中島みゆき『伝説』に込められた中島みゆきの思いとは

伝説

1996年10月18日に発売された24作目のアルバムに収録されている
『伝説』
をみていこう。

中島みゆき『伝説』

『伝説』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

収録アルバム

『パラダイス・カフェ』

アルバム『パラダイス・カフェ』(レコチョク試聴あり)

1996年10月18日に発売された24作目のオリジナルアルバム。

ドラマ「家なき子2」の主題歌のアルバムバージョン『旅人のうた』や、吉田拓郎に提供された『永遠の嘘をついてくれ』、ドラマ「はみだし刑事情熱系」の主題歌『たかが愛』を含む全11曲。

『伝説』は2曲目に収録されている。

カフェ
中島みゆきのアルバム『パラダイス・カフェ』の全曲解説&みんなの感想|ジャケット写真はどこで撮影されたのか?1996年10月18日に発売された24作目のオリジナルアルバム 『パラダイス・カフェ』 をみていこう。 アルバム『パラダイス・カフ...

映画「四十七人の刺客」のために作られた曲

『伝説』は1994年に公開された市川崑監督、高倉健主演の映画「四十七人の刺客」のために中島みゆきが書き下ろした曲である。

が、諸事情により、この曲は映画の中では扱われなかった。

後の1997年に熊井啓監督の映画「愛する」のイメージソングに起用され、予告編で曲が流れた。

「四十七人の刺客」は、赤穂藩藩主の浅野内匠頭が吉良上野介を斬りつけたことが発端となったいわゆる赤穂事件(「忠臣蔵」)を描いた映画である。

2つ
中島みゆきとさだまさしの共作『あの人に似ている』は、高倉健&裕木奈江のデュエット曲2002年10月23日に発売された30作目のアルバムに収録された 『あの人に似ている』 が高倉健と裕木奈江に提供された経緯をまとめて...

『伝説』に込められた中島みゆきの思い

1994年の小説新潮10月臨時増刊「別冊四十七人の刺客」へ宛てた寄稿文の中で、中島みゆきは忠臣蔵への思いを語っている。

中島みゆきは「忠臣蔵」を、吉良上野介との対立する義士たちを美談として描く勧善懲悪ストーリーならば、ドラマを楽しみたい人には見ごたえがあるものだろうとしている。

その一方で、

「しかしながら、実在した人間たちは、だれも神でもなく悪魔でもなく、一個一個の人間だった」

とも述べている。

「あらゆる情報・記録は、それを伝達する者の都合によって脚色される」

「忠臣蔵」を史実が伝達されていく中で、それを記録する者の都合がどうしても反映され、映画「四十七人の刺客」ももちろんその例に漏れないという。

主家の滅亡した家臣はもはや無にすぎず、彼らの口から語られることはない。

「生き残った人々の何通りもの都合に従って、何通りもの物語は好みどおりに描き出された」

我々はその情報として残ったものを、事実だと疑いもしない危うさがある。

そう中島みゆきは考察している。

歌詞解釈

この世に残ってゆくものは形あるものだけ。

形のない思いは時が経てば簡単に消えてゆくものだ。

中島みゆきの言うところの「情報」というのは形あるものであり、その裏で、現在に伝えられていない声があることをこの歌は教えてくれる。

「形ある物だけがすべてを語ってゆく
 叫べども あがけども だれがそれを知るだろう
 だれも だれも だれも…」

『伝説』のみんなの感想

『伝説』はこういう風に聴こう

伝えられているものの裏に消えていった声があることを思いながら『伝説』を聴こう。

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Musi...

 

ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。