中島みゆき『ヘッドライト・テールライト』【試聴あり】|「プロジェクトX~挑戦者たち~」の最終回に出演して歌われた曲

2000年の中島みゆきのシングル『ヘッドライト・テールライト』

ドキュメンタリー番組「プロジェクトX~挑戦者たち~」のエンディング曲として中島みゆきが書き下ろした。
『地上の星』と両A面でリリースされ、ミリオンセラーを記録。
多くの人に聴かれた曲だ。

2002年には、初の紅白出場を果たし、24年ぶりにテレビカメラの前で『地上の星』を歌った。
その後、「プロジェクトX~挑戦者たち~」にも出演し、『ヘッドライト・テールライト』を歌い上げた。
その模様と、この曲が用いられたCMやアニメなど、色々みていこう。

この記事は、

  • 『ヘッドライト・テールライト』で再びのテレビ出演
  • 『ヘッドライト・テールライト』が流れたCMやアニメ
  • 『ヘッドライト・テールライト』をカバーしたアーティスト

について書いてます!

夢おじ子
夢おじ子
中島みゆきの曲を全て聴いてきたファン歴30年以上の夢おじ子が解説!

中島みゆき『ヘッドライト・テールライト』


作詞・作曲 中島みゆき

編曲 瀬尾一三

⇒『ヘッドライト・テールライト』を今すぐ聴きたい !

「プロジェクトX~挑戦者たち~」のエンディング曲

『ヘッドライト・テールライト』は、2000~2005年放送の「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」(NHK総合)のエンディング曲として、中島みゆきにより書き下ろされた。
オープニングでは『地上の星』が流されていて、この曲と両A面シングルで2000年7月19日にリリースされた。
111万枚のセールスを記録し、多くの人の記憶に残った曲と言える。

⇒『地上の星』の記事はコチラ

『ヘッドライト・テールライト』で再びのテレビ出演

2002年には、『地上の星』で初の紅白出場を果たし、24年ぶりにテレビカメラの前で歌っている。
その後、2005年12月28日には、「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」(NHK総合)の最終回に出演し、『ヘッドライト・テールライト』を歌っている。

中島みゆきは、番組の締めくくりを担った。
司会者は国井雅比古アナと膳場貴子アナ。

国井アナ「それではお待たせしました。あの方にバトンを渡します」
膳場アナ「中島みゆきさん、『ヘッドライト・テールライト』を歌っていただきます」

カメラはスタジオ入口へ向けられる。
やがて扉が開き、白いブラウスとスパンコールをあしらったロングスカート姿の中島みゆきが登場。
微笑みをたたえながら国井アナと膳場アナの前へ立つ。

国井アナ「中島さん、本当にいつもいつも、素晴らしい歌と音楽をありがとうございました」
みゆき「こちらこそ、ありがとうございました」
膳場アナ「たくさんの方たちが、中島さんの歌に励まされて元気をいただいてきました。私たちもそうでした」
みゆき「ありがとうございました」

うやうやしく頭を下げる中島みゆきだが、言葉少なである。
ライブの前後は、声帯を痛めないように、おしゃべりすることを自らに禁じているが、そのためか?

「よろしくお願いします」と互いに交わした後、薄っすらスポットライトが当たっているとこへ移動する。
そこへポツンと1人、中島みゆきが立つ。
そして、静かにイントロが流れ始める。

「語り継ぐ人もなく
 吹きすさぶ風の中へ
 紛れ散らばる星の名は
 忘れられても」
(『ヘッドライト・テールライト』より)

オリジナルよりも、どこか静寂で優しい雰囲気をたたえている。
次第に、闇の中に、少しずつ人が現れ始める。
バックコーラス、ストリングス、そしてこの曲の編曲を手掛けた瀬尾一三も指揮者で出演している。

「行く先を照らすのは
 まだ咲かぬ見果てぬ夢
 遥か後ろを照らすのは
 あどけない夢」
(『ヘッドライト・テールライト』より)

次第に、中島みゆきの歌声に力強さが帯びてくる。
そして、後半のサビ部分、黒一色だった背景が一瞬にして白へ転じる。
光溢れる中、いよいよクライマックスへ。

「ヘッドライト・テールライト
旅はまだ終らない
ヘッドライト・テールライト
旅はまだ終らない」
(『ヘッドライト・テールライト』より)

歌い終え、爽やかに吹き渡る風の中を中島みゆきが大きく手を振っている。
声は聞こえないが、その口の動きは「ありがとう!」と伝えている。

タイアップ番組&CM&アニメ

番組

「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」

2000~2005年に放送されたドキュメンタリー番組。
日本の産業や文化に貢献してきた無名な人たちにスポットライトを当て、紹介している。

CM

サントリー「BOSS」

2019年に放送されたCM「ヘッドライト・テールライト2019篇」のBGMに『ヘッドライト・テールライト』が起用された。
木村祐一扮するトラック運転手は、同窓会で再会した友人らに劣等感を覚え、自分の仕事に誇りを持てなくなってしまう。
その後、様々な人の出会いを通して、自信を取り戻していくという感動ストーリーだ。

アニメ

『日常』

運動音痴の少女が、走り高跳びを飛ぶまでの道のりを描いたシーンで『ヘッドライト・テールライト』が流されている。
「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」を意識した演出で、田口トモロヲのようなナレーションが用いられている。

カバーしたアーティスト

ジャニス・イアン

2003年の『中島みゆきトリビュート Yourself…Myself』に収録。
海外アーティストによる中島みゆきのカバーコレクションで、『恋は盲目』『Will You Dance?』でヒットを飛ばしたジャニス・イアンも名を連ねた。
歌詞は、イアンによって英訳され、タイトルも『Headlight Taillight』と改められている。

⇒ジャニス・イアン『Headlight Taillight』(レコチョク試聴あり)

工藤静香

2021年の中島みゆきカバーアルバム第2弾『青い炎』に収録。

⇒工藤静香『ヘッドライト・テールライト』(レコチョク試聴あり)

LIBERA(リベラ)

2018年放送のドラマ「下町ロケット」(TBS系)の劇中歌として流された。
LIBERA(リベラ)は、世界的に活躍している少年団合唱団。
この曲は、スキャットで歌われており、言語の壁を超えて万人が楽しめるような仕様になっている。

プロデューサーの、
「命の尊さ、大地からいただいた息吹の力強さ、人間の作り出した英知の神秘さ、そして宇宙の抱擁感、表現できるのはLIBERA(リベラ)しかない」
という思いが形となって実った。

⇒LIBERA(リベラ)『ヘッドライト・テールライト』(レコチョク試聴あり)

『ヘッドライト・テールライト』のみんなの感想

『ヘッドライト・テールライト』はこんな曲

車の前を照らすヘッドライト、後ろを照らすテールライト。
現在地点は、1本の光の線となって前から後ろへ永遠に続いていくのだ。
功績は一瞬で消えてゆくものではないと、この歌は伝えている。

「ヘッドライト・テールライト
 旅はまだ終らない
 ヘッドライト・テールライト
 旅はまだ終らない」
(『ヘッドライト・テールライト』より)

本人映像

『中島みゆき「縁会」2012〜3』

2012~2013年に行われたコンサートツアー「縁会2012~3」のライブDVD/Blu-ray。

『ヘッドライト・テールライト』をフルで聴く方法

単品購入

⇒『ヘッドライト・テールライト』(レコチョク試聴あり)

収録アルバム

『短篇集』

2000年リリースのオリジナルアルバム。

  • NHK「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」の主題歌『地上の星』
  • 由紀さおり・安田祥子に提供した『帰省』
  • フジテレビ系「めざにゅ~」のオープニング曲『夢の通り道を僕は歩いている』
  • NHK「真剣10代しゃべり場」で流されていた『Tell Me, Sister』
  • NHK「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」のエンディング曲『ヘッドライト・テールライト』

を含む全11曲。

【収録曲】
『地上の星』『帰省』『夢の帰り道を僕は歩いている』『後悔』『MERRY-GO-ROUND』『天使の階段』『過ぎゆく夏』『粉雪は忘れ薬』『Tell Me, Sister』『ヘッドライト・テールライト』

⇒レコチョクで購入(試聴あり)

⇒『短篇集』の解説&みんなの感想

『Singles 2000』

1994年から2000年までのシングルを収録したコレクションアルバム第3弾。

【収録曲】
『地上の星』『ヘッドライト・テールライト』『瞬きもせず』『私たちは春の中で』『命の別名』『糸』『愛情物語』『幸せ』『たかが愛』『目を開けて最初に君を見たい』『旅人のうた』『SE・TSU・NA・KU・TE』『空と君のあいだに』『ファイト!』

レコチョクで購入(試聴あり)

⇒『Singles 2000』の解説&みんなの感想

『中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』』

2016年リリースのベストアルバム。
2000年以降の曲からセレクトされた珠玉の全12曲。

【収録曲】
『銀の龍の背に乗って』『地上の星』『泣いてもいいんだよ』『常夜灯』『Nobody Is Right』『宙船 (そらふね)』『倒木の敗者復活戦』『Why & No』『India Goose』『産声』『麦の唄』『ヘッドライト・テールライト』

⇒レコチョクで購入(試聴あり)

⇒『中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』』の解説&みんなの感想

『中島みゆき「縁会」2012〜3 -LIVE SELECTION-』

2012~2013年に行われた3つのコンサートから収録されたライブアルバム。

ライブバージョンの『ヘッドライト・テールライト』を聴くことができる。

【収録曲】
『空と君のあいだに』『最後の女神』『化粧』『3分後に捨ててもいい (Inst.)』『真直な線』『NIGHT WING』『泣きたい夜に』『倒木の敗者復活戦』『月はそこにいる』『パラダイス・カフェ』『ヘッドライト・テールライト』

⇒レコチョクで購入(試聴あり)

『ヘッドライト・テールライト』を今すぐ聴きたい!(無料お試し期間実施中!)

『ヘッドライト・テールライト』はお手持ちのスマホ・パソコン・タブレット端末で今すぐ聴くことができる。

「Amazon Music Unlimited」なら、月額980円(プライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲(カップリング含む)が聴き放題!!
(※1975年版『時代』、映画主題歌バージョン『瞬きもせず』は含まない)

もちろん中島みゆき以外のアーティスト曲も聴くことができる。
その数、7,500万曲以上!!

工藤静香やLIBERA(リベラ)がカバーした『ヘッドライト・テールライト』も聴くことができる!

新規登録の場合、無料お試し期間があるので安心!

⇒登録はコチラ
【公式サイト】

\お試し期間中でも解約OK/

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日より、ついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Mus...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきファン歴30年以上