アルバム

『中島みゆき 2020ラスト・ツアー「結果オーライ」』の曲解説&みんなの感想【試聴あり】

日本地図

2022年の中島みゆきのライブアルバム『中島みゆき 2020ラスト・ツアー「結果オーライ」』

コロナ感染症の拡大により中止に追い込まれた幻のラスト・ツアーの音源を収められている。

1曲ずつみていこう。

この記事は、

  • 『中島みゆき 2020ラスト・ツアー「結果オーライ」』の特徴
  • 『中島みゆき 2020ラスト・ツアー「結果オーライ」』の曲解説&みんなの感想

について書いてます!

夢おじ子
夢おじ子
中島みゆきの曲を全て聴いてきたファン歴30年以上の夢おじ子が解説!

中島みゆき『中島みゆき 2020ラスト・ツアー「結果オーライ」』

2022年にリリースされたライブアルバム。
2020年に行われた幻のラスト・ツアー「結果オーライ」の音源を収録。

【収録曲】
『一期一会』『アザミ嬢のララバイ』『悪女』『浅い眠り』『糸』『ローリング』『流星』『最後の女神』『齢寿天任せ』『離郷の歌』『この世に二人だけ』『ナイトキャップ・スペシャル』『宙船(そらふね)』『あたいの夏休み』『麦の唄』『永遠の嘘をついてくれ』『慕情』『誕生』『人生の素人』『土用波』『はじめまして』

⇒レコチョクで購入(試聴あり)

『中島みゆき 2020ラスト・ツアー「結果オーライ」』の特徴

中止に追い込まれたラスト・ツアー

2020年1月12日の新宿文化センター大ホールを皮切りにスタートしたラスト・ツアー「結果オーライ」
中島みゆきにとって記念すべき最後の全国ツアーであったが、新型コロナウィルスの感染拡大により、8公演をこなしたところで中止に追い込まれた。

練習用に録った音源を採用

アレンジャー&プロデューサーの瀬尾一三は、「天才よち丸ラジオ」の中で、ラスト・ツアーのライブアルバムを出すに至った経緯を語っている。

当初、ツアーの中盤で音源を収録する予定だったが、ツアーの中止により断念。
だが、エンジニアやスタッフの練習用の資料として、それまでの公演の音源を瀬尾がたまたま録っていたのだ。
今回のライブアルバムは、世に出すつもりのなかったその音源が使われている。

複数の公演先の音源を採用しているものの、瀬尾一三によると、その9割くらいが中止直前の大阪フェスティバルホールでの録音を採用しているという。

ラスト・ツアー「結果オーライ」を再現

アルバムは、ラスト・ツアー「結果オーライ」で歌われた曲が全て収録されていて、その曲順も実際のセットリストに沿って構成されている。
ライブに行けなかった人にも、臨場感を味わえる1枚。
デビュー曲やヒット曲が多く盛り込まれ、ファンでなくとも懐かしさに浸れる構成だ。

『中島みゆき 2020ラスト・ツアー「結果オーライ」』曲解説&みんなの感想

『一期一会』

⇒『一期一会』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

「世界ウルルン滞在記”ルネサンス”」(TBS系)の主題歌。
観客とのわずかなひと時を、ずっと大切にしていきたいという中島みゆきの気持ちが表れた1曲。
このツアーのオープニングを飾り、観客の温かい拍手で迎え入れられている。

忘れないよ 遠く離れても
短い日々も 浅い縁も
忘れないで 私のことより
あなたの笑顔を 忘れないで
(『一期一会』より)

『アザミ嬢のララバイ』

⇒『アザミ嬢のララバイ』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき

編曲 瀬尾一三

中島みゆきのデビュー曲。
2分41秒に短縮され、コンパクトに歌われている。

春は菜の花 秋には桔梗
そうして私は いつも夜咲く アザミ
(『アザミ嬢のララバイ』より)

⇒『アザミ嬢のララバイ』の記事はコチラ

『悪女』

⇒『悪女』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

1980年代を代表するヒット曲。
軽快に淡々と歌っているはずなのに切なさが滲み出てくるのはオリジナルと同じ。
「行かないで」の部分はコーラスが担当。

悪女になるなら 月夜はおよしよ
素直になりすぎる
隠しておいた言葉が ほろり
こぼれてしまう「行かないで」
(『悪女』より)

⇒『悪女』の記事はコチラ

『浅い眠り』

⇒『浅い眠り』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

1992年のドラマ「親愛なる者へ」(フジテレビ系)の主題歌。
初のミリオンセラーを記録した。
この曲の都会的な雰囲気はずっと色褪せない。

恋しさを聞かせてよ
惜しみなく聞かせてよ
他人じゃないなら なおさら なおさら
『浅い眠り』より

⇒『浅い眠り』の記事はコチラ

『糸』

⇒『糸』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

多くのアーティストにカバーされた名曲。
コンサートでは13年ぶりに歌われた。
今回は、序盤は優しく、中盤から力強く歌われていて、癒しと勇気を感じる仕上がりになっている。

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない
(『糸』より)

⇒『糸』の記事はコチラ

『ローリング』

⇒『ローリング』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

1988年のアルバム曲だが、1993年に瀬尾一三のアレンジでリメイクされた。
イントロのサックスから哀愁漂う世界観。
1980年代とも1990年代とも違う中島みゆきのカッコよさに圧倒される。

Rollin’Age 笑いながら
Rollin’Age 荒野にいる
僕は僕は荒野にいる
(『ローリング』より)

⇒『ローリング』の記事はコチラ

『流星』

⇒『流星』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

サービスエリアに並ぶトラックのナンバーの地名を繋いで歌っている。
全国ツアーの移動中に中島みゆきがよく見る風景で、コンサートでもよく歌われる1曲。

香川 新潟 大阪 宮城 姫路 山口 袖ヶ浦
流れる星よ いつか最後にどこへたどりつこうというのだろうか
(『流星』より)

⇒『流星』の記事はコチラ

『最後の女神』

⇒『最後の女神』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

1993~1994年に放送された「筑紫哲也NEWS23」(TBS系)のエンディング曲として中島みゆきが書き下ろした曲。

あぁ あれは壊れたオモチャ
いつもいつも好きだったのに
僕には直せなかった
夢の中で今も泣いてる
(『最後の女神』より)

⇒『最後の女神』の記事はコチラ

『齢寿天任せ』

⇒『齢寿天任せ』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

2020年発表のこの曲は、コンサートで歌うのはこれが初めて。
年齢を重ねた者だからこそ見えてくる景色がある。
今の中島みゆきだから歌える曲だ。

ラストはまた観客の拍手。
この曲で第1部が終わり、休憩タイムへと入る。

長すぎる余生をどうしようか
子供たちは茫漠(ぼうばく)と見霽(みはる)かす
あと少し余生を延ばせないか
大人たちは 焦燥につんのめる
(『齢寿天任せ』より)

『離郷の歌』

⇒『離郷の歌』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

2019~2020年に放送されたドラマ「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系)の主題歌。

心は離れない 星は消えない
いつの日か 遠い國(くに)の歌を聞かせよう
(『離郷の歌』より)

『この世に二人だけ』

⇒『この世に二人だけ』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

コンサートで好んで歌われ、とりわけ1980年代のセットリストには、よく加えられた。
後にセルフリメイクするなど、中島みゆきには思い入れのある1曲らしい。

二人だけ この世に残し
死に絶えてしまえばいいと
心ならずも願ってしまうけど
それでもあなたは 私を選ばない
(『この世に二人だけ』より)

『ナイトキャップ・スペシャル』

⇒『ナイトキャップ・スペシャル』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

中島みゆきには珍しい女の友情を描いた曲。
「ナイト・キャップ」とは、寝酒のこと。
失恋した友達のために、一晩中寄り添ってあげる優しい曲だ。

さんざんな真夜中には
女友達はいかが
ナイトキャップ特別製の
寝酒になってあげるわ
(『ナイトキャップ・スペシャル』より)

『宙船(そらふね)』

⇒『宙船(そらふね)』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

2006年TOKIOに提供した曲。
「中島みゆきCONCERT TOUR 2007」では宮下文一とのデュエットで歌われていたが、今回もこのパターン。
ちなみに、TOKIOへ届けられたデモテープには、宮下文一の歌声が吹き込まれていた。

その船を漕いでゆけ
お前の手で漕いでゆけ
お前が消えて喜ぶ者に
お前のオールをまかせるな
(『宙船(そらふね)』より)

⇒『宙船(そらふね)』の記事はコチラ

『あたいの夏休み』

⇒『あたいの夏休み』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

音楽の方向性を模索していたいわゆる「御乱心の時代」を代表する曲。
オリジナルとはまた違うやさぐれ感がある一方で、あの印象的なイントロはそのまま継承されている。

Summer vacation あたいのために
Summer vacation 夏 翻(ひるがえ)れ
(『あたいの夏休み』より)

⇒『あたいの夏休み』の記事はコチラ

『麦の唄』

⇒『麦の唄』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

2014~2015年に放送された連続テレビ小説「マッサン」(NHK)の主題歌。
堂々たる歌いぶりは、紅白のシーンを彷彿とさせる。

麦に翼はなくても
歌に翼があるのなら
伝えておくれ故郷へ
ここで生きてゆくと
(『麦の唄』より)

『永遠の嘘をついてくれ』

⇒『永遠の嘘をついてくれ』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

これもまた、中島みゆきにとって思い入れの強い曲に違いない。
憧れていた吉田拓郎から依頼されて作り、つま恋のステージで共に歌った曲なのだから。

君よ 永遠の嘘をついてくれ
いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ
なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ
(『永遠の嘘をついてくれ』より)

⇒『永遠の嘘をついてくれ』の記事はコチラ

『慕情』

⇒『慕情』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

2017年に放送されたドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)の主題歌。

もいちどはじめから もしもあなたと歩きだせるなら
もいちどはじめから ただあなたに尽くしたい
(『慕情』より)

⇒『慕情』の記事はコチラ

『誕生』

⇒『誕生』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

1992年に公開された映画「奇跡の山 さよなら、名犬平治」の主題歌として書き下ろされた曲。
オリジナルではウィスパーボイスで曲を終えるが、このライブ版では声を張り上げて歌われている。
また別のツボを刺激されたような感動に浸ることができる。

Remenber 生まれた時
だれでも言われた筈
耳をすまして思い出して
最初に聞いた welcome
(『誕生』より)

⇒『誕生』の記事はコチラ

『人生の素人』

⇒『人生の素人』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

2017年に放送されたドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)の劇中曲に起用された。

憧れは要(い)りますか
憧れは要(い)りませんか
いつか旅立つ日のために
皆、人生は素人(しろうと)につき
(『人生の素人』より)

『土用波』

⇒『土用波』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

1988年に発表された曲だが、2004年に瀬尾一三のサウンドでセルフリメイクされている。
このライブ版では、後者の方に寄せている。

愛の重さを疑いながら
愛に全てをさらわれてゆく
伝えそこねた言葉のように
雨をはらんで土用波がゆく
(『土用波』より)

『はじめまして』

⇒『はじめまして』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 瀬尾一三

ライブでもこの曲がラストを飾っている。
「中島みゆきのオールナイトニッポン」の最終回でも、「こんばんは」という出会いの挨拶で番組を締めくくった。
こういうところにも中島みゆきのセンスが光る。

はじめまして 明日
はじめまして 明日
あんたと一度 つきあわせてよ
(『はじめまして』より)

中島みゆきのシングル曲を今すぐ聴きたい!(無料お試し期間実施中!)

中島みゆきのシングル曲はお手持ちのスマホ・パソコン・タブレット端末で今すぐ聴くことができる。

「Amazon Music Unlimited」なら、月額980円(プライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲(カップリング含む)が聴き放題!!
(※1975年版『時代』、映画主題歌バージョン『瞬きもせず』は含まない)

『一期一会』『アザミ嬢のララバイ』『悪女』『浅い眠り』『糸』『最後の女神』『麦の唄』『慕情』『誕生』も聴くことができる!

もちろん中島みゆき以外のアーティスト曲も聴くことができる。
その数、7,500万曲以上!!

新規登録の場合、無料お試し期間があるので安心!

⇒登録はコチラ
【公式サイト】

\お試し期間中でも解約OK/

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日より、ついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Mus...
拳
中島みゆき ラスト・ツアー「結果オーライ」の舞台裏|2022年放送「SONGS 2021総集編 & more」(NHK)より2022年1月22日放送の「SONGS 2021総集編 & more」(NHK)で中島みゆきの幻のラスト・ツアー「結果オーライ」...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきファン歴30年以上