『ひとり遊び』から見えてくる中島みゆき|ライブのMCで語られたこと

影

1976年4月25日に発売された1作目のアルバムに収録されている
『ひとり遊び』
をみていこう。

中島みゆき『ひとり遊び』

 

『ひとり遊び』(レコチョク試聴あり)

作詞・作曲 中島みゆき
編曲 西崎進

収録アルバム

『私の声が聞こえますか』

『私の声が聞こえますか』(レコチョク試聴あり)

1976年4月25日に発売された中島みゆきの1作目のオリジナルアルバム。

デビューシングル『アザミ嬢のララバイ』、セカンドシングル『時代』がアレンジを変えて収録されている。

まだ初期の初々しい歌声が特徴的な全12曲。

『ひとり遊び』は8曲目に収録されている。

ライブのMCで語られた『ひとり遊び』

1976年10月31日に行われた近畿大学工学部大学祭に出演した中島みゆきは、『ひとり遊び』を歌う前にMCで以下のように語っている。

「群れの中に入れる人と群れの中にいつまで経っても入れない人とそういう人って世の中に2通りいるんだと思う。
群れの中に入れる要領のいい人ってのはいつでも友達がたくさんいて、要領の悪い人ってのはいつまで経ってもひとり。
「私は群れの中にいるんだ」って思っててふと気づいたら、みんな誰もいなかったってことないですか?」

1994年1月10日にNHK衛星第2で放送された「中島みゆき3Daysもっとみゆきと深い仲 第一夜」の中でも似たような中島みゆき語録が引用されている。

「近所の子供たちみんなで、縄跳びをしているでしょ。それを見ていて、入りたいと思うの。
それでどうしたらいいか考えて、声をかけようと思ったときに縄跳びは終わっていたりするの。
そんなとき、自分に悔しかったけどね」

中島みゆきは、ずいぶんとマイペースな子供だったようだ。

周りから「とろ(「トロい」という意味)」というあだ名をつけられ、後にそれを歌にもしている。

『とろ』(レコチョク試聴あり)

周りのペースについていけず、1人取り残されてしまうというケースは多々あったと容易に想像できる。

「ひとり遊び」に甘んじるしかない幼い頃の中島みゆきがこの歌から透けて見える。

仲間外れ
中島みゆきのあだ名である『とろ』|幼少期のエピソードとともに2006年11月22日に発売された34作目のアルバムに収録されている 『とろ』 をみていこう。 中島みゆき『とろ』 『と...
仲良し
「中島みゆき3Daysもっとみゆきと深い仲 第一夜」(NHK衛星第2)の模様1994年1月10日にNHK衛星第2で放送された『中島みゆき3Daysもっとみゆきと深い仲 第一夜』の模様をまとめてみた。 筑紫哲也の...

本人映像

『夜会VOL.3 KAN(邯鄲)TAN』

夢の中で少女から老婆までの一生を生きるストーリー。

1人放り出され途方に暮れている少女の立場で『ひとり遊び』が歌われている。

夕日が差す演出がまた孤独感をいっそう強めている。

歌詞解釈

夕暮れ時、地面に差す自分の影を相手に鬼ごっこをして遊ぶ。

誰もが一度はやったことであろう影との戯れの中に、中島みゆきは寂しさを見出している。

「日も暮れるころ あたしは追いかけるよ
 独楽を抱えた 影のあとをね」

『ひとり遊び』のみんなの感想

『ひとり遊び』はこんな時に口ずさもう

周りを見渡して、いるのが自分の影だけだった時は、『ひとり遊び』を口ずさもう。

サブスク(定額制)で中島みゆきの名曲が聴き放題

『Amazon Music Unlimited』なら月額980円Amazonプライム会員は月額780円)で、中島みゆきのシングル曲や他のアーティストの曲が聴き放題。

その数なんと6,500万曲以上

色んな音楽を聴く人で中島みゆきも聴きたいという人には『Amazon Music Unlimited』一択。

『Amazon Music Unlimited』に登録すると最初の30日間は無料体験できる。

⇒『Amazon Music Unlimited』の公式サイトはコチラ。

聴く
サブスク配信『Amazon Music Unlimited』で聴ける中島みゆきの曲は?2020年1月8日よりついにサブスク(定額制)配信で中島みゆきの曲を聴けるようになった。 音楽配信サービス『Amazon Musi...
ABOUT ME
yumeojiko
中島みゆきが好きで、人よりちょっと詳しいだけが取り柄の人間やってます。