中島みゆき『白鳥の歌が聴こえる』【試聴あり】|中島みゆきの小説からみる「白鳥の歌」の意味

白鳥

1986年の中島みゆきのアルバム曲『白鳥の歌が聴こえる』

「中島みゆきのオールナイトニッポン」の最終回を飾った曲だ。
「白鳥の歌」は、いったい何の象徴なのか、そのヒントが中島みゆきの小説「ポケットの白鳥」の中に潜んでいた。

この記事は、

  • 『白鳥の歌が聴こえる』の歌詞解釈
  • 「白鳥の歌」の意味
  • 『白鳥の歌が聴こえる』の幻のバージョン

について書いてます!

夢おじ子
夢おじ子
中島みゆきの曲を全て聴いてきたファン歴30年以上の夢おじ子が解説!

中島みゆき『白鳥の歌が聴こえる』


作詞・作曲 中島みゆき

編曲 久石譲

歌詞解釈

「NOを言わない女」

海からかぞえて三番目の倉庫では
NOを言わない女に逢える
(『白鳥の歌が聴こえる』より)

倉庫の中では売春が行われている。
「NOを言わない女」とは、どんな男でも受け入れる娼婦のことを指す。

「くずれかかった瀞箱(とろばこ)の陰」

くずれかかった瀞箱(とろばこ)の陰には
夜の数だけ天国が見える
(『白鳥の歌が聴こえる』より)

瀞箱(とろばこ)とは、漁で揚がった魚を収めて運ぶための木箱。
漁港が寝静まった夜に、娼婦と過ごす時間は男たちにとって天国なのだ。

「YOSORO」

白鳥たちの 歌が聴こえて来る
YOSORO YOSORO
たぶん笑っているよ
(『白鳥の歌が聴こえる』より)

「ようそろ(YOSORO)」とは、航海用語で、船が方向転換した後に乗組員が発する掛け声。
「この方向でヨシ!」という意味がある。
娼婦たちが相手にしている男は、この後、漁に出て行く船乗りたちなのだ。

やさしさだけしかあげられるものがない
こんな最後の夜というのに
(『白鳥の歌が聴こえる』より)

海へ出れば長い船旅になるので、陸で過ごす最後の夜を名残惜しく感じている。
優しさしか与えてやれないというのは、娼婦の宿命なのだ。

「白鳥の歌」

白鳥たちの 歌が聴こえて来る
YOSORO YOSORO
たぶん笑っているよ
(『白鳥の歌が聴こえる』より)

「白鳥たちの歌」というのはいったい何を表しているのだろうか?
月刊「03」(新潮社)に掲載された中島みゆきの短篇小説「ポケットの白鳥」の中で以下のような記述がある。

「一生の最後に放つ言葉を白鳥の歌という」

岸から船乗りたちが乗った船を見送る娼婦の耳には、「ようそろ」という掛け声が笑っているように聞こえたのだ。
そんな別れの風景を描いた曲だからこそ、「中島みゆきのオールナイトニッポン」の最終回や、1987年のコンサート「SUPPIN VOL.1」のラストナンバーに流されたのだろう。

幻のバージョン

『白鳥の歌が聴こえる』は、1986年のアルバム『36.5℃』に収録されている。
だが、1987年3月30日放送の「中島みゆきのオールナイトニッポン」の最終回で流されたのは、これとは別バージョン
1987年8月21日に7000枚限定でリリースされた『中島みゆき CDV GOLD』に収録されたものだ。

CDVとは、音声部分と映像部分を両方兼ねた異色のフォーマット。
『中島みゆき CDV GOLD』は、音声部分に『あたいの夏休み』『F.O.』『やまねこ』『白鳥の歌が聴こえる』、映像部分に『見返り美人』のMVが収録されている。

『白鳥の歌が聴こえる』はこんな曲

娼婦からの愛は、伝えるには限界がある。
船乗りたちを見送ろうとする優しい眼差しが感じられる曲だ。

言い残す言葉をくちびるにください
かもめづたいに運んであげる
いとおしい者へ 笑い話ひとつ
白鳥たちの 歌が聴こえて来る
(『白鳥の歌が聴こえる』より)

『白鳥の歌が聴こえる』のみんなの感想

『白鳥の歌が聴こえる』をフルで聴く方法

単品購入

⇒『白鳥の歌が聴こえる』(レコチョク試聴あり)

収録アルバム

『36.5℃』

1986年リリースのオリジナルアルバム。

  • スティービー・ワンダーも加わった『あたいの夏休み』
  • 中森明菜に提供予定だった『見返り美人』
  • 「御乱心の時代」の名曲『やまねこ』

を含む全9曲

【収録曲】
『あたいの夏休み』『最悪』『F.O.』『毒をんな』『シーサイド・コーポラス』『やまねこ』『HALF』『見返り美人』『白鳥の歌が聴こえる』

⇒レコチョクで購入(試聴あり)

⇒今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

⇒『36.5℃』の解説&みんなの感想

音楽
【無料お試し!!】中島みゆきのアルバムを宅配レンタル|PCやスマホに取り込んでお得に聴こう!中島みゆきを余すことなく聴こうとすれば、それなりの出費を覚悟しなければならない。 オリジナルアルバムだけでも43枚あり、ベスト盤・ライ...

中島みゆきのシングル曲を今すぐ聴きたい!(無料お試し期間実施中!)

中島みゆきのシングル曲はお手持ちのスマホ・パソコン・タブレット端末で今すぐ聴くことができる。

「Amazon Music Unlimited」なら、月額980円(プライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲(カップリング含む)が聴き放題!!
(※1975年版『時代』、映画主題歌バージョン『瞬きもせず』は含まない)

もちろん中島みゆき以外のアーティスト曲も聴くことができる。
その数、9,000万曲以上!!

新規登録の場合、無料お試し期間があるので安心!

⇒登録はコチラ
【公式サイト】

\お試し期間中でも解約OK/

聴く
【無料お試し!!】中島みゆきの曲がサブスク配信で聴ける!!2020年1月8日より、ついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Mus...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきファン歴30年以上