中島みゆき『十二月』【試聴あり】|カットされた幻の2番の歌詞

1988年の中島みゆきのアルバム曲『十二月』

あまりにも描写が過激だという理由で、一部の歌詞がNGになった曲だ。
そのカットされた幻の歌詞を今回、ご紹介しよう。
また、1989年の「夜会」でこの曲がどのようにして歌われたのか、その模様も交えてみていこう。

この記事は、

  • 『十二月』のカットされた幻の2番の歌詞
  • 「夜会」で披露された『十二月』とその演出

について書いてます!

夢おじ子
夢おじ子
中島みゆきの曲を全て聴いてきたファン歴30年以上の夢おじ子が解説!

中島みゆき『十二月』


作詞・作曲 中島みゆき

編曲 瀬尾一三

カットされた幻の2番の歌詞

12月になると自殺する若い女が増加する。
『十二月』では、そんな現象の裏で繰り広げられている色恋沙汰にフォーカスする。

歌詞の内容は、レコード会社からNGが出てしまうくらいに過激だった。
結局、問題視された2番の歌詞が削られ、1、3、4番で構成された形でレコーディングが行われた。

残念ながら現状、我々は、2番が省略された『十二月』しか聴くことできない。
だが、1989年の「夜会」と1997年のコンサートの中でフルバージョンが披露されている。
気になる省略された歌詞がこれだ!

誰を責めるつもりもない 誰に語るつもりもない
横たわる口もとは 周到な愛を笑っている
膝を抱えた掌が 力尽きて凍えている
開かれたアドレスは 連絡先がひとつもない」
(『十二月』より)

「夜会」で歌われた『十二月』とその演出

封印された2番の歌詞を中島みゆきは1989年「夜会」の中で披露している。
残念ながら、こちらの「夜会」は映像化されておらず、視聴することができない。

この「夜会」の音楽監督を務めた瀬尾一三によると、『十二月』を歌い終えた中島みゆきは高みの舞台から、後方へ身を投げるといったパフォーマンスを見せたという。
投身自殺を思わせ、なかなか冷っとする演出であるが、舞台裏もなかなか冷や汗ものだったという。
中島みゆきが落ちるところには当然、マットが幾重にも敷かれていたが、その弾力により宙高く飛び跳ねてしまい、それを3人がかりで必死に押さえていたようだ。

最恐クリスマスソング?

自殺する若い女が この月だけ急に増える
それぞれに男たち 急に正気に返るシーズン
(『十二月』より)

この曲を不倫の曲と捉える人も多い。
所帯を持つ男は、クリスマスになると正気に返ったように愛人を捨てて、家族のだんらんを優先する。
そんな男と女が対照的に描かれている。

大都会の薬屋では 睡眠薬が売り切れる
なけなしのテレビでは 家族たちが笑っている
何万人の女たちが あたしはちがうと思いながら
何万人の女たちと 同じと気がついてしまう月
(『十二月』より)

『十二月』のみんなの感想

『十二月』をフルで聴く方法

単品購入

⇒『十二月』(レコチョク試聴あり)

収録アルバム

『グッバイガール』

1988年リリースのオリジナルアルバム。

  • 前川清に提供した『涙 -Made in tears-』
  • 原発反対運動をモチーフにした『吹雪』

を含む全9曲。

【収録曲】
『野ウサギのように』『ふらふら』『MEGAMI』『気にしないで』『十二月』『たとえ世界が空から落ちても』『愛よりも』『涙 -Made in tears-』『吹雪』

⇒レコチョクで購入(試聴あり)

⇒『グッバイガール』の解説&みんなの感想

中島みゆきのシングル曲を今すぐ聴きたい!(無料お試し期間実施中!)

中島みゆきのシングル曲はお手持ちのスマホ・パソコン・タブレット端末で今すぐ聴くことができる。

「Amazon Music Unlimited」なら、月額980円(プライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲(カップリング含む)が聴き放題!!
(※1975年版『時代』、映画主題歌バージョン『瞬きもせず』は含まない)

もちろん中島みゆき以外のアーティスト曲も聴くことができる。
その数、7,500万曲以上!!

新規登録の場合、無料お試し期間があるので安心!

⇒登録はコチラ
【公式サイト】

\お試し期間中でも解約OK/

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日より、ついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Mus...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきファン歴30年以上