「『夜会工場』は『夜会』のいいところどり」|『夜会工場VOL.2』の解説&みんなの感想1989年から始まった中島みゆきのライフワーク『夜会』は2020年時点、「VOL.20」を数え、かなりボリュームを帯びてきた。 そ...

CDに収録された『ウィンター・ガーデン』の曲

『陽紡ぎ唄』

『陽紡ぎ唄』(レコチョク)

2002年に発売されたアルバム『おとぎばなし-Fairy Ring-』に収録されている曲。

小人が陽なたの綿毛と月夜の綿毛を紡いで小さな上着をつくるという可愛らしい歌詞。

「Ding-Dong」という歌詞の響きや、子どもに読み聞かせるような中島みゆきの優しい歌声は、まるで童話の中の世界にいる感覚になる。

『ツンドラ・バード』

『ツンドラ・バード』(レコチョク)

2001年に発売されたアルバム『心守歌-こころもりうた』に収録されている曲。

冬の大自然を舞台にして、オジロワシが獲物を狙ってる姿が描かれている。

ちなみにツンドラとは、地下に永久凍土が広がる降水量の少ない地域のことで、まさに北限を指している。

『天使の階段』

『天使の階段』(レコチョク)

2000年に発売されたアルバム『短篇集』に収録されている曲。

「天使の階段」とは雲の切れ間から差し込む光の筋のこと。

「天使の梯子』とも呼ばれ、天使が降りてきそうな神々しい雰囲気を帯びた景色である。

この曲は、犬に生まれ変わる前の女性の役で歌われた曲だ。

歌い終わって氷の間に落ちていき死んでしまうシーンが印象的。

短篇集
中島みゆきのアルバム『短篇集』の全曲解説&みんなの感想2000年11月15日に発売された28作目のアルバム 『短篇集』 について全曲解説&みんなの感想をみていこう。 『短篇集』の特徴 ...

『六花』

『六花』(レコチョク)

2001年に発売されたアルバム『心守歌-こころもりうた』に収録されている。

「六花」とは六角形のカタチをした雪の結晶を指している。

雪を空で綴られた手紙と表現されている。

シンシンと静かに降り積もる雪の様子が目に浮かぶ曲だ。

『粉雪は忘れ薬』

『粉雪は忘れ薬』(レコチョク)

2000年に発売されたアルバム『短篇集』に収録されている曲。

こちらはラストに犬が主を思いながら歌った曲。

どんな人の悲しみも等しく雪が降り積もって隠していくとして、悲しみを忘れるための薬だと形容している。

短篇集
中島みゆきのアルバム『短篇集』の全曲解説&みんなの感想2000年11月15日に発売された28作目のアルバム 『短篇集』 について全曲解説&みんなの感想をみていこう。 『短篇集』の特徴 ...

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Musi...

 

ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。